【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

Zaif(ザイフ)のマイナス手数料の仕組み,注意点や受け取り方|ビットコインを買うと現金がキャッシュバック!

Zaif(ザイフ)は「マイナス手数料」という独自のサービスを導入しています。中身をざっくり言うと、「ビットコインを買う、または売ることでお金がもらえる」サービスです。

はぁ、なんのこっちゃ?という人もいるでしょうから、以下で詳しく解説していきますね。

Zaifでのビットコインの購入方法はこちらの記事で解説しているのでご覧になってくださいね。

ゴリわかくん

Zaifのハッキング被害について
【2018年9月20日(金)更新】
9月14日Zaifはハッキング被害を受け、現在仮想通貨の入出金機能を停止しています。 ですので、セキュリティ上の観点からZaifの口座開設をオススメしていません。

※ザイフがこんな状況なので、正直マイナス手数料どころの話ではありません。

手数料の安い取引所に登録したいと思っている人は、BITPoint(ビットポイント)で口座開設することをオススメします。

キャンペーンで手数料が無料なbitbank(ビットバンク)と違い、ビットポイントは一年中いつでも全ての手数料が無料。普通はユーザーが負担する送金手数料も会社が払ってくれます。

手数料が安く、セキュリティもバッチリのビットポイントにサクッと登録したくなった方はこちらから。

BITPoint(ビットポイント)に登録する!

 

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
GMOコインのロゴ
感動する使いやすさ!
アルトFXも完備!
日本のド定番取引所!
公式HP
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

Zaif(ザイフ)のマイナス手数料とは

 

仮想通貨取引所でビットコインやアルトコインを売買すると、取引価格に応じた手数料がかかります。たとえばビットフライヤーでは、基本のビットコインの取引手数料は0.15%に設定されています。

つまり、100万円分のビットコインを買う、または売ると、取引一回につき1,500円の手数料がかかるわけです。

 

一方、ザイフでは取引手数料が-0.05%、または-0.01%に設定されており、手数料がかかるどころか取引価格の一部がキャッシュバックされるんです。

ザイフのビットコイン手数料

 

100万円分のビットコインを取引したとすると、取引1回につき500円、または100円がもらえる計算です。

ビットフライヤーと比較すると、1回の取引で支払う手数料に最大2,000円の差が生まれることになります(取引額が100万円の場合)。

これが3回、4回と積み重なると、とても無視できない金額になります。ビットコインを安く買いたいなら、ザイフが一番おすすめだと言えるでしょう。

 

※ザイフより手数料の安いビットポイントの方が、今はオススメですよ。

BITPoint(ビットポイント)に登録する!

 

maker手数料とtaker手数料の違いについて

 

モナちゃん
マイナス手数料には-0.05%と-0.01%の2つがあるけど、どんなときにどちらが適用されるの?

 

マイナス手数料の率は注文方法によって変わり、makerの場合は-0.05%、takerの場合は-0.05%が適用されます。

maker手数料とtaker手数料について

 

おそらく、「maker、taker?はて?」という人がほとんどでしょうから、以下のページで2つの違いを具体的に解説しました。

 

 

他の取引所でもmakerとtakerで手数料が違ったりするので、この機会にぜひmakerとmtakerについて知っておきましょう。

makerのほうが大きいマイナス手数料が適用されるので、キャッシュバックの額も大きくなります。基本的にはmakerを狙って取引していくといいですよ。

 

マイナス手数料についての注意点

 

マイナス手数料に関する注意点、よくある勘違いについてまとめました。以下の3つです。

  • 「簡単売買」ではマイナス手数料が適用されない
  • マイナス手数料が適用されるのはビットコインの売買時のみ
  • キャッシュバックを受け取るには受け取り作業が必要

 

それぞれ解説するので、こちらも必ず目を通しておいてください。

 

簡単売買はマイナス手数料が適用されない

 

ザイフには2種類の販売方式があり、それぞれ「簡単売買」、「取引」と区別されています。

ザイフの販売形式2種類

 

このうち、マイナス手数料が適用されるのは「取引」でビットコインを売り買いした場合のみです。

「簡単売買」では、マイナス手数料どころか「スプレッド」という極悪手数料(3%以上)の餌食になるので注意してください。スプレッドについては以下の記事を参考にどうぞ。

 

 

アルトコインの売買にはマイナス手数料が適用されない

 

あかしぃ
アルトコインは、「イーサリアム」とか「モナコイン」のことだね

 

以下の手数料一覧を見てもわかるように、マイナス手数料が設定されているのはビットコインのみです。

アルトコインの手数料一覧

 

アルトコインの取引には手数料がかかるので注意しましょう。それでも、makerで注文すれば手数料が無料になるコインが多いので、お得に取引できるのは間違いありません。

BITPoint(ビットポイント)に登録する!

マイナス手数料をもらうには受け取り作業が必要

 

実はただビットコインを取引するだけではキャッシュバックはもらえません。そのあとちょっとした受け取り作業が必要です。

といっても大したものではなく、下のキャプチャのように「アカウント」→「ボーナス」→「ボーナス獲得」と進み、「獲得可能ボーナス」に表示されているボタンをクリックするだけです。

マイナス手数料の受け取り方

 

この手順を踏まないとキャッシュバックを受け取れないので注意してくださいね。

 

Zaif(ザイフ)マイナス手数料まとめ

 

マイナス手数料のこともあり、ビットコインを買うならザイフが一番おすすめです。

じゃあアルトコインは?となるとまた話が違ってくるので、それに関しては以下の記事を参考にしてください。

 

 

各取引所の特徴、強みを活かして、お得な仮想通貨投資ができるように工夫していきましょう。

BITPoint(ビットポイント)に登録する!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です