【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を徹底比較!どっちに投資すべき?

イーサリアムとリップルのロゴ

イーサリアムとリップルはビットコインに次ぐ時価総額を誇り、技術的にとても優れた通貨です。

どちらの通貨も実用的な利用が期待されており、将来性も高いです。

ゴリわかくん

リップルとイーサリアムはどういう特徴の違いがあるウホ?
リップルとイーサリアムってどっちがおすすめウホ?

ゴリ美ちゃん

ということで、今回はイーサリアムとリップルに解説していきながらおすすめを紹介していきます!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

リップル(XRP)の基本情報・特徴

まずは、リップルの基本情報を見ていきましょう。

XRP

リップル(XRP)の基本情報
通貨名XRP
時価総額ランキング3位
開発者David Schwartzなど
発行開始日2012年9月
発行上限枚数1000億XRP
取引承認方式PoC

実は、リップルとは送金システムのことで、その中で使われる通貨のことはリップルではなく「XRP」です。

ただ、一般的に通貨のこともリップルと呼ぶことが多いです。

リップル(XRP)のチャート

リップルのこれまでの価格推移を見てみましょう。

今年に入ってから価格を大きく下げています。

理由は色々ありますが、年末に急激に価格をあげた反動で、年始からの暴落が起きたことが1つだと考えられます。

その後、9月に一度価格を上げ、一時80円まで戻しました。

現在は50円前後を推移しています。

リップル(XRP)は中央集権の通貨

リップルの中央集権

ビットコインなど、ほとんどの仮想通貨は中央の管理者がいない非中央集権型です。

一方で、リップルは「Ripple.inc(リップル)」という会社が中央機関として運営する、中央集権型という仕組みです。

民主主義的な意思決定をするビットコインとは違い、リップルの意思決定にはリップル社が大きく影響を与えます。

この点は他の仮想通貨とリップルが大きく違う点です。

リップル(XRP)は送金に特化している

リップルは国際送金や銀行間の送金に利用されることを想定して作られました。

そのため、他の仮想通貨よりも送金速度が速く、送金にかかる手数料も非常に安いです。

現在の送金システムは1~3日かけて、2000円~6000円の手数料がかかります。

しかし、リップルを利用すると約3~4秒で、ほとんどお金をかけずに送金できるのです!

リップルは送金速度、手数料、処理能力など技術的に優れた通貨ということができます。

リップルについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご一読下さい!

リップル(XRP,ripple)とは?特徴、仕組みをわかりやすく解説!

イーサリアム(ETH)の基本情報・特徴

イーサリアムというのはプラットフォームの名前で、そこで使われる通貨のことをEther(イーサ)と言います。

イーサリアムのロゴ

イーサリアム(ETH)の基本スペック表
通貨名ETH
時価総額ランキング2位
開発者Vitalik Buterin
発行開始日2014年7月
発行上限枚数未定
取引承認方式PoW(PoSに移行中)

プラットフォーム上ではイーサリアムをベースとした新しいトークン(通貨)を発行しdapps(分散型アプリケーション)として動かすことができます。

dappsとはサーバーや管理者がいないアプリケーションのことです。

「dappsを動かす」というのは、ブロックチェーン上に新しく非中央集権型の仮想通貨を作ることと思っていいでしょう。

また、開発者のヴィタリックはなんと当時19歳でイーサリアムの開発をしました。

何かとよく聞く名前ですので頭に入れておいてもいいかもしれません。

イーサリアム(ETH)のチャート

ではイーサリアムの価格を見てみましょう。

今年の初めに一時16万円を超えるなど大きな上げを見せましたが、その後は徐々に価格を下げて現在は約2万円をつけています。

スマートコントラクトという機能がある

イーサリアムではスマートコントラクトという技術が使われています。

イーサリアムを語る上でスマートコントラクトは外せないのでしっかり抑えておきましょう。

スマートコントラクトとは
契約をプログラム化し、自動で実行する仕組み。

少し難しいですよね。

スマートコントラクトについて

スマートコントラクトの説明をするときはよく自動販売機が例に挙げられます。

自動販売機は「お金を入れたら」「飲み物が出てくる」という契約が人の手を介さずに自動で実行されていますよね。

このように、イーサリアムのスマートコントラクトでは契約の内容がブロックチェーン上に記録されるため、契約する相手を信用しなくて良いというメリットや、仲介者が必要ないのでコストを下げることができるメリットがあります。

不動産やレンタカーなど、今までは人を仲介してきたものが、自動かつ高い信頼性の元で行うことができるようになるでしょう。

リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を比較!

どちらの通貨もそれぞれの特徴をもち、技術的にとても優れています。

でもまだピンときていない方も多いのではないでしょうか。

では、さらにわかりやすいように両者を比較してみましょう。

リップルイーサリアム
時価総額約1兆8000億円約2兆3000億円
送金手数料約0.0004ドル約0.96ドル
送金速度約3~4秒約2分
開発目的送金システムプラットフォーム

時価総額を詳しく見ていきましょう。

時価総額

1位はビットコインで、2位にイーサリアム、3位にリップルが位置しています。

ビットコインの時価総額はダントツですが、イーサリアムとリップルの時価総額はほとんど同じくらいです。

リップルは急激に価格が上がったりして何回かイーサリアムを抜いて時価総額2位になることもありました。

次に、送金手数料の比較です。

リップルがダントツで安く送金できることがわかります。

送金速度も比較してみましょう。

他の通貨と比べてもかなり早く送金することができます。

このように、リップルは国際送金に対応するために技術的にとても優れた特徴を持っています。

ここまで明確なビジョンをもって進めている仮想通貨のプロジェクトはほとんどないでしょう。

 

ゴリわかでは、リップルの将来性は非常に高いと予想しています。

今買うならイーサリアムではなく、リップルです。

リップルは国際送金という具体的な問題を解決するためにプロジェクトが進められています。

実用的な利用が進んでいけば、さらに価格が上がっていくでしょう。

リップル(XRP)の今後・予想価格

では、そんなリップルの今後と予想価格について見ていきましょう。

リップルが期待できる大きな理由は、実際に送金に使われ始めていることです!

リップルが期待できる理由
  • 世界の中央銀行をはじめとした金融機関と提携している
  • リップルの商品の実用化が進んでいる
  • 価格の下がった今が購入の絶好のタイミング!

リップルは現在、中央銀行などの世界中の金融機関と提携を始めています。

また、xRapidという送金に使われる技術の、商用化に関する情報も先日発表されました。

これからさらにリップルは実用的な利用が進められ、それにともなってリップルの価格も上昇していくものと考えられます。

リップルの投資家としても知られる与沢翼さんも「買い増す」「持ちつづけるか」と話しています。

この動画は非常に参考になるのでぜひご覧ください!

また、色々な機関や人がリップルの価格予想をしています。

リップルの価格予想をしている人や機関
  • SBI北尾氏の予想・・・年内10ドル
  • NASDAQ(ナスダック)の予想・・・数年で5ドル

SBI北尾氏は年内に10ドルを超えるという強気な予想をしています。

今は50円ほどなので、約20倍に上がるということですね。

リップルから良い発表があり、去年のような価格上昇があれば全然あり得るでしょう。

ナスダックは数年で5ドルに達するという見方をしています。

かなり現実的な予想ではないでしょうか。

順調にいけば、数年かけてリップルのシステムが実用化され、価格も上がっていくでしょう。

リップル(XRP)を買うならBITPoint(ビットポイント)!

BITPoint(ビットポイント)本田圭佑

リップルを買うならビットポイントの口座開設は必須ですよ!

ビットポイントがおすすめの理由
  • 取引手数料など、各種手数料が無料!
  • セキュリティが高く、安心して取引することができる!
  • デザインが良く、初心者でもすぐに使いこなせるようになる!

ビットポイントは取引手数料だけでなく、入金・出金・送金手数料など、ほとんどの手数料が無料で、どこの取引所よりもお得に取引することができます。

取引手数料が取られる取引所では取引する度に手数料がかかり、積み重なると大きな金額になってしまいます。

でもビットポイントなら何度取引しても手数料無料。

安く取引したい方はビットポイントがおすすめです。

【2018年11月30日まで】


現在BITPoint(ビットポイント)では、「ビットコインがもらえるオータムキャンペーン」を開催中。

今なら登録&入金だけで3000円相当のビットコイン(BTC)をもらうことができますよ。

\今すぐ無料登録!/

BITPoint(ビットポイント)のキャンペーンに参加する!

また、ビットポイントはセキュリティが高いことでも定評がある取引所です。

コインチェックなど、仮想通貨取引所ではセキュリティの脆弱性をついたハッキング事件が起こることがあります。

でもビットポイントなら大丈夫。

ビットポイントのセキュリティ

先日、セキュリティ格付けで金融機関に求められるレベルの「A」(シングルエー)をとるなど、客観的な調査でもビットポイントの安全性の高さは認められています。

金融機関に求められるレベルのセキュリティを満たしているので、安心して取引することができますよ。

 

リップルを購入するならビットポイントです。

3000円分のビットコインがもらえるキャンペーン中ですし、できるだけ早く登録しておくことをおすすめします。

登録だけなら無料なので、開設しておいて損はないですよ。

ビットポイントの登録方法はこちらから

\手数料がずっと無料!/

ビットポイントに登録して3000円ゲットする!

[まとめ]リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)

イーサリアムよりもリップルの方が明確なビジョンをもち、将来性が高い通貨と言えるでしょう。

国際送金に実際に使われていくのに伴って、リップルの価格も上がっていくと予想されます。

9月にはイーサリアムの時価総額を抜いて一時2位になりました。

これから、さらに上昇を期待できそうです。

リップルを購入するならビットポイントがおすすめ!

今すぐビットポイントに登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です