【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

販売所と取引所の違いと特徴をわかりやすく解説!|メリット・デメリットは?

仮想通貨の取引所に登録したけど販売所と取引所がある。。。

何が違うんだろう?

そんな疑問をお持ちでしょうか?

確かに仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2種類があり、そのどちらでも仮想通貨を購入することができます。

ではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は販売所と取引所の違いを明確に説明していきます。

  • 販売所と取引所の違いがわかる
  • それぞれのメリットが理解できる
  • おすすめの取引所を知れる

この記事を読めば以上の3点の知識が身につくはずです!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

販売所と取引所の違い

まず「販売所」「取引所」の違いは何でしょうか?

それは自分が取引する相手に違いがあります。

販売所では、以下のように個人と仮想通貨取引所で仮想通貨取引を行います。

販売所の説明

画像のようにbitFlyer(ビットフライヤー)がもっている仮想通貨をbitFlyer(ビットフライヤー)が決めた価格で売ってもらいます。この販売所形式はコンビニなどの店頭販売と同じです。

それに対して、取引所では取引所に登録している個人同士(ユーザー間)で仮想通貨の取引をおこないます。

取引所説明

取引所で仮想通貨を購入したい場合は、まず売ってくれる人を見つけてその人に売ってもらう形になります。

その相手を探すために、仮想通貨取引所が仲介者となり取引する場所を提供してくれています。

一番大きな違いは手数料!

取引する私たちにとって一番大きな違いは手数料です。これを知っているだけで支払う手数料を抑えることができるのでしっかり理解しておきましょう!

仮想通貨取引所では基本的に取引手数料無料と書いてありますが実質的な手数料としてスプレッド費用というものがかかってきます。

<スプレッドって?という方はこちら!> 【徹底比較】仮想通貨のスプレッドとは?知らないと投資で損をしているかも?

例としてbitFlyer(ビットフライヤー)の「販売所」と「取引所」を比べてみましょう。

まず販売所でビットコイン(BTC)を1BTC購入するとしましょう。

販売所手数料

「販売所」では購入と売却に約18000円の差があります。これがスプレッドというもので実質的な手数料になります。そのため購入した時点で18000円近い損をしている事になります。

取引所手数料

「取引所」で取引する際の購入と売却の差、つまりスプレッドが99円です。販売所の約18000円と比べるとほとんど無いようなレベルの手数料で購入することができます。

販売所と取引所ではこれほど大きく手数料としてかかる費用に差が生まれます。そのため基本的には取引所で扱っている仮想通貨は取引所で購入することをおすすめします。

販売所の特徴

「販売所は手数料が高いからやめたほうがいいのか」と言いますと、それは違います。販売所にもしっかりとしたメリット・デメリットがあります。

メリット

販売所のメリットとしては取引したい時にすぐに取引できることです。販売所では仮想通貨交換業者が各通貨の値段を決めているため、その値段ですぐに取引することができます。

更には取引方法が簡単で、ほとんどの販売所が「買う」「売る」のボタンのみで簡単に取引することができます。そのため初心者の方など初めて取引をする時はおすすめです。

デメリット

デメリットとしては、やはり販売所は取引所に比べて取引にかかる手数料が高いです。

少額の取引ならそれほど気にならないかもしれませんが、取引回数が増え金額も大きくなっていくと気づいたら大きな損をしているかもしれません。

取引所の特徴

取引所は手数料が大変安く抑えれますがメリットもデメリットもその限りではありません!他にも色々な特徴があります。

メリット

もちろん取引所の大きなメリットは手数料がとても安いことです。

他にも「成行注文」「指値注文」が可能で、自分が購入したい価格で仮想通貨を購入することができます。

簡単解説!
成行注文 値段を指定せず、現在の価格から一番近い価格で購入(売却)する注文方法

指値注文 自分が購入(売却)したい値段を設定してその価格になったら取引が通る方法

デメリット

デメリットとしては、販売所では扱っているけど取引所では扱っていないという銘柄が取引所によってはあるため、取引所で購入できる仮想通貨が少ないことです。

更に、取引所は個人間での取引のため少し複雑な部分があり、初心者の方には少し難しいかもしれません。

他にも成行注文で一度に大量購入すると高い値段で仮想通貨を購入させられてしまう可能性があったり、指値注文で1BTC買いたいのに0.5BTCしか購入できていないという場合があります。

販売所・取引所のスプレッド紹介

スプレッドも取引所によって変わってきます!
そのためなるべく安く取引できる販売所・取引所を選択しましょう!

取引所スプレッド
BITPoint(ビットポイント)約5%
GMOコイン3~5%
DMMビットコイン5~10%
bitFlyer(ビットフライヤー)0~10%

スプレッドは価格によって変動するので、スプレッドだけでみたらBITPointが安定していて良さそうですね。

<その他の取引所スプレッドを比較した記事はこちら!> 仮想通貨取引所のスプレッドを比較|一番安く仮想通貨を買えるのはどの取引所?

おすすめの取引所

ゴリわかが徹底分析したおすすめ取引所をいくつか紹介するよ

ゴリわかくん

おすすめ取引所ランキング!

1位:BITPoint(ビットポイント)

2位:GMOコイン

3位:DMMビットコイン

<国内取引所おすすめランキング!>

【2018年最新】国内の仮想通貨取引所ランキング!オススメの10社を徹底比較!

1位:BITPoint(ビットポイント)

BITPoint画像

BITPoint(ビットポイント)の運営元である親会社は上場企業の「Remixpoint」のため、取引所として安定した運営と万全なセキュリティが取引所としての信頼を高めています。

他にも最大25倍のレバレッジ取引にも挑戦ができたり、豊富なツールが揃っているため初心者〜上級者全ての方におすすめできます。

BITPointの登録方法はこちらから

BITPoint(ビットポイント)公式サイト

2位:GMOコイン

aaa

こちらのGMOコインも大手GMOグループが運営元であり、安心した運営とセキュリティがあります。

さらにGMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」はシンプルで使いやすく初心者の方にもおすすめです。「ビットレ君」を使うことでスマホでチャートの確認から取引までができるため、外出中でも取引が可能です。

GMOコインの登録方法はこちらから

GMOコイン公式サイト

3位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM

DMMグループは仮想通貨取引の他にもFX取引(外国為替証拠金取引)などもやっており、その経験から安心した運営体制・セキュリティが保証されています。

仮想通貨の現物取引をある程度行った後はビットコインFXも挑戦してみたいと思う方は登録必須の取引所です!

DMMビットコインの登録方法はこちらから

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト

【最後に】販売所と取引所の違いまとめ

これで販売所と取引所の違いは一通り理解していただけたと思います!

取引する際は、特に販売所のメリットにある理由がない限り、手数料が抑えれるため「取引所」での仮想通貨売買をおすすめします。初心者の方には少し難しいですが何度か取引しているうちに慣れてきます。

慣れてしまえば取引所でお得に仮想通貨を購入し、さらなる利益にも繋がるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です