【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

仮想通貨取引所のスプレッドを比較|一番安く仮想通貨を買えるのはどの取引所?

ゴリわかくん

仮想通貨のスプレッドって、どの取引所が一番狭いのかウホォ…?
なるべく安く、仮想通貨を取引したいウホォ…!

ゴリ美ちゃん

こういった疑問にお答えしますね。

本記事を見れば、スプレッドが狭くて手数料が安い取引所について、バッチリと理解することが可能ですよ!

ざっくり言うと…
  • スプレッドというのは「購入価格」と「売却価格」の差額のことで、業者への実質の手数料。
  • 基本的には取引を行う度にスプレッドが必要になるので、短期トレードを行う場合はスプレッドが狭い方が有利。
  • 仮想通貨交換業者には「取引所」「販売所」の2つの形式が存在するが、一般的に「取引所」の方がスプレッドは狭く設定されている。
  • 取引所形式を用いているのは「Coincheck」「bitFlyer」「TAOTAO」など。
  • その中でも「Coincheck(コインチェック)」は、他の取引所と比較しても群を抜いて使いやすく、取引手数料無料&取り扱い通貨が国内最多!
  • 運営会社も上場企業なので安心!スプレッドを抑えて安全に取引したいなら、Coincheckは登録必須な取引所!

→Coincheckの公式サイトはこちら

\仮想通貨の取引手数料無料!/

Coincheckで無料口座開設!

そもそも「スプレッド」とは?

スプレッドとは

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のこと。

実質の業者への手数料。

少し難しいですよね。

スプレッドゴリラ

スプレッドという言葉は仮想通貨に限って用いられている言葉ではなく、FX(外国為替証拠金取引)にも用いられている言葉です。

仮想通貨の取引では、安く買って高く売ることが利益を得ることが考えられますよね。

この時のコインを購入するときと売る時の価格差のことをスプレッドと言います。

例えば、これはビットフライヤーの画像ですが、

ビットフライヤーのスプレッド

購入額:727,466

売却額:710,703

購入額と売却額の差額 = 16,763(2.3%)

このスプレッドが小さい方が、取引に有利ということができます。

スプレッドは小さいほうが有利

先ほども説明したように、スプレッドとは、ビットコインやアルトコインの「購入価格と売却価格の差」のこと。画像で見るとわかりやすいです。

購入価格と売却価格に2万円ほどの差がありますよね?

この条件下では、購入した瞬間にビットコイン1枚あたり2万円近い含み損が発生するわけです。

含み益に転ずるには、最低でも2万円の値上がりを待たなければいけません。

ということは、当然スプレッドは小さいほうが有利に投資できることになります。

スプレッドは一種の手数料と考えるといいでしょう。スプレッドについての詳しい解説は以下の記事をどうぞ。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?|取引所ごとに徹底比較!

スプレッドは取引所によって異なる

スプレットの広さは取引所によって大きく異なります。

実はこれがミソで、スプレッドのことを知らずに仮想通貨投資をしていると、思わぬ損をしている可能性があるんですね。

取引所ごとのスプレッドの広さは必ず把握しておきましょう。

仮想通貨取引所のスプレッド比較!どこが一番おトク?

おすすめの取引所

国内取引所を、スプレッドの狭さ毎に比較していきましょう。

ここで注意点ですが、スプレッドは固定ではなく、価格の何%という感じで変動します。

スプレッドが2万円!と書かれていても、それだけでは安いか高いかは判断できないので注意してくださいね。

スプレッドのブレ

 

同じ取引所でも、コインの種類によって設定されているスプレッドが異なるんです。

ある取引所でのスプレッドはイーサリアム(ETH)では0%だけど、リスク(LSK)は10%、みたいな感じですね。

そこで、次は取引所ごとにコイン別のスプレッドを解説していきます。ぜひチェックしておいてください。

Coincheck(コインチェック)

通貨名 スプレッド(%)
ビットコイン ほぼ0%
イーサリアム 約2%
リップル 約2%
ライトコイン 約2%
ビットコインキャッシュ 約2%
イーサリアムクラシック 約2%
ネム 約2%
モナコイン 約2%
ステラ 約2%

Coincheck(コインチェック)は、ビットコインのみ「取引所形式」を採用しています。

ビットコインの場合はスプレッドが狭いので、Coincheckで取引するのがとってもおトク。

ただし、アルトコインに関しては「販売所形式」での取引になりますので、スプレッドは若干広めに設定されています。

アルトコインに関しては短期売買を避け、なるべく中期・長期保有でトレードを行いましょう!

Coincheckはスプレッドだけでなく、ユーザーからの人気も非常に厚いです。

スマホアプリのDL数は既に「250万」を突破しており、初心者でもとっても使いやすい設計になっています。

スプレッドや手数料の安さだけでなく、「安全性」「使いやすさ」を総合的に考慮するなら、Coincheckは登録必須な取引所ですよ。

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーのロゴ

ビットフライヤーのコインごとのスプレッドは以下のようになっています。

通貨名スプレッド(%)
ビットコイン0%
イーサリアム0%
ビットコインキャッシュ0%
イーサリアムクラシック8%
ライトコイン8%
モナコイン 8%
リスク8%

ビットコインの他、イーサリアムやビットコインキャッシュに関しても、圧倒的に狭いスプレッドで取引を行うことが可能です!

また、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを買う場合も、必ず「bitFlyer Lightning」で買うようにしましょう。

「bitFlyer Lightning」でアルトコインの売買をした方が、スプレッドを抑えることが可能ですよ!

またbitFlyerは、上記からも分かる通り「仮想通貨取引量国内No.1」を誇っています!

流動性は抜群なので、どの取引所よりも取引が成立しやすいです。

もちろん、取引手数料・入金手数料なども無料。

シンプルに設計されていますので、初心者の方でもかんたんにトレードを行うことが可能ですよ!

→bitFlyerの公式サイトはこちら

bitFlyerで無料口座開設!

TAOTAO(タオタオ)

TAOTAOの取り扱い通貨と、スプレッド一覧は以下の通りです。

通貨名 スプレッド(%)
ビットコイン(BTC) 約1%
イーサリアム(ETH) 約1%
リップル(XRP) 約1%
ライトコイン(LTC) 約1%
ビットコインキャッシュ(BCH) 約1%

TAOTAOは、2019年5月にリリースされた新しい仮想通貨取引所。

超有名なあのヤフーグループからの出資を受けており、信頼性も十分に担保されています!

TAOTAOはキャンペーンを実施しており、現在でもスプレッドは「1%前後」と業界最小となっています。

それに加えて、なんと取引手数料や入金・出金手数料も全て無料に設定されているんです!

スプレッドだけでなく、手数料もほとんどかかりません。

期間限定で口座開設キャンペーンも実施しているので、登録必須な取引所ですよ!

→TAOTAOの公式サイトはこちら

TAOTAOで無料口座開設!

GMOコイン

GMOコインの取り扱いコイン一覧とスプレッドがこちら。

通貨名 スプレッド(%)
ビットコイン ほぼ0%
イーサリアム ほぼ0%
リップル ほぼ0%
ライトコイン ほぼ0%
ビットコインキャッシュ ほぼ0%
ネム ほぼ0%
ステラルーメン  ほぼ0%

販売所のGMOコインではスプレッドを回避する方法はないので、ビットコインやアルトコインの売買は避けたほうが無難でしょう。

※ 2019年12月更新

2019年12月、GMOコインは新たに「ネム」「ステラルーメン」の2つの通貨の取り扱いを開始しました。

7種類の通貨をトレードすることが可能になり、今注目が集まっています!

それに加え、GMOコインはほとんどの手数料が無料に設定されています。

取引手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
仮想通貨送付手数料 無料

GMOコインなら、手数料をほとんどかけずに仮想通貨のトレードが可能です。

親会社には東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を持っているため、安全性もしっかり担保されています。

スプレッドや各種手数料を抑えて仮想通貨を取引するなら、GMOコインは登録必須な取引所です。

\手数料が安すぎ!/

GMOコインで無料口座開設!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのロゴ

DMM Bitcoinは他の取引所と少し違い、レバレッジ取引(アルトコインFX)に力を入れている会社です。

取り扱いコインは7種類あるものの、現物売買できるのはビットコインとイーサリアム、リップルの3種類だけなことに注意してください。

通貨名スプレッド(%)
ビットコイン3%
イーサリアム10%

DMM Bitcoinは、他の取引所よりもスプレッドが広めに設定されています。

そもそもDMM Bitcoin「販売所形式」しか採用していませんので、当然ですね。

しかしながら、DMM Bitcoinは「レバレッジ取引」に特化していますので、仮想通貨FXを行う場合であれば登録は必須。

7種類もの通貨のレバレッジ取引に対応しているのは、DMM Bitcoinくらいですからね。

それに加えて、今なら「新規登録1,000円キャッシュバックキャンペーン」も実施中。

登録するだけで1,000円キャッシュバックを受けることができますので、今のうちの口座開設がおトクですよ。

→DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

\アルトコインFXが充実!/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

ビットバンク

ビットバンクのロゴ

ビットバンクのスプレッドはこんな感じです。

通貨名スプレッド(%)
ビットコイン0%
イーサリアム0%
ビットコインキャッシュ0%
ライトコイン0%
モナコイン 0%
リップル0%

取引量が多いので、全てのコインをほぼスプレッドなしで買えます。

ライトコインやモナコインは、ビットフライヤーではなくビットバンクで買うべきです。

ビットバンクは取引手数料が無料、かつスプレッドなしなので、国内取引所の中でもお得にコインを購入できる取引所です。

セキュリティにもしっかり力を入れていますし、個人的におすすめできる取引所ですね。

\スプレッドが極小!/

bitbank(ビットバンク)公式サイト

ザイフ

[zaif-alert]

ザイフのロゴ

ザイフのコイン別のスプレッドはこちら。

通貨名スプレッド(%)
ビットコイン5%
イーサリアム5%
ビットコインキャッシュ5%
ネム10%
モナコイン 10%

ネムを取り扱っているのはザイフのみです(国内取引所の場合)。

一つ注意する点として、ザイフにおいても「簡単売買」でなく、「取引」で買うようにしてください。

「簡単売買」で買うと5%近いスプレッドの餌食になります。

【最後に】取引所スプレッド比較まとめ

まとめると、ビットコインを狭いスプレッドで取引したいなら「Coincheck」が最もオススメ。

ただしアルトコインに関しては「販売所形式」を採用しているので、

アルトコインを狭いスプレッドで取引する場合は「bitFlyer」や「GMOコイン」を利用しましょう。

レバレッジ取引をメインで行いたい場合は、7種類の仮想通貨FXに対応している「DMM Bitcoin」にも登録は必須です!

複数の取引所への登録を行い、取引する通貨によって使い分けるようにしましょう!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

関連記事ウホ。

ゴリわかくん

スプレッドや手数料,使いやすさなどをひっくるめた上で全ての国内取引所を比較しました。
ゴリわかで一番オススメの記事です。

【厳選!】仮想通貨取引所ランキング|日本国内でのおすすめを比較!【2020年4月版】

最新版の仮想通貨取引所で開催されているキャンペーンを一覧でまとめています。
今なら無料でビットコインがもらえる取引所もあるので、チェック必須?

【2020年最新版】仮想通貨取引所のキャンペーン一覧|もらえる特典を徹底比較

スプレッドが国内最狭級のビットバンクの使い方をやさしく解説しています。
ビットバンクの注文方法はいっぱいあるので、パパッと覚えちゃいましょう。

ビットバンク(bitbank)の買い方・購入方法|成行・指値注文の上手い出し方を分かりやすく解説!