【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

リップル(XRP,ripple)の今後・将来性を予想!これから価格は上がる??

ゴリわかくん

去年は順調な価格の上昇が見られたリップルですが、2018年に入ってから大きく価格を下げてしまいました。

9月には一時30円を割ることも。

これからリップルはどのような値動きをしていくのでしょうか。

今回はリップルの将来性や今後の価格、動向について詳しく解説していきます!

ざっくり言うと…
  • リップルは国際送金に特化している通貨で、他の仮想通貨よりも安く、速く送金することができる
  • 世界の様々な金融機関との連携も増え、XRapidの実用化など、リップルの利用は着実に進んできている
  • 今後、リップルはさらに普及していくと見られ、それに伴いリップルの価格も上がると予想される
  • 長期的に見て、価格の安い今がリップルの買い時!
  • リップルを買うなら『GMOコイン』『BITPoint(ビットポイント)』『ビットバンク』からリップルを購入するのがおすすめ。
  • 中でもセキュリティが高くて手数料も無料の『GMOコイン』がおすすめ。

GMOコインの特徴GMOコイン公式サイトはこちら

\リップル買うなら!/

GMOコインの口座開設はこちら

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
GMOコインのロゴ
感動する使いやすさ!
アルトFXも完備!
日本のド定番取引所!
公式HP
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

リップル(XRP,ripple)とは

リップルってなに?

リップルとは通貨の決済、送金に特化したプロトコル(システム)のことです。

リップルを使うことによって国際送金や銀行間の送金をスムーズに行うことができるようにプロジェクトが進められています。

このシステムの中で使われる通貨のことをXRPと言います。

なので、本来は

  1. 「送金システム=リップル」
  2. 「独自通貨=XRP」

なのです。

ですが、一般的には通貨のことをさしてリップルということのほうが多いです。

今までの銀行間の送金では1日から3日ほど送金の時間がかかっていましたが、リップルを使うと数秒で送金することができるようになります。

さらに、送金手数料も今までとは桁違いに安く送金することができます。

リップルの用途

リップルは「リップル社」によって開発・運用が行われている通貨です。

多くのリップル(XRP)をリップル社が保有し、会社としての利益も求めながら開発が進められています。

現在、リップルで開発が進められているプロダクトは以下の通りです。

  1. xRapid
  2. xCurrent
  3. xVia
これらのプロダクトはRipple Net(国際送金サービス)を支えるためのプロダクトであり、それぞれの役割と特徴がありますので詳しく説明していきますね。

【リップルのプロダクト①】xRapid

xrapid

xRapidとは、送金業者や金融機関のために作られた送金コストの削減、迅速な送金を可能にするための製品です。

途上国や新興市場への送金の際、従来の方法だとコストが高く、時間もかかるといったデメリットが目立ちます。

しかし、 XRPの性質を用いることによってより早く、流動性コストを最小限にすることを可能にしたのです。

アメリカの大手クレジットカード会社American Express(アメリカン・エキスプレス/アメックス)が『xRapid』の採用を明らかにしているそうなので、これからの本格導入に向けて期待が高まりますね。

また、これはリップルの価格にも影響してくると思われます。

【リップルのプロダクト②】xCurrent

xcurrent

xCurrentとは、金融機関向けのソリューションです。

銀行や金融機関同士の送金の際により安全で低コストな送金を実現します。

xCurrentを用いることで、銀行間は送金前に取引内容を確認できます。

決済後も取引内容をすぐに確認でき、情報の可視化によって今までよりもより快適な国際送金が可能になります。

またxCurrentはILP(Inter ledger Protocol)をベースに開発されました。

すでに多くの金融機関が利用を公表しており、日本の三菱UFJ銀行もそのうちの一つです。

『RIpple Net』にはすでに多くの金融機関が加わっていますので、今後に期待ですね。

【リップルのプロダクト③】xVia

xvia

xViaとは、様々なネットワークを通じて送金を行いたい送金業者や金融機関へのスタンダードなインターフェイスを提供するものです。

xViaを用いると、請求書のような多様な情報を送金内容に添付でき、送金状況を随時確認することが可能です。

また、xViaのAPIはソフトウェアのインストールが不要で、ユーザーはグローバルでシームレスな送金を可能にします。

これらの3つのプロダクトは『Ripple Net』を支える3つの柱であり、今後の発展にも期待できますね。

リップル(XRP,ripple)とは?特徴、仕組みをわかりやすく解説!

リップル(XRP,ripple)の価格・チャート

リップルの価格・チャートの解説

リップルの現在の価格とこれまでの価格推移を見ていきましょう!

【2017年】リップルの価格は急上昇!

リップルの去年のチャート

上のリップルのチャートは2017年全体の価格推移を示しています。

年初は1円ほどの価格でしたが、年末には一時300円にまで迫りました。

特に、12月には30円前後の価格からひと月で約10倍まで爆上げしたのです。

12月で突如来たリップルの爆上げで、リップラーは大いに湧きました。

この上げを見てリップルを買い増したり、仮想通貨を始めたりした方も多いことと思います。

【2018年】年初からリップルの価格は暴落

リップルの今年のチャート

年が明けて数日はさらに高騰が続き、一時400円を超えてリップラーをはじめとする仮想通貨界隈はお祭り騒ぎでした。

しかし、すぐにリップルの暴落は始まってしまいます。

年始に400円をつけたリップルは1月の終わりには約100円まで下がりました。

その後もジリジリと価格を下げ、9月には一時30円を割ることもあり、今年だけで10分の1以下まで価格を下げたのです。

【2018年9月】リップル(XRP,ripple)の価格が大きく上昇!

リップルの高騰時のチャート

9月、リップルの価格が大きく上がりました。

9月前半は30円を割ることもありましたが、21日頃から大きく価格を上げ80円を上回りました。

一時は100%を超える上昇率を見せました。

驚くべきなのは仮想通貨全体はそこまでの上げがなく、他の仮想通貨は5%ほどの上昇に止まっていたのですが、リップルだけがこのような上げを形成したことです。

なぜこのよう上昇が起きたのでしょうか。

リップルが上がった理由
  • リップル主催のイベントSWELL2018が控えていること
  • リップルのプロダクト(xRapid) の商用化に関するニュースを1ヶ月以内に発表できるという発言

などがあげられるのではないでしょうか。

実用化が着実に進められている印象です。

リップルはいいニュースが続き、期待できそうですね!

【リアルタイム】リップルのチャート・価格

では今のリップルの価格はどうなのでしょう。以下はリアルタイムのリップルのチャートです。

リップルを買うなら取引手数料が無料のGMOコインがおすすめです!

\リップル買うなら!/

GMOコインに無料で登録する!

リップル(XRP,ripple)の価格はなぜ暴落したの?

では、なぜ今年はリップルがこんなにも価格を下げているのでしょうか。

考えられる原因を一つ一つみていきましょう。

coinmarketcap(コインマーケットキャップ)での韓国レートの規制

coinmarketcapのロゴ

年始の暴落はマーケットキャップという仮想通貨の価格などを掲載するアメリカのサイトで、韓国レートの規制が始まったことが原因だと言われています。

この影響で、1月8日から大きくリップルが下がり、約230円まで落ちました。

仮想通貨全体も下落したのですが、特にリップルが大きく影響を受けています。

理由としては一時的に大きな上げがあった直後なので短期売買目的で売る人が多かったことが上げられると思います。

Coinbase(コインベース)が上場の噂を否定

Coinbaseのロゴ

さらに、アメリカの大手仮想通貨を運営するCoinbaseがリップルの取引所への上場を否定したことでリップルは大きく下がりました。

もともと上場の期待が高まっていたこともあって、リップルの時価総額は17兆円から14兆になりました。

この影響でリップルの価格は約85円まで下がることになったのです。

【崩壊】リップル(XRP,ripple)の価格はどこまで下がるの?根拠を解説!

リップル(XRP,ripple)の価格は今後上がるの?

では、今後リップルの価格はあがるのでしょうか。

有権者のコメントを参考にして予想していきましょう。

リップルは今後、長期的に見れば大きく価格をあげる

リップルは数年単位で持つことができれば大きく利益を出せると言われています。

「秒速1億円男」との異名をもつ与沢翼さんも、リップルは「ホールドし続ける」か、「今このタイミングで買い増す」かの二択と下の動画で話しています。

仮想通貨は「3年から5年持てるなら大きく勝てる」と与沢さんも言っています。

短期目線での売買をする人がいなくなった今、実用的な利用が増えるにつれて長期的に価格も上がっていくでしょう。

去年のような爆上げは見られないかもしれませんが、今度は数年かけて着実に上がる上昇を期待できます。

リップルは1000円を超える!

「リップルは1000円を超える」とよく言われます。

その理由が以下のツイートで簡単にまとめられています。

リップルは技術的に発展し、本格的な実用化が現実になり始めています。

国際送金使われるようになりつつあり、SBIもリップルに注力しているのです。

世界の銀行で使われるようになると1000円どころでなく、数千円に上がってもおかしくありません。

SBIの北尾社長もリップルは年末1000円と予想しています。

リップルを買うならGMOコインがおすすめです!

\リップル買うなら!/

GMOコインに今すぐ登録する!

【根拠】リップル(XRP,ripple)が1000円になる可能性を徹底解説!!

チャートから予想するリップル(XRP,ripple)の今後

このように期待されているリップルですが、チャートはどうなのでしょうか。

チャート分析から今後を予想していきます!

長期のチャート分析

価格を下げていたリップルですが、9月に1/2のレジスタンスラインを抜け、高騰しました。

急激な高騰でしたが、同月に1/3のラインで反発され、戻ってきているところです。

もう少し直近のチャートの動きを見てましょう。

短期間のチャート分析

これは直近約1週間のチャートです。

一目均衡表を見たとき、直近に雲を抜けています。

チャートが雲の上にいると、一般的に価格が安定すると言われています。

雲を突き抜けて暴落するのは現状では考えにくいでしょう。

\リップル買うなら!/

GMOコインに今すぐ登録する!

リップル(XRP,ripple)の今後の将来性は?普及するの?

リップルの将来性はどうなのでしょうか。

具体的な実用化などの例も交えながら予想していきます。

リップルは銀行などの金融機関と提携をしている

「RippleNet」というリップル社が運用する金融機関ネットワークがあります。

通貨としてのリップル(XRP)の前に、国際送金などに使われるリップルのブロックチェーン技術の導入が金融機関で進められています。

導入している金融機関
  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • インド準備銀行
  • シンガポール金融管理局 など

イングランド銀行、タイ銀行、シンガポール金融管理局はその国の中央銀行です。

中央銀行が採用していることからも世界中で国をあげてリップルに注目・活用していることがわかりますね。

国際送金にリップルを使う流れは着実にきています。下のツイートはタイの中央銀行のものです。

日本でもリップルの技術の導入は進んできてますよ。

導入している日本の金融機関
  • みずほ銀行
  • 住信SBI銀行
  • 三菱UFJ銀行

このように発展していく中、リップル社も次のように述べています。

「我々は世界中にある40-50の中央銀行と共に仕事をしている」

今後もさらに実用的な利用は増えていくと思われます。

リップルはインドで普及する!?

インド

リップルをはじめとした仮想通貨はインドで普及すると言われることが多いです。

リップルがインドで普及する理由
  • 高い経済成長率&世界最大級の人口
  • 法定通貨の信頼性が低い
  • 優秀な技術者が多く存在する

インドは若い年齢層と、今後人口が世界一になるという予測からもリップル社はインドでの普及を目指しています。

また、インドでは偽札が多く出回るなど法定通貨への信頼性も低いです。

そのためリップルをはじめとした仮想通貨が広く使われるようになると予測されています。

このような背景があることに加え、インドには世界トップレベルの暗号通貨の技術者がいるので中国に変わってインドが暗号通貨市場を引っ張っていくかもしれませんね。

インドでリップルが広く使われるようになったらリップルも大きく価格をあげるでしょう。

リップルは投機性がなくなる?

リップルの実用化

リップルの用途を考えると、投機目的で個人がリップルを持っているメリットはあまりありません。

送金で使われる時など、リップルの価格が変動するのも良いことではないです。

個人間の取引がなくなっていくのでしょうか。

今後の動向に注目ですね。

\リップル買うなら!/

GMOコインに今すぐ登録する!

【徹底調査】リップル(XRP)の将来性は?2019年はどうなる?

リップル(XRP.ripple)の今後の価格予想!

ではここで著名人の価格予想を見てみましょう!

価格予想をしている主な人や機関
・SBI北尾氏
・NASDAQ(ナスダック)
・The Economy Forecast Agency

SBI北尾氏

SBI北尾氏

北尾氏はSBIの創設者です。年内に1XRP=10ドルになる可能性があるという発言をしています。

論理的にはアジアの国際送金でリップルが実用化されるだけで、1000円に到達すると言われてます。

実用化が進めばこの価格も実現可能です。

 

NASDAQ(ナスダック)

ナスダックの見解

NASDAQはアメリカの株式市場のことです。有名なので耳にしたことのある方も多いことでしょう。

NASDAQは数年で5ドルに到達すると予想しています。

これはかなり堅実な予想ですね。長期的に見たらリップルの価格高騰は堅いと言えるでしょう。

The Economy Forecast Agency

The Economy Forecast Agencyの見解

The Economy Forecast Agencyの価格予想

The Economy Forecast Agencyは仮想通貨の価格予想をするサイトの1つです。

今は0,45ドルくらいで、2020年くらいまで今と同じくらいの値段を推移すると考えられています。

そして、2021年頃から徐々に価格をあげ、2022年に1ドルに到達する予想です。

やはり長期で見たときに期待できるのがリップルですね。

\リップル買うなら!/

GMOコインに今すぐ登録する!

リップル(XRP,ripple)を買う時のおすすめ取引所!

今後、リップルの高騰が期待できると言えますね。

その時に備えてゴリわか編集部が厳選した取引所をご紹介しますね。

1位 GMOコイン

GMOコインのロゴ

リップルを購入するならGMOコインの解説は必須と言って良いでしょう。

GMOコインの特徴
  • 取引手数料が無料でお得
  • アプリがとても使いやすい
  • セキュリティが高く安心して取引できる

リップルを購入したい方は、GMOコインの登録は必須ですよ。

GMOコインは取引手数料など、各種手数料が無料でとてもお得に取引できます。

 

さらに、GMOコインは「ビットレ君」というアプリを出しており、使いやすいと注目されています。

スマホで気軽に操作できるので、パソコンに慣れていない方でも簡単に、いつでも取引できますよ。

 

【期間限定!】

GMOコインのキャンペーン
現在GMOコインは、「20,000 Satoshiがもらえる!ビットコインプレゼントキャンペーン」を開催中。

今なら口座開設するだけで、無料のビットコインが入金されます。

いつキャンペーンが終わるか決まっていないので、おはやめに!

\今すぐ無料登録!/

GMOコインのキャンペーンに参加する!

 

また、GMOコインを運営するGMOグループはFXの取引所を運営するなどもしており、金融系のセキュリティに非常に強いです。

ハッキングされる可能性は限りなく低いと言って良いでしょう。

GMOコインなら安心して取引できますね。

GMOコインの登録方法はこちらから

\リップルを買うなら!/

今すぐGMOコインに登録する!

2位 BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)本田圭佑

リップルを買うならビットポイントもおすすめできる取引所です。

ビットポイントの特徴
  • 取引手数料など各種手数料が無料
  • スプレッドが小さくてお得に取引できる
  • セキュリティが高くて安心

ビットポイントは少しマイナーな取引所ですが、今非常に注目されています。

Zaif、Coincheckがハッキングされ、bitFlyerが新規登録を停止している中、ビットポイントが主要な取引所として使われていく可能性もあります。

【2018年12月25日まで】

ビットポイントのクリスマスキャンペーン
現在BITPoint(ビットポイント)では、「ビットコインがもらえる!〜クリスマスキャンペーン〜」を開催中。

今なら登録&入金だけで3000円相当のビットコイン(BTC)をもらうことができますよ。

\今すぐ無料登録!/

BITPoint(ビットポイント)のキャンペーンに参加する!

手数料が無料でお得に使えるほか、セキュリティ対策もバッチリです。

リップルやビットコインをはじめ、6種類の仮想通貨を扱っているのでメインの取引所として使えますよ!

ビットポイントの登録方法はこちらから

\手数料がずっと無料!/

無料でビットポイントに登録する!

3位 bitbank(ビットバンク)

ビットバンクのロゴ

ビットバンクはリップル取引量が世界一の取引所です。

ビットバンクの特徴
  • リップル取引量No. 1
  • 取引手数料が無料(キャンペーン中)
  • スプレッドがほぼない

ビットバンクはリップルをお得に買える取引所です。

取引手数料が無料で、スプレッドもほぼないので実質ほとんど無料でリップルをはじめとした通貨を売買することができます。

多くの人に使われており、リップル取引量世界一になるなどとても信頼のおける取引所です。

ただ、手数料無料はキャンペーンとしてやっているので終わったら手数料がどうなるかは心配なところではあります。

ビットバンクの登録方法はこちらから

リップル(XRP,ripple)の今後まとめ

リップルのロゴ
リップルは今後非常に期待できる通貨です。

実用的な利用もすでに始まっていますし、ポジティブな目線を持つ人が多いです。

価格が下がった今が買い時と言えそうですよね。すでに前から持っている方も買い増しして良いのではないでしょうか。

長期目線ではかなり期待できる通貨だと思うので、目先の変動に惑わされず気長に待つのが良さそうです。

その時に備えて、GMOコインに登録しておくのをおすすめします!

\リップル買うなら!/

無料でGMOコインに登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です