【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

リップル(XRP)のおすすめ取引所を徹底紹介!手数料/安全性/使いやすさを徹底比較!【2019年最新】

『リップル(XRP)をどこで購入するのがベストなんだろう、、?』

『一番手数料がお得な取引所はどこ?』

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

実は、仮想通貨取引をしている中でお気づきかと思いますが、手数料って高額になってしまうことがあるんです。

手数料は取引額の数パーセントに設定されていますが、取引額が高額になってくると手数料の額も上がってしまうます。

そこで今回は、リップルの取引手数料が安い注目すべき取引所をご紹介していきます。

この記事を読むと、

  • リップル(XRP)を購入する際に必要な知識。販売所と取引所の違い
  • リップル(XRP)をお得に購入できる取引所
  • リップル(XRP)をさらに増やす資産運用について

以上の知識が身につきます、参考にしてみてくださいね。

まずは仮想通貨をお得に購入すべく、販売所と取引所の違いについてみていきましょう。

ざっくり言うと…
  • リップルは「時価総額3位」の仮想通貨で、従来の国際送金をより円滑化・低コスト化する可能性を秘めている。
  • 世界の銀行・金融機関もリップルと提携を果たしており、提携機関数は「200」を既に突破。
  • 実用化すれば大きく価格上昇する可能性が高いので、購入するなら実用化する前の今のうち。
  • リップルを安全かつ安い手数料で購入できるのは「Coincheck(コインチェック)」や「GMOコイン」や「BITPoint」の3つ。
  • 中でも、一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていて取引手数料無料の「Coincheck(コインチェック)」が最もオススメ。
  • 2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けているので、安全性を重要視するならやはりCoincheck(コインチェック)への登録は必須!

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)の買い方/購入方法/厳選おすすめ取引所を徹底解説!【2019年最新版】
「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん


【最新版!】 人気の取引所ランキング
コインチェックのバナー
感動する使いやすさ! アプリが手放せない! 日本のド定番取引所! 公式HP
新規口座開設 キャッシュバックキャンペーン実施中! 公式HP
アルトFXも完備! 送金手数料が無料! 公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

リップル(XRP)買うなら絶対ココ!おすすめ取引所ランキング!

リップルの手数料が安い取引所

リップル(XRP)を安い手数料で買いたい…!

そう思っている方も多いでしょう。

確かに、手数料の安さで取引所を選ぶのも重要です。

しかしそれ以上に重要なのが、利用する取引所のセキュリティ・安全性の高さ。

仮想通貨バブル発生した2018年、「Zaif」や「Binance」など有名な取引所へもハッキングが相次ぎました。

その原因のほとんどは、仮想通貨そのものではなく「取引所のセキュリティの脆弱性」でした。

大切な資産を守るためにも、セキュリティの高い取引所を利用するのが賢明です。

結論、安全性や信頼性を総合的に評価すると、Coincheck(コインチェック)を利用するのが最もおすすめです。

「CoincheckってNEM事件があったんじゃないの…?」と思う方もいると思いますが、それは遠い昔の話。

今では東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持ち、セキュリティは大幅に向上しています。

さらに2019年1月には、金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けているので、最も安全な取引所を使いたい方は、Coincheck(コインチェック)がおすすめです。

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

▼リップルの今後の価格・将来性を徹底解説▼

リップル(XRP)の今後と将来性は?【4人の大物がホンネ予想!2019-2020年の価格予想がやばい】

【1位】Coincheck(コインチェック)

マネックスグループ傘下の取引所「Coincheck(コインチェック)」なら、リップルを格安で購入することが可能です!

Coincheck(コインチェック)のメリット

Coincheck(コインチェック)のメリット

取引手数料・入金手数料が無料
・どの取引所よりもアプリが使いやすく、ダウンロード数は「200万」を突破している
取り扱い通貨数が国内で最も多く、「10種類」もの通貨を取り扱っている
一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていてセキュリティレベル抜群

Coincheck(コインチェック)なら、リップルの取引手数料が無料です!

販売所形式を用いているので、数量を入力するだけでかんたんにリップル(XRP)を購入することが可能です。

さらにCoincheck(コインチェック)は9種類ものビットコイン・アルトコインを扱っており、取り扱い通貨は国内最多です。

スマホアプリが使いやすく、その人気さ故にダウンロード数は「230万」を既に突破しており、たくさんのユーザーがCoincheckを利用しています。

オンライン証券を運営している一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、安全性・セキュリティは抜群!

安全に仮想通貨を取引するなら、Coincheck(コインチェック)は登録必須な取引所です。

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

Coincheck(コインチェック)のデメリット

Coincheck(コインチェック)のデメリット

・販売所形式を採用しているので、スプレッドが広め
・レバレッジ取引を行うことができない
・ハッキングを受けた過去がある

Coincheckは「販売所形式」を用いているため、スプレッドが広めに設定されています。

かんたんにリップルを購入することが可能なのですが、その反面スプレッドが広いので、短期売買には向いていません。

現物取引しか扱っていないので、レバレッジ取引を行うことができません。

また、Coincheckは2018年1月に「NEM流出事件」を起こした過去があります。

この事件があって不安に感じる方も多いと思いますが、現在Coincheck(コインチェック)は東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、以前と比較すると信頼性はグンと上がっています!

さらに2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けているので、圧倒的に信頼を回復していますよ。

\セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

【2位】 GMOコイン

GMOコインのメリット

GMOコインのメリット
  • 「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」が全て無料
  • 2019年1月からアルトコインの取引所に対応したので、スプレッドが非常に狭い!
  • 現物取引だけでなく「レバレッジ取引」にも対応している

さらにGMOコインでは「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」の全てが無料に設定されているので、どの取引所よりも安く、リップルを購入することができます。

今までは販売所形式のみでしたが、2019年1月には「アルトコイン取引所」もリリースしており、全ての通貨を「取引所」で購入することが可能になっています!

リップルをなるべく安く購入したいなら、GMOコインへの登録は必須です。

キャンペーン中の今なら、無料登録するだけでビットコイン(20,000satoshi)を受け取ることが可能ですよ!

→GMOコインの公式サイトをチェック

\アプリが使いやすい!/

GMOコインで無料口座開設!

GMOコインのデメリット

GMOコインのデメリット
  • 買い規制が入ることがある

GMOコインでは、相場の乱高下時などに「買い規制」が入る場合があります。

規制が入ってしまうと、その間は仮想通貨の売買を行うことができなくなってしまうので、機会損失してしまう可能性があります。

ポジションを持った場合ですと、決済することができなくなってしまうので、思わぬ損失を被ってしまうことも十分に考えられます。

ですので、買い規制が入りやすい相場の乱高下時などは、ポジションを持たないようにするのが得策です。

\アプリが使いやすい!/

GMOコインで無料口座開設!

▼GMOコインの登録方法をわかりやすく解説!▼
【GMOコイン】登録・ 口座開設方法を図解説!今なら20,000satoshiもらえる!

【3位】ビットポイント(bitpoint)

ビットポイントのホームページ

リップルを買うなら、ビットポイントもオススメな取引所です!

ビットポイントのメリット

BITPointメリット

・取引手数料が無料
・取引所形式でスプレッドが小さい
・アプリがあって初心者でも使いやすい

ビットポイントは少しマイナーな取引所ですが、価格分析ツールなどが非常に優れています。

取引所形式を用いているのでスプレッドを抑えてリップルを購入することができますし、専用アプリがあるのでスマホからかんたんに操作することが可能です!

さらに、世界的に使われているチャート分析プラットフォーム「MT4(Meta Trade 4)」を導入していますので、プロ同様のチャート分析を行うこともできるんです。

より精密なチャート分析を行いたい方は、BITPoint(ビットポイント)が非常にオススメです。

ビットポイントのデメリット

BITPointデメリット

・クレジット入金が不可。
・大手取引所に比べると取引が成立しにくことがある。

ビットポイントは大手取引所と比較すると、利用者が少ないので取引が成立しにくいです。

短期売買を頻繁に行う際には、十分に注意しましょう!

【3位】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのロゴ

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinのメリット
  • リップルのレバレッジ取引ができる
  • 14種類の通貨ペアでFXができる
  • 最大レバレッジ4倍

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化した取引所でして、リップルを含めた7種類の通貨のレバレッジ取引に対応しています。

アルトコインのレバレッジ取引(アルトコインFX)に興味があるかたは開設しておくべき取引所ですよ!

最大レバレッジも「4倍」と低めに設定されていますので、初心者の方でも比較的安心してリップルの信用取引を楽しむことが可能です。

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

\リップルでFXするなら!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinのデメリット
  • 販売所形式のため、手数料がやや高め
  • リップルはレバレッジ取引のみ対応

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引に特化した取引所です。

レバレッジ取引とは

ある一定の元手を担保にして、その担保の数倍〜数十倍の資金を運用する取引方法。

例えば、10万円の保有資金でレバレッジが5倍だとすると、50万円分の資金を動かすことができる。

ですので、現物取引は「ビットコイン」「イーサリアム」のみの取り扱いとなっています。

リップルの現物取引を行うことはできませんので、十分に注意しましょう。

また販売所形式を用いているため、スプレッドが広めに設定されています。

短期売買を繰り返してしまうと、スプレッド分で多額の手数料を取られてしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

DMM Bitcoinでリップル(XRP)の取り扱いが開始!

2019年7月、DMM Bitcoinでも遂に「リップル(XRP)」の現物取引が開始されました!

ですので、DMM Bitcoinではリップルの現物・レバレッジ両方の取引を行うことが可能になりました。

キャンペーン中の今のうちにDMM Bitcoinにリップルを入庫すれば、最大「1,000円」のキャッシュバックを受けることが可能ですよ!

DMM Bitcoinの登録方法はこちらから

→DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

\リップルでFXするなら!/

無料でDMM Bitcoinに登録する!

登録方法については以下の記事で詳しく解説しています!

【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)を徹底解説!【2019年8月最新】

【4位】 ビットバンク(bitbank)

ビットバンクのロゴ

ビットバンクのメリット

ビットバンクのメリット
  • 取引手数料が無料(キャンペーン中)
  • 取引所形式でスプレッドが小さい
  • リップル取引量No. 1

ビットバンクのデメリット

ビットバンクのデメリット
  • レバレッジ取引ができない
  • ユーザーが少ないため、注文が成立しないことがある

ビットバンクは取引所形式のため、スプレッドがビットポイントと同じく小さいです。

ですので、仮想通貨の短期トレードを行う場合はおすすめできる取引所です。

しかし、キャンペーンがいつまで続くかや、キャンペーン後の手数料がわからないので少しネックなポイントになるでしょう。

ビットバンクの登録方法はこちらから

\リップル取引量No.1!/

無料でビットバンクに登録する!

【2019年最新版】ビットバンク(bitbank)の登録,口座開設方法|手数料無料でアルトコインを売買しよう

【5位】 バイナンス(binance)

バイナンスのロゴ

バイナンスのデメリット

Binanceのデメリット
  • 日本円での入金ができない
  • 取引するにはバイナンスに送金する必要がある

バイナンスのメリット

Binanceのメリット
  • 世界最大級の仮想通貨取引所
  • 取引所形式でスプレッドが小さい
  • 手数料が安い

Binanceは中国発の取引所で、100種類を超える様々な通貨を取り扱っています。

リップルだけでなく、他のマイナーなアルトコインも取引してみたい方はBinanceに登録しておくべきです。

国内取引所では買えない通貨がたくさんありますよ。

本人確認がなく、メールアドレスだけの登録となるので1分もあれば登録完了です!

Binanceの登録方法はこちらから

\本人確認なしなら!/

1分でBinanceに登録する!

【海外取引所】バイナンス(Binance)の登録,入金方法と使い方を分かりやすく解説!

複数の取引所に登録しよう!

複数の取引所に登録しよう

リップルの取引を始める前に、最低2~3箇所くらいは登録しておきましょう。

その理由は、リスク分散仮想通貨アービトラージなどで利益が得られます。

リスク分散とは仮想通貨投資をしているとわかりますが1つの取引所だけで資産を管理していたり、

取引をしたりしていると同じ種類の通貨しか取引できない上にその取引所が停止したり、

ハッキングにあった場合対応ができなくなります。

アービトラージでは、各取引所の価格差で利益を生むことができます。

それには、4~5箇所ほど取引所を登録しておきましょう。

▼仮想通貨アービトラージのやり方完全攻略▼
ビットコインアービトラージのやり方まとめ|儲け方と注意点をやさしく解説

リップル(XRP)の2つの取引方法!自分に合ったトレードをしよう!

リップルを購入した後に気になるのが、リップルの保有方法ですよね。

リップルを取引する場合、以下で紹介する2つのトレード方法を用いて売買する必要があります。

いくら儲けたいのか、どのくらいの頻度で取引したいのかで変わってきますので、ご自身に合ったトレードスタイルを選ぶようにしましょう!

リップル(XRP)の取引方法① 現物取引

現物取引解説画像

最もスタンダードな取引方法は「現物取引」になります。

現物取引って?

保有資金の範囲内で、仮想通貨を購入すること。

現物取引が最も一般的なトレード方法で、イメージとしては私たちが普段行う「買い物」のような感じです。

例えば、「1BTC=100万円」のレートで1BTCを購入したとします。

その後ビットコインの価格が「1BTC=150万円」まで上がったところで売却すれば、差額である「50万円」が利益となります。

現物取引の場合は、保有資金の範囲内で仮想通貨を購入するので、元手資金以上の損失を出すことがなく安全です。

リップルの現物取引に向いている人
  • 中期・長期的にリップルに投資したい人
  • リスクを最小限に抑えてリップルに投資したい人

リップル(XRP)の取引方法② レバレッジ取引

リップルの資産運用方法として、多少のリスクはありますがレバレッジ取引が挙げられます。

レバレッジ取引とは、信用取引のことです。

レバレッジ取引なら少ない資金を担保にして、その資金の数倍〜数十倍もの資産を運用することが可能です。

運用する金額が増えるので、現物取引よりも大きく利益を狙うことが可能です!

以前はビットコインFXがメインでしたが、アルトコインFXに対応している国内取引所も増え、徐々に利用者が拡大しています。

ただし利益が大きく狙える反面、損失も大きくなってしまうので、リスク管理は徹底するように心がけましょう。

リップルのレバレッジ取引に向いている人
  • 短期的にリップルのトレードをしたい人
  • 多少リスクを取ってでも、大きな利益を狙いに行きたい人
  • リスク管理・資金管理ができる人
リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの取引所を徹底比較!【手数料・国内・海外取引所】

リップル(XRP)購入後はハードウェアウォレットで保管しよう!

リップルを購入後はしっかりと保管をすることが大切でしょう。

もしリップルを購入後、取引所にて保管していた場合以下のようなリスクがあります。

考えられるリスク
  • 取引所が外部よりハッキングにあった場合XRPが盗難される危険性
  • 取引所が倒産した場合、XRPが帰ってこない場合がある

このようなリスクがあるため、リップルを長期保有する場合はハードウェアウォレットの使用を推奨します。

Ledger nano SはXRP(リップル)に対応しており、送金する時はパソコンにLedger nano S接続するだけなので簡単です。

取引所のウォレットとは異なり、Ledger nano Sは「コールドウォレット(オフラインウォレット)」と言って、インターネット環境から完全に切り離されています。

高額なリップルを長期保有する場合、取引所のウォレットで保管しておくのは非常に危険です。

ですので、ハードウェアウォレットで安全に管理することをオススメします。

リップル(XRP)の手数料が安いのはどっち?販売所と取引所の違いを解説!

取引所と販売所の違い

まずはリップルもそうですが仮想通貨をお得に購入する方法をみていきましょう!

知っておくと、お得にリップルを取引できます。

販売所とは?

販売所とは

販売所とは、業者が持っている通貨をユーザーが買う仕組みのこと。

コインチェックやGMOコインなどが、代表的な販売所。

販売所の場合は、業者が保有している仮想通貨に対して売買を行います。

業者も別の会社から仮想通貨を仕入れているので、その分の手数料がかかっています。

ですので、一般的に取引所よりも販売所の方がスプレッドが広めに設定されています。

実際に、販売所の価格を見てみましょう!

販売所の板

購入価格と売却価格の差が大きいことがわかると思います。

販売所で通貨を買うと、この差額分の利益を出さないと元すら取れない仕組みなのです。

この差のことをスプレッドを言い、スプレッドが小さいほど安く取引できる取引所ということができます。

スプレッドは「見えない手数料」と言われることもあります。

取引所とは

取引所とは

取引所とは、業者を仲介しつつユーザー間で売買を行う仕組みのこと。

一般的には、販売所よりもスプレッドは狭く設定されている。

取引所の板

上記の画像は、取引所における仮想通貨の取引板になります。

見てみると、購入価格と売却価格の間にほとんど差がなく、スプレッドが非常に狭く設定されていることが分かるかと思います。

ですので、短期的なトレードを繰り返す場合は「取引所」を利用するのがダントツでおすすめです。

なぜ取引所の方が安くリップルを買えるの?

販売所形式の場合は、業者がさらに別の所から仮想通貨を仕入れていて在庫を抱えています。

ですので、スプレッドにその分の手数料が上乗せされており、取引所と比較すると若干スプレッドが広めに設定されています。

それに対して取引所の場合、業者を仲介しつつユーザー間同士で仮想通貨のトレードを行います。

取引所は仮想通貨の在庫を抱えていないので、その分スプレッドが狭く設定されているんです!

こうした背景があるため、短期売買を行う場合は「取引所」を利用した方が有利なんです。

ただし、サクッと簡単に仮想通貨を購入したい場合や、長期保有を行う場合などは、仮想通貨をワンタッチで購入することができる「販売所」を使うのが得策ですね。

リップル(XRP)の手数料を取引所ごとにざっくり比較!

Coincheck(コインチェック) GMOコイン DMM Bitcoin BITPoint(ビットポイント)
取引手数料 無料 無料 無料 無料
入金手数料 無料 無料 無料 無料
出金手数料 400円 無料 無料 無料
送金手数料 0.001BTC 無料 無料 無料
スプレッド 広め 狭め 広め 狭め

上記のように手数料を比較すると、最もコストを抑えて取引することができるのは「GMOコイン」「BITPoint(ビットポイント)」の2つになります。

もちろん「手数料の安さ」で取引所を選ぶのもオススメですが、それ以上に重要なのがセキュリティ・安全性の高さです。

仮想通貨が流行った2017年〜2018年には、「Zaif」や「Binance」などの有名取引所でもハッキング事件が発生しました。

ハッキングの原因は仮想通貨そのものではなく、取引所にある場合がほとんどですので、安全かつ信頼することができる取引所を選ぶのが非常に重要。

国内取引所はたくさん存在していますが、その中でもCoincheck(コインチェック)を利用するのが最もおすすめ。

Coincheckと聞くと「NEM事件のあった取引所じゃないの…」と思う方もいると思いますが、それは遠い昔の話。

今では東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っており、安全性はこれまでと比較にならないほど向上しています。

さらに2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可されるレベルまでセキュリティが向上されていますので、安全性・信頼性でみるとCoincheck(コインチェック)が最もオススメです。

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

\セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

リップル(XRP)のおすすめ取引所 まとめ

リップルを買うだけでも様々な取引所から選べることがわかったと思います。

初心者が安くリップルを買うのに最も適切な取引所は、取引手数料無料Coincheckです!

キャンペーンとかではなく、取引手数料が無料ですので安心して使い続けられますね。

マネックスグループを親会社に持っていることも非常に大きく、信頼性が向上していて利用者数も増加傾向にありますよ。

→Coincheckの公式サイトをチェック

\信頼性&セキュリティ抜群!/

Coincheckで無料口座開設!

BITPoint(ビットポイント)の評判は悪い?メリット/デメリットあわせて徹底解説!

[関連記事]

リップルはもう終わったって本当?

仮想通貨リップル(XRP)は終わった?ブロックチェーンと国際送金について考えました。

国内取引所を徹底比較!取引するのに適切な取引所を見つけよう!

日本国内の仮想通貨取引所ランキング!おすすめ11社を徹底比較!【2019年最新】