【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

【根拠】リップル(XRP,ripple)が1000円になる可能性を徹底解説!!

リップル1000円到達

リップルの実用的な利用がますます進んできました。

本格的に既存の送金システムを変えようとしています。

そこで、その高い将来性からリップルは近い将来1000円に到達すると言われることが多いです。

ゴリわかくん

なんでリップルは1000円に到達するって言えるウホ?
リップル買った方いいウホ?

ゴリ美ちゃん

ということで、今回はリップルが1000円に到達する根拠と、リップルの価格予想をしていきます!

リップル(XRP,ripple)は将来1000円に到達する!?

リップルは将来1000円なると言われることが多くあります。

その根拠を順序立てて見ていきましょう。

リップルは国際送金に使われる

まず、リップルは国際送金に使われる通貨です。

今までの国際送金はいくつもの銀行を経由して送るものでした。

この方法だと、送金するだけで2000円~6000円の手数料と、1~3日の時間がかかります。

送金だけでこんなに手数料と時間がかかってしまうのは不便ですよね。

既存の送金方法

これを解決するためにリップルが中間に入って送金を手助けします。

日本円→リップル→ドル といった具合ですね。

このようにリップルを挟むことで、ほとんど手数料をかけずに、数秒で送金することができるようになるのです。

以下のツイートがリップルについてわかりやすく説明していますよ。

このように、長年続いてきた送金システムを根本から変えうる点で、リップルは非常に革新的な通貨なのです。

リップルはすでに実用的な利用が進んでいる

そして、リップルはすでに国際送金での実用的な利用が進んでいます。

この点がリップルの将来性が高く、価格の上昇が期待できる理由です。

例えば、中央銀行をはじめとする世界中の銀行と提携を始めています。

リップルと提携している主な金融機関
  • イングランド銀行
  • タイ銀行
  • シンガポール金融管理局

いずれもその国の中央銀行です。

世界の色んな国がリップルに注目し、期待していることがわかると思います。

リップル社も今年の4月には以下のように発言をしています。

「我々は世界中の40~50の銀行と共に仕事をしている」

また、先日はリップルの製品の1つであるxRapidの商用化に関する発表もでました。

確実に実用化に向けて動きだしていることが伺えます。

リップルが1000円に到達する根拠

リップルは1000円になる

実用化がますます進み、将来性が高いことはわかったと思いますが、なぜ1000円になるという予想なのでしょうか。

その根拠を論理的に見ていきましょう。

リップルはアジアからサービスの展開を始めています。

アジアの送金市場の規模は約5000億ドルです。

そして、リップルの発行枚数は1000億枚ですが、2018年12月で430億枚がロックアップされています。

なので、流通しているリップルの枚数は570億枚です。

アジアの送金市場でリップルが使われるとして計算しましょう。

リップルが1000円になる根拠

アジアでリップルが利用されるだけで1XRPの価格は約1000円になります。

 

そして、現在の国際送金市場全体の取引量は620兆円と言われており、単純計算で全ての送金をリップルを賄うとすると、以下のように試算することができます。

リップルが6200円になる理由

今の国際送金の全てがリップルに置き換わるとすると1XRP=6200円まで上がると計算で出るのです。

このことを踏まえると、1XRP=1000円はいかないと国際送金が成り立たないのではないでしょうか。

よって、かなり高い可能性で1000円になるでしょう。

もちろん、数千円になる可能性も十分にありますよ。

リップルを購入するならビットポイントがおすすめですよ!リップルのレバレッジ取引にも対応しています♪

また、取引手数料が他の取引所は数%かかるのに対してビットポイントなら無料ですのでお得に取引できますね!

無料でビットポイントに登録する!

リップル(XRP,ripple)の価格予想!1000円の可能性は?

様々な有名人や企業がリップルの価格予想をしています。

リップルの価格予想
  • SBI北尾氏・・・年内10ドル
  • NASDAQ(ナスダック)・・・数年で5ドル

SBI北尾氏は年末に10ドルまで上がる可能性があると予想しています。

その理由は以下のツイートで詳しく説明されています。

実用的な利用がかなり現実的になってきたことを踏まえてのこの予想なのでしょう。

論理的に見てもこの価格は全くおかしくないですし、現実的にあり得ます。

ただ、リップルが国際送金にますます使われていくことが条件です。

NASDAQ

アメリカの市場として有名なNASDAQは数年で5ドル到達という見方をしています。

かなり堅実な予想ではないでしょうか。

実用化に伴って少しずつ価格も上がって行くと考えているようですね。

 

また、十数億をリップルに投資していることで知られる与沢翼氏も「リップルは持ち続けるか」「今買い増すか」というような発言をしています。

以下の動画で詳しく解説しています。

本当にためになるのでぜひご覧になるのをおすすめしますよ。


さらにリップルの今後の予想について知りたい方はこちらの記事をご一読ください!

リップル(XRP,ripple)の今後・将来性を予想!これから価格は上がる??

リップル(XRP,ripple)を購入するならBITPoint(ビットポイント)!

ビットポイントのホームページ

リップルの購入を考えているならまずはビットポイントに登録しましょう。

ビットポイントの特徴
  • 入金、出金、送金、取引手数料などほとんどの手数料が無料で超お得
  • 登録&入金だけで3000円分のビットコインがもらえる!
  • セキュリティが高く、安心して取引ができる!

ビットポイントはほとんどの手数料が無料で、とてもお得に取引することができます。

取引するたびにかかる取引手数料も無料なので、他のどこの取引所よりも安いんです!

【2019年3月29日まで】


現在BITPoint(ビットポイント)では、「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を開催中。

今なら登録&入金だけで最大10,000円相当のリップル(XRP)をもらうことができますよ。

\今すぐ無料登録!/

BITPoint(ビットポイント)のキャンペーンに参加する!

▼ビットポイントの登録方法をわかりやすく解説しています!▼
ビットポイント(BITPoint)の登録方法/本人確認審査を画像で解説!|口座開設にかかる日数や時間は?

また、ビットポイントはセキュリティも非常に高いことでも注目されています。

コインチェックなど、仮想通貨取引所はハッキングのリスクが少なからずあるので、取引所のセキュリティ対策はすごく大事です。

ビットポイントのセキュリティ

ビットポイントは金融機関に求められるレベルの 「A」のランクを取得しました。

客観的な指標でセキュリティレベルを可視化している取引所はほとんどないので、安心して取引することができますよね。

ビットポイントの登録方法はこちらから

\今ならキャンペーン中!/

ビットポイントに登録して3000円ゲットする!

さらにリップルの購入方法について知りたいかたはこちらの記事をお読みください!

リップル(XRP)の買い方/購入方法を完全ガイド|安く買うにはどの取引所が良いの?

リップル(XRP,ripple)1000円まとめ

XRPのロゴ
リップルは実用的な利用が着実に進みつつあります。

国際送金に使われていくにつれて必然的にリップルの価格も上がっていくと考えられ、アジアで使われていけば年内1000円が適正価格です。

また、年内は行かなかったとしても、長期的に見たら高い確率で1000円に到達するでしょう。

今なら1XRP=約50円なので、20倍もの利益ですよね。

リップルを買うなら「今」しかないですよ!

価格が上がる前に買っておきましょう。

安くリップルを買うなら取引手数料無料のビットポイントがおすすめ!

\手数料がずっと無料!/

無料でビットポイントに登録する!