【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

取引所で手数料が一番安いとこはどこ?|ゴリわかゴリ押しの仮想通貨取引所をご紹介!

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。国内にある仮想通貨取引所のいろんな手数料を詳しく比較してみたよ

 

ビットコイン(仮想通貨)を買うには仮想通貨取引所に登録する必要があります。ただ、取引所はどこも同じ、というわけではなく、取り扱いのあるコインや取引方法が異なります。

とくに注目すべきなのは「手数料」。手数料を支払うことにメリットはありませんから、なるべく手数料が安い取引所を利用したいところ。

そこで、メジャーな国内取引所の各種手数料を比較してみました。ぜひ取引所選びの参考にどうぞ。

 

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

どの取引所が一番手数料が安い?

 

まず初めに、どの取引所が一番手数料が安いのかについて説明しておきますね。

手数料と一言にいってもさまざまな種類がありますが、総合的な順位をつけるとしたら以下のようになります。

  1. GMOコイン
  2. bitbank(ビットバンク)
  3. bitFlyer (ビットフライヤー)
  4. Zaif(ザイフ)
  5. Coincheck(コインチェック)

 

詳しい比較は後で行なっていきますが、とにかく手数料を抑えたい!という人はGMOコインがおすすめですよ。

関連記事:初心者におすすめの取引所!GMOコインの特徴や評判をまとめました

 

仮想通貨取引所で発生しうる手数料

 

取引所を利用するうえで、発生しうる手数料は以下です。

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 仮想通貨の売買手数料
  • コインの送金手数料
  • スワップ手数料(ビットコインFXのみ)

 

このうち、とくに重要視すべきなのは「入金手数料」と「出金手数料」、そして「仮想通貨の売買手数料」の3つ。残りの2つはどの取引所も大差なく、支払う機会もあまりないでしょうから、ここでは割愛します。

ちなみに、どの取引所もアカウント登録(口座開設)だけなら無料です。なので、とりあえず全部に登録してしまうのもアリかも。

 

それではここから各手数料について詳しい比較を行なっていきます。

 

入金手数料

 

入金手数料は、取引所の口座に日本円を入金する際にかかる手数料です。入金方法はいくつかあるので、それぞれ比較します。

 

銀行振込

 

銀行振込ならどの取引所でも入金手数料はかかりません。ただ、各銀行の振込手数料はこちら持ちになるので注意です。入金が反映されるまでは半日近くかかることもあります。

 

クイック入金

 

インターネットバンキングやペイジーを利用した入金方法で、自宅にいながら全ての手続きができるのでとても便利です。入金反映も一瞬ですし。

各取引所の手数料は表のとおり(×は対応なし)。

取引所名入金額が3万円未満入金額が3万円以上
GMOコイン無料無料
ビットバンク××
ビットフライヤー324円324円
ザイフ486円594円
コインチェック756円
1000円

 

コインチェックで50万円以上入金する場合、計算は少し複雑になり、「入金金額×0.108% + 486 円」というものになります。

おそらく一番使う入金方法なので、安いほうがありがたいです。その点でいえば、GMOコインが優秀ですね。

 

コンビニ入金

 

取引所によってはコンビニ入金が可能です。すぐに入金したいけれど、クイック入金を利用できない場合に便利。銀行によってはネットバンキングやペイジーに対応していないことがありますから。入金反映まで早いのも嬉しいポイントです(20分~30分)。

取引所名3万円未満3万円以上
GMOコイン××
ビットバンク××
ビットフライヤー324円324円
ザイフ486円
594円
コインチェック756円
1,000円

 

コインチェックの50万円以上の手数料計算はクイック入金の場合と同じです。「入金金額×0.108% + 486 円」ですね。

 

クレジットカードで購入

 

入金作業をしなくても、クレジットカードで直接ビットコインやアルトコインを買うこともできます。

ただ、入金手数料とは比べものにならない手数料が上乗せされるので、まったくおすすめしません。素直に入金手続きをしましょう。

 

出金手数料

 

取引所内の口座から日本円を出金するときにかかる手数料です。入金の場合と異なり、手続きから反映まで1営業日ほどかかることに注意。

取引所名3万円未満3万円以上
GMOコイン無料無料
ビットバンク540円 756円
ビットフライヤー540円756円
コインチェック400円400円
ザイフ350円 756円

 

ビットフライヤーは、出金先の銀行が三井住友銀行の場合は手数料が安くなります。以下のとおり。

取引所名3万円未満3万円以上
ビットフライヤー216円
432円

 

やっぱりGMOコインが優秀ですね。ただ、入金、出金ともにそこまで頻繁にするものではありませんから、あまり気にする必要はないかもしれません。

それよりも大事なのは、次に説明する仮想通貨の売買手数料です。

 

仮想通貨の売買手数料

 

仮想通貨の売買手数料とはその名のとおり、ビットコインやアルトコインを購入、売却した際にかかる手数料です。

売買手数料は取引方法によって大きく違ってきます。買い板や売り板を利用した「板取引」では取引価格の0.1%程度しかかかりませんが、「店頭式取引」の場合は3%から10%近い金額に。

ザイフの板取引画面

(左に買い板、売り板が並び、右には取引履歴が表示されています。これが板取引です。)

 

手数料だけを考えると板取引が圧倒的に有利なのですが、「指値注文」や「成行注文」について理解する必要があり、投資初心者には少しハードルが高く感じるかもしれません。

対して、店頭式取引なら購入数量を入力するだけでコインを買えるので、今までに投資経験がない人でもカンタンに売買ができます。

GMOコインの店頭式取引画面

(店頭式取引の購入方法。現在の価格を見て、どれだけ買うかを入力するだけです。)

 

なので、まずは少額だけ店頭式取引で購入してみて、慣れてきたら板取引を利用するようにしていくといいでしょう。

最初からまとまった資金(10万円以上)で投資したい!という人もいるかもしれませんが、いきなり大金をつぎ込むのは危険ですよ。

 

売買手数料も取引所によって大きく異なるので、それぞれ解説していきますね。

 

店頭式取引の手数料(スプレッド)

 

店頭式取引の売買手数料は、「スプレッド」という形で表されます。スプレッドとは購入価格と売却価格の差のこと。同時刻でもこの2つの価格には差があるんですよ。なので、買ってすぐ売る!みたいなことをするとスプレッド分だけ損をします。

GMOコインのビットコインのスプレッド

(購入価格と売却価格に3,000円の差があります。およそ0.5%のスプレッドですね)

 

スプレッドは売買するコインの種類によって異なり、取引状況にも影響を受けます。取引が活発なとき(暴騰時や暴落時)はスプレッドが大きくなるので、そのタイミングでの取引は避けたほうがいいかもしれません。

各取引所のスプレッドは以下のとおり(×は店頭式取引なし)。

取引所名スプレッド
GMOコイン0.1%~3%(コインごとに固定)
ビットバンク×
ビットフライヤー3%~10%
ザイフ3%~10%
コインチェック3%〜10%

 

ここでもGMOコインが強いですね。店頭式取引をするならGMOコインがおすすめです。

 

板取引の手数料

 

板取引は安い手数料が大きな魅力。取引手順は少し複雑ですが、いずれは板取引だけで売買できるようになるべきです(×は板取引なし)。

取引所名手数料
GMOコイン×
ビットバンク無料
ビットフライヤー0.15%~0.2%
ザイフ0%~0.3%
コインチェック無料

 

少しややこしいのは、取引所ごとに板取引ができるコインが異なること。

たとえば、コインチェックなら板取引ができるのはビットコインだけで、他のコインは全て店頭式取引となり、売買の際に3%以上の手数料(スプレッド)がかかってしまいます。

関連記事:アルトコインを買うなら取引所を使い分けるべき!おすすめの取引所をコイン別に紹介

 

手数料を減らしてお得に仮想通貨投資をしたいのなら、購入するコインに応じて取引所を使い分けるべきです。板取引ができる取引所を優先的に使うことで、高い手数料を払わずに済みますよ。

なので、すぐに使う予定がなくてもとりあえず全ての取引所にアカウントを作っておくことをおすすめします。

 

まとめ

 

まとめるとこんな感じ。

  • 総合的に手数料が一番安いのはGMOコイン
  • 店頭式取引と板取引によって手数料が大きく変わる
  • 手数料を抑えたいなら板取引を使うべき

 

これから仮想通貨投資を始めよう!という人は、まずGMOコインに登録してみるといいでしょう。そして少額でコインを購入してみてください。

 

または、使いやすいと評判のコインチェックもおすすめです。

売買手数料はやや高めですが、ビットコインの購入なら板取引が利用できますし、多くのアルトコインが取り扱われているので、きっとそれらにも興味が湧くと思いますよ。自分もコインチェックからスタートしました。

関連記事:コインチェックの特徴と評判|仮想通貨初心者におすすめな理由は?

 

仮想通貨投資に慣れてきたら、ビットフライヤーやザイフで板取引にもチャレンジしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です