【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

リップル(XRP)って儲かるの?今後の価格予想|将来性儲けるコツを徹底解説!【2019年最新版】

リップル

ゴリわかくん

リップルを持ってれば儲かるのかウホォォォ
リップルに投資してうまく儲けてみたいウホ!

ゴリ美ちゃん

今回は「リップルを今から持っていれば儲かるの!?」という疑問を解決していきます。

結論から言いますと、今のうちからリップルを保有しておけば、将来的に大きく儲かる可能性は十分に考えられます!

リップル社が開発している送金ネットワークが普及すれば、国際送金をより低コスト・短時間で行うことが可能になります。

それに加え、国内外問わず数多くの銀行・金融機関がリップルの技術に注目し、リップル社と提携している金融機関数は「200社」を突破しています。

実用化が始まれば需要は大きく高まり、仮想通貨リップルの価格も爆上げする可能性が高いんです。

この記事を読み終わる頃には、リップルがこれから儲かる理由やオススメ取引所まで、バッチリと理解できているはずですよ!

ざっくり言うと…
  • リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムに続いて「時価総額3位」を誇る仮想通貨。
  • リップル社の開発する「Ripple Net」という送金ネットワークが普及すれば、今よりも低コスト&高速な国際送金が実現する。
  • 国内外を問わず注目が集まっており、提携企業数は200を突破。中には「みずほフィナンシャルグループ」「三菱UFJ銀行」など、私たちが知っているような金融機関の名前も。
  • リップルで儲けるなら、実用化前の今のタイミングに保有するのが得策。
  • リップルを手数料無料&安全に購入できる取引所は「Coincheck」「GMOコイン」「BITPoint」の3つが挙げられる。
  • 中でも、一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていて取り扱い通貨国内最多の「Coincheck」の人気が最も高い。
  • 既に230万人以上のユーザーがCoincheckを利用していて人気が高く、リップルを購入するなら登録必須な取引所。

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
コインチェックのバナー
感動する使いやすさ!
アプリが手放せない!
日本のド定番取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
アルトFXも完備!
送金手数料が無料!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

リップル(XRP)ってどんな通貨?基本情報や特徴をおさらい!

仮想通貨名(通貨略称) リップル(XRP)
発行上限 1,000億枚
発行元 Ripple Labs Inc(リップル社)
時価総額 3位/約1兆8,500円(2019年7月時点)
代表者 Brad Garlinghouse
公式サイト https://ripple.com/jp/

リップル(XRP)は、ビットコインやイーサリアムに次いで「時価総額3位」を誇る仮想通貨。

他の仮想通貨と比較すると、リップルには独自の特徴がたくさん存在していますので、バッチリ理解していきましょう!

発行主体(リップル社)が存在する

リップル

ビットコインやイーサリアムなどは、管理者がいない「非中央集権的」な仮想通貨。

しかし、リップルの場合は「中央集権的」な体制を採用しています。

中央集権型のデメリット
  • 中央がほとんどのデータや機密情報を管理しているため、中央が攻撃されると、データ等が外部に流出してしまう可能性がある
  • リップルの価格動向などは、発行主体である「Ripple Labs Inc」によって左右されてしまう

中央集権型には上記のようなデメリットが存在しています。

ですので、一般的にはビットコインなどが採用しているような「非中央集権型」の方が、権力が分散されていることにより不正やハッキングのリスクを抑えることができ、大きな魅力とされてきました。

しかしリップルは「送金に特化した仮想通貨」なので、中央機関を設けることによって、より速い送金時間を実現できています。

ビットコインの取引承認などのように、承認作業を行う「マイナー」が存在していないので、速いスピードで送金を行うことが可能なんです!

国際送金に特化している仮想通貨

国際送金

Ripple Netを用いた国際送金 SWIFTを用いた国際送金
送金時間 約3秒 1日〜3日
送金手数料 約0.045円 2,000円〜6,000円

リップルは、国際送金(海外送金)に特化している仮想通貨です。

リップルを用いた送金がどれくらい優れているのか、従来の国際送金システムと比較してみましょう。

従来の国際送金は「SWIFT」というシステムを用いて行われています。

SWIFTの送金では、通貨の両替のための金融機関である「コルレス銀行(中継銀行)」をいくつか経由して送金を行う必要があります。

ですので、その分多くの送金時間・送金手数料がかかっていました。

対して、リップル社の開発している送金ネットワーク「Ripple Net」を用いれば、送金はたった「3秒」で完了します。

他の通貨と比較しても、送金時間が圧倒的に短いことがお分かりいただけるかと思います。

また送金手数料も圧倒的に安く、一度の送金で消費するコストは「0.0004ドル」ほど。

日本円にすると「約0.045円」となりますので、他のどの仮想通貨と比較しても、ダントツの送金手数料の安さを誇っています!

リップル(XRP)の今後と将来性は?【4人の大物がホンネ予想!2019-2020年の価格予想がやばい】

価値のインターネット(Internet of Value)を目指している

価値のインターネット(Internet of Value)とは?

インターネットを通じて、情報やデータなどが瞬時に伝達・交換できるのと同様に、金融資産や通貨の交換が瞬時に行えるシステムのこと。

リップル社(Ripple Labs Inc)は、自社のビジョンとして「価値のインターネット」を掲げています。

ここで言う「価値」と言うのは通貨だけではなく、仮想通貨や株・証券など、価値を持つ全てのものを表しています。

そのような全ての資産を、社会的地位や経済状況に関わらず、誰でも移動させることが可能な世界を目指しているんです!

送金ネットワーク「Ripple Net」の開発

リップルネットワーク

先述したリップル社のビジョンである「価値のインターネット」を作り上げるために、リップル社は「Ripple Net」という新しい国際送金システムを開発しています。

従来の国際送金システム「SWIFT」では、送金を行うのに莫大な時間と手数料がかかってしまいます。

それに対してRipple Netでは、仮想通貨リップル(XRP)を用いることで、より安値で早い国際送金を実現します!

また、Ripple Netは仮想通貨リップル(XRP)に加えて、以下の3つのプロダクトで構成されています。

3つのプロダクト
  1. xRapid
  2. xCurrent
  3. xVia

そしてリップル社の開発している送金ネットワーク「Ripple Net」の中で、仮想通貨リップルは「ブリッジ通貨」として使用されます。

ブリッジ通貨って?

2つの法定通貨間の橋渡し(ブリッジ)になる通貨のこと。

例えば、Ripple Netを用いて日本からアメリカに送金を行うとすると、日本円が即座に仮想通貨リップル(ブリッジ通貨)に両替され、送金先で米ドルに両替されます。

リップルネットワーク

つまり、Ripple Netを用いた国際送金が行われれば、ブリッジ通貨である「仮想通貨リップル(XRP)」の需要は必然的に高まるということ。

ですので、Ripple Netを用いた国際送金が活発化すればするほど、仮想通貨リップル(XRP)の需要も高まります!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)がこれから儲かる!その理由は?

リップル

結論言いますと、リップル(XRP)を保有していれば、これから儲かる可能性が高いです!

リップル社の開発している送金ネットワーク「Ripple Net」も非常に実用的ですし、たくさんの銀行・金融機関の後押しも存在しています。

リップル(XRP)の価格もまだまだ「40円台(2019年7月時点)」ですので、これからの伸び代に大きく期待することができます!

実際にリップル(XRP)を購入する前に、リップルがこれから儲かる根拠についてバッチリおさらいしていきましょう!

実用化が進んでいる

リップル送金の実用化は、着々と進んでいます。

最近では、イギリスの送金業者である「MercuryFX」が、リップルの国際送金システムである「xRapid」の商用利用を開始しました。

MercuryFX社が行なった英国ーメキシコ間の送金実験では「約1万2100円と31時間」の節約に成功したようです!

これはリップルの実用化のほんの一部の例ですが、他の金融機関・送金業者に関しても、リップルの送金を導入する企業は増加傾向にあります!

希少価値が上がっていく

先述した通り、仮想通貨リップル(XRP)の発行上限は「1,000億枚」と定められており、発行は全て完了しています。

ですので、これからリップル(XRP)がどれだけ使用されたとしても、新規発行されることはありません。

その一方で、Ripple Netでの国際送金を行うには手数料が発生し、XRPで支払う必要があります。

送金手数料として支払われたXRPは消滅しますので、リップルを用いた送金が普及すればするほど、XRPの流通枚数は減少することになります。

結果、XRPの希少価値が高まり、価格が上昇する可能性が高くなるのです!

著名人・有名人からの支持を受けている

リップルは、数多くの著名人・有名人からも支持を集めています。

そのうちの一人が、ネオヒルズ族として知られている事業家・投資家の「与沢翼氏」です。

与沢翼氏もリップルに投資を行なっており、既にリップルの売買差益で「億単位」の資産を形成しています。

SBIホールディングスの代表取締役として知られている「北尾社長」も、リップル支持者の一人。

リップルの価格予想を行うなど、積極的にリップルに関わる発言をする人物として知られています。

また、SBIグループを完全親会社として持つ取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」では、リップルが「基軸通貨」として採用されているのです!

与沢翼氏がリップル(XRP,ripple)投資する理由は?|保有額・購入時期をまとめてみた

数多くの銀行・金融機関と提携している

リップルは既に、数多くの銀行・金融機関と提携を果たしています。

2019年1月には、リップルと提携する銀行・金融機関の数はなんと「200」を突破!

国を代表するような中央銀行から、私たちも普段利用するような身近な銀行まで、リップルと提携を行なっていますよ。

リップルと提携している銀行・金融機関
  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • バンク・オブ・アメリカ
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行
  • ブラデスコ銀行
  • SBIホールディングス
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三菱UFJ銀行

タイ銀行やイングランド銀行に関しては、その国を代表する中央銀行です。

つまり日本で言うところの「日本銀行(日銀)」に相当します。

そのような権力をもつ金融機関でさえ、リップル社と提携を果たしているんです!

リップルを用いた送金は、現在の国際送金システムである「SWIFT」と比較すると、コスト面でもスピード面でも大幅に優れています。

リップルの送金が実用化すれば、提携を果たしている数多くの銀行・金融機関がよりコストの低い「Ripple Net」に乗り換えるのは、言うまでもないでしょう!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)の今後の価格予想

リップル

続いて、リップル(XRP) の今後の価格予想について見ていきましょう!

仮想通貨に精通している人物・メディアは、リップルの今後の価格をどのように予想しているのでしょうか…?

北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

リップル

北尾社長の価格予想
  • 2018年末までに10ドル(約1,100円)

SBIホールディングス代表取締役の北尾さんの予想は「リップルは2018年内に10ドルに到達する」というもの。

残念ながら2018年内に10ドルに到達することはなかったものの、リップルの実用化が順調に進めば、10ドルに達することは十分に考えられます。

リップルが1,000円に到達する根拠

リップル

アジア市場における国際送金の規模は「約5,000億ドル」となっています。

それに対して、仮想通貨リップル(XRP)の総発行枚数は「1,000億枚」となっており、全ての発行が完了しています。

ただしそのうちの「550億枚」のリップルが、2017年12月に発行元であるリップル社によってロックアップされています。

ゴリ美ちゃん

ロックアップってなんなんだウホォォォォ
仮想通貨の乱高下を防ぐために、一定期間使えなくする(ロックする)ことなんだウホッォォぉうィ

ゴリわかくん

ロックアップされたリップルは2018年から毎月「10億XRP」ずつ市場に放出されますので、仮にアジアの送金市場でリップルが使用されたとすると、

リップル

1,000億XRP(総発行枚数) – 360億XRP(2019年7月時点のロックアップ数) = 640億XRP(流通枚数)

 

5,000億ドル(アジアの国際送金規模) ÷ 640億XRP = 約8ドル

上記の計算が成り立ち、アジアの送金市場がリップルに置き換わった場合、1リップルあたり「850円」前後に到達することになります。

アジアの国際送金規模は5,000億ドルですが、世界全体の国際送金規模はなんと620兆円。

つまり、アジアだけではなく世界でリップルの送金が用いられるようになれば、リップルの価格はさらに大きく高騰する可能性が高いのです!

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

NASDAQ(米新興企業向け株式市場)

リップル

NASDAQ(ナスダック)の価格予想
  • 数年間の間で5ドル(550円)に到達する

アメリカの新興企業向けの株式市場であるNASDAQ(ナスダック)は「数年間で5ドルに到達するだろう」という価格予想を行なっています。

2019年7月現在のリップルの価格が「1XRP=40円」ですので、現在価格から12倍ほど価格が上がる計算になります。

2017年〜2018年にかけての仮想通貨バブル期に「1XRP=400円」の最高値を記録したことを考慮すると、十分に到達可能な範囲ですね。

Finder.com

Finder.comの価格予想
  • 2019年までに約215円に到達する

イギリスの大手比較サイトであるFinder.comは「2019年末までに215円に到達する」という価格予想を行なっています。

元々は「2019年末までに82円」という価格予想でしたが、大きく上方修正されています!

「1XRP=215円」という数字は過去に到達した経験がありますので、可能性は十分に考えられますね。


このようにして、たくさんの著名人や有名メディアが、リップルの将来価格に前向きな予想を出しています。

215円〜約1,100円」という幅広いレンジでの価格予想ですが、たとえ215円だったとしても、現状の価格から5倍の価格上昇を果たすことになります。

「Ripple Net」の送金ネットワークが普及して価格が上がる前に、今の段階からリップルを保有しておきましょう。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)を購入するなら絶対ココ!おすすめ取引所3選!

リップル

続いて、リップルを購入する際のおすすめ取引所についてご紹介していきます!

リップルを購入するなら、なるべく手数料が安くて、安心できる取引所で買いたいですよね。

今回は、仮想通貨取引所を選ぶ際の以下の「4つのポイント」を総合的に評価し、リップルを購入するのにふさわしいおすすめ取引所を抜粋しました!

取引所を選ぶポイント
  1. セキュリティの高さ
  2. チャートや取引画面の見やすさ・使いやすさ
  3. 各種手数料の安さ
  4. 取り扱い通貨の豊富さ

1位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェック)の特徴・メリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持つ&金融庁からの認可も受け、安全性は抜群
  • スマホアプリが使いやすく、2018年1月時点で「230万ダウンロード」を突破している
  • リップルを含めて10種類の仮想通貨を取引することができ、取り扱い通貨数は国内最多
  • 取引手数料・入金手数料が無料なので、無駄なコストがかからない
  • 「500円」という少額から、仮想通貨投資を始めることができる
コインチェックの買い方,購入方法と注意点をわかりやすく解説!|リップルの購入を初心者でも簡単に!

Coincheckは、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている仮想通貨取引所。

過去に色々と話題になった取引所ですが、今では一部上場企業を親会社に持っています。

そして金融庁からの認可も受けているので、今までの比にならないほどセキュリティも強化されています。

さらに取引手数料・入金手数料無料でリップルを取引することができ、コストがほとんどかかりません。

さらに、国内取引所の中でも群を抜いてスマホアプリが使いやすく、ダウンロード数は累計230万を突破しています!

各種手数料が安くて使いやすいCoincheck(コインチェック)は、これから仮想通貨投資を始める方にはとっておきの取引所ですよ!

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

2位:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
GMOコインの特徴・メリット
  • 東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っており、セキュリティ抜群
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料なので、コストが抑えられる
  • 現物取引だけではなく、仮想通貨のレバレッジ取引にも対応している
  • 2019年1月には「アルトコイン取引所」もリリースされたので、スプレッドを抑えて取引できる
  • キャンペーン中の今無料登録すれば、口座開設するだけでビットコイン(20,000satoshi)もらえる
【GMOコイン】登録・ 口座開設方法を図解説!今なら20,000satoshiもらえる!

GMOコインは、インターネット事業などを中心に展開している「GMOグループ」を親会社に持っている取引所。

現物取引だけではなく「レバレッジ取引」も取り扱っており、リップルには最大「5倍」のレバレッジをかけてトレードすることが可能です!

レバレッジ専用アプリ「ビットレ君」を用いれば、スマホから本格的な仮想通貨FXを行うことが可能。

「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「MACD」などの専用ツールを用いつつもシンプルなレイアウトなので、初心者の方でも迷うことなく取引することができますよ!

さらにGMOコインは、2019年1月に「アルトコイン取引所」をリリースしています。

これまでアルトコインを売買する際は「販売所」を用いる必要がありました。

ですが、これからはスプレッドの狭い「取引所」でトレードすることが可能です!

リップルの現物取引を行いつつ、ゆくゆくはレバレッジ取引にもチャレンジしてみたい…!」という方は、GMOコインへの登録は必須ですよ!

→GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設!

3位:DMM Bitcoin

DMM

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(3.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)
DMM
  • 動画事業などを中心に展開している一部上場企業「DMMホールディングス」を親会社に持っている
  • レバレッジ取引に特化しており、リップルを含めた7種類の仮想通貨のレバレッジ取引に対応
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料
【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)と使い方を徹底解説!キャンペーンで絶対1000円貰える!

DMM Bitcoinは、動画事業などを展開している一部上場企業を親会社に持っている取引所。

口座開設数国内No.1を誇るFX業者「DMM FX」で培われたセキュリティノウハウがあり、抜群の安全性・信頼性を誇っています!

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化した取引所で、リップルを含む合計7種類の通貨のレバレッジ取引を行うことが可能です!

レバレッジ倍率は「4倍」と比較的低いので、初心者の方でも低リスクでレバレッジ取引にチャレンジすることが可能です。

さらに、取引手数料はもちろんのこと「出入金手数料」「送金手数料」まで無料に設定されているので、無駄なコストがかかりません。

ただしリップルはレバレッジ取引にしか対応していませんので、現物取引を行いたい方には不向きです。

リップルのレバレッジ取引を中心的に行いたいな!」という方は、DMM Bitcoinへの登録がオススメです。

キャンペーン中の今なら、無料登録するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることが可能ですよ!

→DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinで無料口座開設!

【画像付きでかんたん解説!】リップル投資の始め方・買い方

リップル

続いて、リップル投資の始め方・リップルの買い方について見ていきましょう!

リップルへの投資って、なんだか堅苦しそうだし難しそう…

上記のように思う方も多いと思います。

実際、リップルへの投資は少額から誰でもかんたんに行うことができるんです!

取引所への口座開設も、手続き自体は早ければ「5分〜10分」という短時間でサクッと終わらせることができます。

リップルを購入するまでの手順を、簡単におさらいしていきましょう!

仮想通貨取引所で口座開設

リップル

リップル(XRP)を購入するためには、まずは仮想通貨取引所で口座開設を行う必要があります。

当サイトで最も人気の高い取引所「Coincheck(コインチェック)」の画像を用いて、ざっくりと解説していきますね!

コインチェックの登録画面

まずはCoincheck(コインチェック)の公式サイトにアクセスします。

そして、メールアドレスとパスワードを入力して「アカウントを新規作成する」ボタンを押します。

その後は以下の手順に従って、Coincheck(コインチェック)への口座開設手続きを進めていきましょう!

口座開設手順
  1. メールアドレスとパスワードの入力
  2. 電話番号認証
  3. 住所・氏名などの個人情報の入力
  4. 本人確認書類の提出・アップロード
  5. 口座開設に関しての重要事項の確認
  6. 2段階認証の設定

上記6つのステップを踏むことで、Coincheck(コインチェック)の口座開設が完了します!

仮想通貨取引所で口座開設を行う際には、本人確認のための身分証明証の提出が必要不可欠です。

以下のような身分証明証が必要になりますので、予め用意しておきましょう!

本人確認に必要な身分証明証類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

身分証明証の提出が完了して本人確認が完了すると、3日〜4日後にコインチェックから書類書留が郵送されてきます。

書類書留を受け取るとコインチェックに通知され、口座開設が完了になります!

▼Coincheck(コインチェック)への詳しい登録方法・入金方法はコチラ▼

コインチェック(Coincheck)の使い方,送金,入出金方法について解説しました!

日本円の入金

Coincheck(コインチェック)への登録が完了したら、次はリップルを購入するための元手資金を入金する必要があります。

公式サイトの「ウォレット」をクリックし、以下の3つの手段のいずれかを用いて、日本円を入金しましょう!

Coincheckへの入金方法3つ
  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. ペイジー入金

リップルの購入

日本円の入金が完了してしまえば、後はリップル(XRP)を購入するのみです!

Coincheckの通貨一覧から「リップル」をクリックします。

そして、購入するリップルの数量を入力して「購入する」ボタンを押せば、リップルを購入が完了になります。

Coincheck(コインチェック)は販売所形式を用いているので、数量を入力するだけで簡単にリップルを購入することが可能なんですよ!

▼リップルの詳しい購入方法はコチラ▼

コインチェック(Coincheck)でのリップル(XRP,ripple)の購入・入出金・送金方法を徹底解説!

リップル(XRP)の2つのトレード方法

リップル

リップルを購入した後に気になるのが、リップルの具体的な保有方法・トレード方法。

実際どのようなスパンで、どれくらくらいの頻度で取引すれば良いのか気になりますよね…!

リップルの取引においては、主に以下の2種類のトレード方法がありますので、ご自身にあった方法を選ぶようにしましょう!

現物取引

現物取引解説画像

仮想通貨取引において最もスタンダードなトレード方法は、現物取引です。

現物取引って?

保有資金の範囲内で、仮想通貨を購入して保有すること。

現物取引は、私たちが普段行う「買い物」のような感覚です。

例えば、100万円の元手資金を持っていた時に、「1BTC=100万円」のレートで1BTCを購入したとします。

そして1ヶ月後にビットコインの価格が「1BTC=150万円」になった時にビットコインを売却したとすると、差額分の「50万円」が利益となります。

現物取引の場合は、基本的に長期スパンで仮想通貨を保有する必要があります。

現物取引に向いている人
  • 中期・長期的に見てリップルに投資したい人
  • リスクを最小限にまで減らしたい人

レバレッジ取引(仮想通貨FX)

レバレッジ

現物取引よりも短期的に利益を出したい場合は「レバレッジ取引」を行うのがおすすめです。

レバレッジ取引って?

ある一定の資金を担保にして、その資金の数倍〜数十倍の金額を運用するトレード方法のこと。

「レバレッジ」というのは日本語で「てこの原理」を表しています。

その名の通り、保有資金額よりも大きいお金を運用することが可能なんです!

例えば、10万円の保有資金を用いてリップルのレバレッジ取引を行うとします。

トレードを行う取引所が「最大レバレッジ5倍」だったとすると、

10万円(保有資金) × 5(レバレッジ倍率) = 50万円

となり、10万円の元手資金で最大「50万円分」の取引を行うことが可能なんです!

このように、レバレッジ取引を用いれば、現物取引よりも大きな利益を狙うことができます。

レバレッジ取引に向いている人
  • 短期的にリップルへの投資を行いたい人
  • 多少リスクを取ってでも、大きいリターンを狙いたい人

【損しない!】リップル(XRP)をトレードする時のコツをご紹介

リップル

リップルの現物取引・レバレッジ取引のどちらを行う場合でも、うまく利益を狙いにいけるコツはいくつか存在しています。

以下で解説する「リップルを取引する際の2つのコツ」を理解し、より最短ルートで利益を狙っていきましょう!

① 必ず余剰資金で行う

リップルへ投資をする際に、

リップルはどうせ上がるだろうし、全額近く投資した方がリターンも多いし良さそうじゃないかな…

と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

仮想通貨投資だけではなく「FX」や「株式投資」などにおいてもそうですが、投資は「余剰資金」で行うことが非常に重要です!

確かに、多くの資金を投資した方がリターンは大きくなります。

しかしながら、貯金を切り崩したり余裕のない資金で投資を行うと、仮に価格が暴落してしまった時に、日常生活に支障をきたす可能性も考えられます。

それに加え、資金に余裕がないと精神的にも余裕がなくなり、冷静なトレードができなくなる可能性もあります。

リップルへ投資を行うなら、資金面・精神面に余裕を持ってトレードを行うように心がけましょう!

② テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を行おう

リップル(XRP)でうまく儲けるためには、これから先の価格を見越したトレードを行う必要があります。

その為には、主に以下の2つの方法を用いて、リップルの価格を分析していくのがポイントです!

リップルの2つの価格分析方法
  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析って?

その通貨の経済活動・基礎情報などを元に価格分析を行うこと

ファンダメンタルズ分析は、株式投資やFXにも用いられる価格分析方法です。

「経済指標」「要人発言」「投資先の企業業績」などを元にして、将来的な価格を分析していきます。

ただし仮想通貨の場合は、以下のような項目に着目してファンダメンタルズ分析を行います。

仮想通貨のファンダメンタルズ分析
  • 投資する通貨への評価
  • アップデートやロードマップの進捗状況

例えばビットコインの場合、2020年に「半減期」を控えています。

半減期では、マイニング(取引承認)によって得られる報酬が半減するのでビットコインの希少価値が高まり、価格が上昇する傾向があります。

このように、投資先通貨のこれからの予定を先読みして価格分析を行うのも、ファンダメンタルズ分析の一つです。

テクニカル分析

テクニカル分析って?

過去のチャートを分析して、今後の価格を予想すること

テクニカル分析では、過去のチャートを様々なツールを用いて分析し、そこから将来の価格を予想していきます。

チャートをパッと見てみると、一見なんの法則もない無機質なものに見えるかもしれません。

しかし、大衆(投資家)の行動はある程度パターン化されている場合が多く、同じパターンで価格変動を繰り返す可能性があります。

チャートには過去の人間心理が全て反映されていますので、過去のチャートを分析する「テクニカル分析」は、価格予想を行う上で非常に有効です。

テクニカル分析はただチャートを見るだけではなく、以下のような専用ツールを用いて価格分析を行います。

テクニカル分析のツール
  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • MACD

相場のトレンド(上昇か下降か)を測る「移動平均線」や、買われすぎor売られすぎを判断する「RSI」など、様々なツールを用いて分析を行うことが可能ですよ!

リップル(XRP)を安全に保管するためのウォレット

リップルを購入した後は、仮想通貨のお財布的な存在である「ウォレット」で管理する必要があります。

ウォレットにも色々な種類がありまして、保有するリップルの枚数や取引回数によっても、オススメできるウォレットが異なってきます。

以下で解説する「2つのウォレット」についてバッチリ理解し、一番適しているウォレットを使用するようにしましょう!

取引所ウォレット

取引所ウォレットは、その名の通り取引所に付属しているウォレットです。

私たちが取引所で仮想通貨を購入した際などは、自動的に取引所のウォレットに預けられる仕組みになっています。

取引所のウォレットはいつでも気軽に仮想通貨を引き出せますが、ホットウォレットですので、外部から攻撃を受けるリスクが上がってしまいます。

ホットウォレットって?

常にオンライン環境下(インターネットに接続されている状態)で管理されているウォレット

リップルを少額保有している場合や、短期売買を頻繁に行う場合は、取引所のウォレットが便利です。

しかしながら多額のリップルを保有していたり、長期保有前提で取引所のウォレットにリップルを預けるのは少々危険です。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、取引所のウォレットとは違って実体が存在します。

物理的にインターネット環境から切り離して管理することができ、ハッキングのリスクを最小限にまで抑えることが可能です!

多額のリップルを保有する場合などは、安全性を考えると「ハードウェアウォレット」を使用するのが得策です。

ただしハードウェアウォレットは有料ですので、購入するのに大体「数千円〜1万円」ほどのお金がかかってしまいますので注意しましょう!

リップル投資に関してのQ&A

リップル

続いて、リップルへの投資を行う際によくあるQ&Aをまとめました。

投資に関して役立つ知識ですので、是非参考にしてみて下さい!

リップルはいくらから買える?

リップル(XRP)は「500円」という少額から購入することができます。

FXや株式投資と比較すると、初期費用を圧倒的に抑えてリップルに投資をすることが可能です。

少額からリップルに投資をするなら、500円から10種類の仮想通貨を購入することができる取引所Coincheck(コインチェック)」に登録しておきましょう。

リップルの利益に税金はかかる?

リップルだけではなく、仮想通貨の売買で発生する全ての利益に対して、税金が課せられます。

仮想通貨の利益は「雑所得」に分類され、利益が20万円を超えた場合は確定申告を行う必要があります。

雑所得は「総合課税」に分類されますので、他の所得と合算した金額に対して、課税率が決定されます。

所得税
所得金額 税率 控除金額
~195万円 5% 0円
195万円~330万円 10% 97,500円
330万円~695万円 20% 427,500円
695万円~900万円 23% 636,000円
900万円~1800万円 33% 1,536,000円
1800万円~4000万円 40% 2,796,000円
4000万円~ 45% 4,796,000円

収入が多くなるほど税率が高くなる「累進課税」となっているので、十分注意しましょう!

リップルは詐欺の可能性もある?

リップル自体が詐欺の可能性は、ありません。

リップルのプロジェクトは非常に明確で、たくさんの銀行・金融機関との提携が、信頼性の大きな担保となっています。

仮想通貨のICO詐欺などは近年増加傾向にありますが、リップルに関しては発行目的・用途がはっきりしており、詐欺の可能性はありません。

リップル(XRP)のこれまでの価格動向をおさらい

リップル

最後に、リップル(XRP) のこれまでの価格推移についておさらいしていきましょう。

リップルは今でこそ「1XRP=40円前後」で推移していますが、上場した当時は、今とは比較にならないほど低価格で売買されていたんですよ!

上場開始~2017

上記のチャートは、リップルが上場してから2017年頃までの価格推移です。

リップルが仮想通貨取引所に初めて上場したのは、2014年3月のこと。

上場してから2017年4月までの約3年間は、目立った価格上昇をすることもなく「1XRP=0.6円前後」で価格推移していました。

そこから2017年5月に、リップル社による仮想通貨リップル(XRP)のロックアップが発表され、価格が一気に「1XRP=50円」にまで高騰。

ロックアップ発表以降は下値が押し上げられて「1XRP=20円〜30円」で価格推移していました。

2017年~2018年(仮想通貨バブル期)

リップル(XRP)にとって大きな転換点となったのが、2017年〜2018年にかけての仮想通貨バブル期。

2017年12月からは日本国内でも「仮想通貨取引所」のテレビCMが放映開始され、新規参入者が大幅に増えた時期でした。

この時にリップルは「1XRP=400円」という過去最高値を記録しました。

しかし2018年1月、有名な国内取引所へのハッキング事件なども発生し、仮想通貨全体の価格暴落。

リップルの価格も、2017年当時と同じような水準にまで下落してしまいました。

2019年~現在にかけて

仮想通貨バブルの崩壊後、2018年はリップルの価格は下落傾向のままでした。

2019年〜現在にかけては、1XRP=30円〜50円前後で価格推移しています。

大きな価格上昇はありませんが、2019年6月のビットコイン上昇に伴なって一時「1XRP=50円」にまで価格上昇しています。

リップルと提携する企業・金融機関も着々と増加しており、本格的に「Ripple Net」を用いた国際送金が開始されれば、グンと価格上昇する可能性が高いです。

リップル(XRP)は儲かるのか? まとめ

今回は「リップル(XRP)は儲かるのか?」という疑問にお答えしていきました。

結論をもう一度言いますと、リップル(XRP)を今のうちから保有しておけば、儲かる可能性が非常に高いです!

なぜなら、リップル社の開発する「Ripple Net」は国際送金をより便利にする可能性があり、仮想通貨リップル(XRP)はそのシステム内で使用されるから。

先述した通り、Ripple Netと提携している企業は「200」を突破しており、たくさんの企業からの賛同も得ています。

Ripple Netを用いた送金が本格的に普及する前に、仮想通貨リップル(XRP)を今のうちに保有しておきましょう!

今人気が急上昇している取引所「Coincheck(コインチェック)」なら、500円という少額からリップルを購入することが可能。

手数料無料で圧倒的に使いやすいので、これからリップルに投資したい方は登録必須な取引所です。

Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!