【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

NEO 超絶使えるdApps3選!NEO開発者にインタビュー

NEOのdApps紹介

NEO(ネオ)は2016年10月から発行を開始した中国版イーサリアムとも言われるプラットフォーム型通貨です。

イーサリアムと違い、ネオは汎用的な言語でdAppsを開発できるため、今後の普及が期待されています。

今回はネオのdAppsの中でも代表的なものをピックアップしてご紹介します。

人気ウォレット「O3」の開発者のインタビューもあるのでぜひ参考にしてください。

またネオ(NEO)プロジェクトの日本支部統括をされている葉山ミキさんのインタビューはこちら。

NEOジャパン葉山氏インタビュー記事

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
GMOコインのロゴ
感動する使いやすさ!
アルトFXも完備!
日本のド定番取引所!
公式HP
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

NEOのウォレットアプリ「O3」

O3のロゴ

NEOに対応しているウォレットアプリの中でも使いやすいのがこの「O3(オースリー)」。

直感的でシンプルな操作性必要十分な機能性は人気の理由の一つ。

またサポートも日本語対応しているので、困った時も安心と言えます。

O3のウォレットの様子

「O3」の特色としてあげられるのが、「Marketplace」を通じてNEOベースの新しいコインを見ることができる点。

人気ウォレットのO3を通じて簡単にトークンセールに参加できるので、プロジェクトも成功しやすくなるのではないでしょうか。

日本語版ダウンロード(無料)はこちらから。

iOS版のダウンロードはこちら

Android版のダウンロードはこちら

「O3」の開発者へミニインタビュー

dAppsのプレゼンを聞いている様子

dAppsのプレゼンを聞いている様子

今回はNEOの日本開発拠点である有明へお邪魔させていただき、
O3でマーケティングを担当されているArco Oliemans(以下アルコ)さんのお話を伺うことができました。

今日はよろしくお願いいたします。
早速ですが、O3のユーザーはどれぐらいいるのでしょうか?

ゴリわかくん

アルコさん

よろしくお願いします。
詳しい数字は言えないのですが、数万ユーザーいると言ってよいでしょう。
ユーザー数は順調に増え続けていて、今年は週次10%の成長率を切っていません。
週次成長率が10%は本当にすごいです。
ちなみにO3の収益はどれぐらいあげられているのでしょうか。

ゴリわかくん

アルコさん

今はノンプロフィットでやっています。
これからはウォレット内でトークンセールを展開し、ICO側からのフィーをもらうマネタイズを検討しています。
どんどんユーザーが増えていきますね。
最後にこれからのO3の展望を聞かせてください!

ゴリわかくん

アルコさん

O3では多機能ウォレットを目指していて、例えば分散型取引所の機能を乗せるなどを検討しています。
ただなるべくユーザーから手数料を取りたくないので、そこは考えたいと思います。
ウォレットとしての使い勝手は十分良いので、ぜひNEOを購入した時は使ってみてください!

音楽系プラットフォーム「Imusify」

Imusifyの画面

Imusify(イミューシファイ)」は音楽コミュニケーションプラットフォームです。

まずは紹介動画がありますのでどうぞ。


簡単に言うと、いい音楽を作ればトークンがもらえるプラットフォームで、

現在既に80曲近くの音楽がアップロードされています。

同じようなサービスに「Spotify」というのがありますが、
相違点としてコンテンツをキュレートしている主体が人という点です。

「Spotify」はAIが音楽をキュレートしていますが、
「Imusify」は人が好きな曲をまとめることにより、コミュニケーションが生まれプラットフォームが活性化します。

Imusifyの画面

また「Imusify」が構想しているクラウドファンディングスマートコントラクトを使えば、
アーティストは曲を作る前にお金をもらうことができ、その集めたお金で曲制作をすることができます。

さらにアーティスト側のメリットとして、曲を発行する際、タグやシングル/アルバムなどの販売形態を幅広く選択することができるため、従来より柔軟に販売行為を行うことができます。

またユーザー側のメリットとして、好きなアーティストを支援する場が整っているので、
正当に評価、支援することができると言えるでしょう。

今プレセール開始間近なので、参加する方はお早めに!

Imusify(イミューシファイ)公式サイト

NEOベースのDEX「Switcheo」

Switcheoの取引画面

Switcheo(スイッチオ)」は今注目を集める分散型取引所(DEX)です。

取引所のトークンはネオベースの「SWTH」。

既存の仮想通貨取引所では解決できないセキュリティの問題や中央集権性など、

DEXでは全て解決してしまうため注目されています。

Switcheoの紹介動画はこちら。


NEOを基軸とした初めてのDEXで、既に20種類のトークンに対応

気になる方はのぞいてみては?

Switcheo(スイッチオ)公式サイト

まとめ

NEOのdApps開発チーム

dAppsチームの方々

NEOベースで開発しているdAppsの中でも注目されているものをご紹介しました。

トークンの規格である「NEP-5は、開発の容易さから今後のdApps開発の主流を担っていくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です