【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法完全ガイド|おすすめ取引所・販売所も!

こんにちはー。モナコインはどこで買えるのか、どこで買うのがベストなのかについて解説するよ。

ゴリわかくん

モナコインとゴリラのロゴ

国内産の仮想通貨で、日本人に特に人気のある「モナコイン」。

ちょっと買ってみたい!という人も多いはずです。

幸い、モナコインは1,000円くらいから購入できるので、仮想通貨入門にピッタリですよ。

モナコインを購入するには、まず「仮想通貨取引所」で口座開設する必要があります。

仮想通貨取引所ってなに? というところから丁寧に解説していくので、ぜひ参考にしてモナコインを買ってみてくださいね!

ざっくり言うと…
  • モナコイン(MONA)は日本発祥の通貨で、世界で初めて「segwit」を導入した仮想通貨として知られている。
  • モナコインは決済通貨として普及し、さらにライブ配信サービス「ツイキャス」でも使用され、たくさんの需要が存在している。
  • モナコインを取り扱っている国内取引所は、「Coincheck」「フィスコ」「bitbank」などが挙げられる。
  • 中でも、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていて、手数料無料かつ取り扱い通貨最多の「Coincheck(コインチェック)」が最もオススメ!
  • スマホアプリの使いやすさが群を抜いて優れており、ダウンロード数は累計「200万」を突破!初心者でも簡単にモナコインを買える!
  • キャンペーン中の今無料口座開設すれば、最大20,000円キャッシュバックを受けることが可能なので、登録するなら今がチャンス!

 

Coincheck(コインチェック)の公式サイトをチェック

 

\モナコイン買うなら!/

Coincheckで無料口座開設!

 

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法は3通り

モナコイン(MONA)は仮想通貨取引所で購入することができます。

仮想通貨取引所とは

ビットコインやモナコインといった「仮想通貨」を購入、売却できる場所。

取引所の利用にはアカウント登録(=口座開設)が必要になります。

ただ、全てネットで手続きできるうえ、登録だけなら無料なので、サクッと登録してしまいましょう。どこに登録すべきかは後述しますね。

販売所や積立より取引所

仮想通貨取引所でのモナコインの購入方法は3通りあり、自分の投資スタイルによって使い分けられます。1番おすすめは取引所での購入です。

  • 販売所形式でモナコインを購入する
  • 取引所形式(板注文)でモナコインを購入する
  • 積立サービスで毎月コツコツ積み立てる

それぞれ簡単に解説しますね。

 

販売所形式でモナコイン(MONA)を購入する

はっきり言ってしまいますが、販売所形式はあまりオススメしません。

仮想通貨取引所の中には、販売所形式と取引所形式を併設している場合があります(ビットフライヤーやコインチェックなど)。

販売所形式は、たしかにボタン一つで簡単に仮想通貨が購入できて便利なのですが、難点が一点。

購入時にスプレッドを取られてしまうことです。

スプレッドとは

別名「見えない手数料」と呼ばれる買値と売値の差額。販売所形式だとこの差額が取引所の収入になる。

ユーザーと取引する取引所形式と違い、販売所形式はあまりにも高いスプレッドを取られるので注意ですよ!

取引所形式(板注文)でモナコイン(MONA)を購入する

 

今すぐモナコインを買いたい!という人は、板取引を利用してモナコインを購入しましょう。

板取引とは、ユーザー同士が「買い板」や「売り板」を利用して取引すること。

取引所は、ユーザー同士のトレードの場所を用意しています。イメージとしてはこんな感じです。

板取引のイメージ図

 

そして買い板や売り板はこういったもの。

「ここの価格で売りたい! 買いたい!」という予約注文が並んでいる板だと考えてください。

買い板と売り板表示画面

 

買いたい人と、売りたい人の価格が折り合えば取引が成立。売り手から買い手にモナコインが移動します。

慣れるまで少し戸惑うかもしれませんが、仮想通貨投資をするなら板注文はできるようになっておいたほうがお得なので、ぜひ使い方を覚えましょう。詳しい使い方は後述しますね。

ここからは板注文を使ってモナコインを購入する手順について、詳しく解説していくよ

ゴリわかくん

\モナコイン買うなら!/

Coincheckで無料口座開設!

 

積立サービスでモナコイン(MONA)を毎月コツコツ積み立てる

 

※ ザイフは新規登録停止中

ザイフの独自サービス、「コイン積立」を利用すれば低リスクでモナコイン投資を始められます。

毎月、投資したい金額を設定しておけば、日割りにして自動的にモナコインを購入してくれるので、手間がかからないのが大きなメリット。

日割りで購入することで、高値のときに大量に買ってしまうリスクもほぼゼロにでき、低リスクでモナコインへの投資が可能です。

ドルコスト平均法の図説

 

また、「いつ投資するか?」という投資の最大の悩みを排除できるため、投資に関する知識がなくても問題ありません。貯金感覚で投資をスタートできるので、投資初心者にはおすすめのサービスですよ。

自分も利用していて、儲かったかどうかを以下の記事にまとめています。ぜひ読んでみてくださいね。

 

モナコイン(MONA)を購入できる!取引所ランキング

モナコインおすすめ取引所ランキング

取引所は国内だけでも10社以上ありますが、モナコインを買える代表的な取引所をランキング形式で紹介してきます!

1位 Coincheck(コインチェック)

コインチェックでは、2019年6月からモナコインの取り扱いがスタートしています。

東証一部上場企業「マネックスグループ」を後ろ盾に持っており、2019年1月には金融庁から正式に認可を受けています!

コインチェックならモナコイン(MONA)を手数料無料で購入することが可能ですよ!

取り扱い通貨一覧

Coincheckの取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ファクトム(FCT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント

コインチェックは手数料無料なので、モナコインを手数料を支払わずに購入することができます。

マネックスグループの支持も得たことでセキュリティも強化され、安心してモナコインを取引・保有することが可能になりました。

これからモナコインを購入したい方は、間違いなく手数料無料で使いやすい「Coincheck(コインチェック )」を利用するのがオススメです!

Coincheck(コインチェック)の公式サイトをチェック

\モナコイン買うなら!/

Coincheckで無料口座開設!

2位 FISCO(フィスコ)

モナコインを買うならフィスコもおすすめだよ

ゴリわかくん

フィスコのロゴ

ビットフライヤーは手数料は無料ですが、販売所のため高いスプレッドが取られます。

ザイフはアカウント登録から実際に使えるようになるまでの期間が長いのがネック(2週間ほど)。

できるだけ早くモナコインを買いたい!という人は、FISCO(フィスコ)を利用しましょう!

取り扱い通貨一覧

通貨名 販売所 取引所
ビットコイン(BTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH) ×
フィスココイン(FSCC) ×
カイカコイン(CICC) ×
ネクスコイン(NCXC) ×

フィスコは独自コインも取引所形式で取引できるようですね。

FISCOのおすすめポイント

zaifを傘下に収めたことで、話題性もあり今後ユーザーが増える見込みが十分にあります!

また、FISCO独自コインの取引をしたいという方は間違いなく口座開設をすることをおすすめします。

通貨売却時にかかる手数料はFISCOは無料ですのでお得にお取引ができますよ!

\モナコイン買うなら!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

モナコインを取り扱う取引所の比較した記事はこちら。

【最新版】モナコイン(MONA)の取引所を徹底比較|おすすめランキング3選!

2位 bitbank(ビットバンク)

bitbankのロゴ

第2位は、ビットバンクです!

セキュリティにも定評があり、コールドウォレットを採用しているので安心ですね。

また、ビットバンクでは全ての取り扱い通貨を取引所形式で購入可能です。

初心者にもわかりやすいチャートも人気の秘密です。

取り扱い通貨一覧

通貨名 現物 レバレッジ
ビットコイン(BTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)

ビットバンクは、主要通貨をかなり網羅しているのではないでしょうか?

登録しておくととても便利ですね!

ビットバンクのおすすめポイント

ズバリ!初心者の方は、bitbankがおすすめです♪

チャートもシンプルで見易く、感覚的にトレードができるので人気を集めています。

これまでに大きな仮想通貨流出やハッキングなども起こってないので、セキュリティ体制もしっかりしていることが伺えます。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

▼ビットバンク(bitbank)の手数料をわかりやすく解説!▼

ビットバンク(bitbank.cc)の手数料を徹底比較!お得な取引所はどこ?キャンペーン2019年1月まで実施中。

3位 bitflyer (ビットフライヤー)

bitflyerのロゴ

第3位は、ビットフライヤーです。

日本では、CMなども放映され抜群の知名度を誇っていますね。

ビットフライヤーは非常に凡用性が高く、販売所形式からBTCFXまで幅広く取引できます。

知名度が高いということもあり、登録しているユーザーが多く取引量も安定しているため安心して使える取引所でしょう。

しかし、2019年1月現在も業務改善命令を受けビットフライヤーは新規口座開設を停止している状態です。

2018年6月22日以前に登録を完了させていたユーザーは、問題なく取引が可能です。

再開すると口座開設者数が増えると予想されますが、今後に注目ですね。

フィスコ(FISCO)でのモナコインの購入手順

それではモナコインの購入手順を、キャプチャを交えて具体的に解説していきます。

①フィスコ(FISCO)にアカウント登録する

FISCOのロゴ

フィスコでモナコインを買うにはアカウント登録が必要です。

登録だけなら無料、必要なものも免許証やパスポートなどの本人確認書類だけなので、サクッと登録してしまいましょう。

Fisco(フィスコ)の登録方法を解説

\モナコイン買うなら!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

 

②フィスコ(FISCO)に日本円を入金する

 

アカウントが承認されたら、さっそく日本円を入金しましょう。入金方法は以下の3通り。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ペイジー入金

 

おすすめはペイジー入金。365日24時間、ネット上で全ての手続きができるうえ、結果反映もすぐです。ただ、入金後1週間は出金できないので注意してください。また、手数料が486円(3万円以上の入金は594円)かかります。

入金手順は以下のキャプチャを参考にどうぞ。

フィスコの入金画面

 

③モナコイン(MONA)の取引画面へ移動

 

作成したアカウントでログインしたら、下のキャプチャのように上部メニューバーから「取引」→「MONA/JPY」を選択します。

取引画面でモナコインの通貨を選択画面

 

画面の左上に「チャート」、右に「注文フォーム」、そして下に「注文板」が並んでいるはずです。

フィスコの取引全体画面

注文の出し方には「指値注文」と「成行注文」の2つがあります。

指値注文は、ある一定の価格になったら買う or 売るよーと予約注文を出すこと。成行注文は、買い板、売り板に並んでいる価格で今すぐ買う or 売るという注文になります。

 

今回は指値注文を使ってみましょう。注文は画面右側にあるフォームから出すことができます。

キャプチャのように、希望金額を入力し、買いたい枚数も入力します。そして「買い注文」をクリックすれば注文完了。買い板に自分の注文が並びます。

フィスコの取引画面詳細

 

あとは、モナコインの価格が変動して、自分の希望価格まで落ちてきたら自動的に取引が成立します。

現時点で売り板に並んでいる価格で注文を出すと、取引が即成立しちゃうので注意してくださいね。

今すぐ買いたい!という場合なら、既に売り板に並んでいる価格で注文を出すのもアリです。

また、注文は取り消すこともできます。間違って注文を出してしまっても安心です。

実際にやってみると思ったより簡単だったかも!

ゴリわかくん

フィスコのモナコイン入金/出金のやり方はこちらを参考にしてください。

FISCO(フィスコ)でのモナコイン(MONA)の購入/入出金方法を徹底解説!

モナコイン(MONA)購入時の注意点

モナコインをはじめて購入する際に、気をつけるべき点をまとめました。

高値づかみしない

一番気をつけるべきなのは暴騰時に買わないことだよ!

ゴリわかくん

 

投資は「安いときに買い、高いときに売る」のが基本です。もし、高いときに買ってしまうと、大きな損が出る可能性が高くなります。高値掴みを避けるために、明らかに価格が暴騰しているときは購入を避けましょう。

チャートを見れば値動きがよくわかりますよ。

価格チャート

幸い、仮想通貨市場はとんでもないスピードで成長しているので、多少高いところで購入してしまっても数ヵ月後に取り戻せる可能性が高いです。

それでも多額の含み損が出ている状態は精神的によくありませんし、せっかくの利益が少なくなってしまいます。

暴騰時以外ならどのタイミングで買ってもOKなので、「異常に値上がりしているときは手を出さない」を徹底しましょう。

注文がすぐに消化されない可能性がある

モナコインは取引量があまり多くないから、大量の買い注文や売り注文はすぐに消化されないことがあるよ

ゴリわかくん

当たり前ですが、板取引では取引してくれる相手がいないと注文は成立しません。

モナコインは普段の取引量があまり多くないので、20万円を超えるような注文はすぐには消化されない可能性があります。

取引が成立しない場合は、何回かに分けて注文を出す必要があるでしょう。

モナコイン(MONA)の今後・将来性

モナコインの今後

純国産のモナコインは、もともと技術力の高い通貨として知られています。

送金処理能力を向上させる「Segwit」や、仲介者不要で通貨同士の交換ができる「アトミックスワップ」などを、

他の通貨より先んじて搭載が成功しているコインです。

 

また、モナコインは海外取引所に上場すると価格が上がる傾向にあるので、

大手取引所が取り扱うニュースが流れるたびに、値動きを追っていったほうがいいでしょう。

詳しいモナコインの今後や将来性についてはこちらで解説しました。

【もう終了?】モナコイン(MONA)の今後・将来性を予想【2019年最新】

モナコイン(MONA)が使える場所

モナコイン 使える場所

日本は、モナコインを使ったwebサービスやモナ払いOKのお店があるなど、モナコインの用途が多い国でもあります。

モナバーはモナコイン決済OKなお店の一つです。

モナゾンロゴ

他にも、モナゾンというWEBサイトはモナコインが使えるお店を簡単に検索できるのでとても便利ですよ。

保有しているだけではなく、どんどんモナコインを使ってみましょう!

他にも、大手動画配信サービス「ツイキャス」内トークンのがモナコインで購入可能になるなど、

日々、モナコインの需要が増えつつあると言えるでしょう。

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法まとめ

フィスコがおすすめ

まとめるとこんな感じになります。

  • 手数料が低い取引所形式で購入しよう!
  • モナコイン買うなら圧倒的にCoincheckがオススメ!
  • 暴騰時の大量買いに注意!

モナコインはまだまだ知名度が低く、時価総額も30位台と、伸びしろが十分にあるコインです。

時価総額

コインの発行枚数に1枚あたりの価格をかけたもの。たとえば発行枚数が100枚で、価格が100円なら時価総額は10,000円となる。

将来的にも大きな価格上昇が期待できるので、今のうちに買っておけば、数ヵ月、数年後にはモナコイン が何倍にもなっているかもしれません。

将来性があると思ったら、取引手数料無料なCoincheck(コインチェック)で少額からモナコインを買ってみるのをオススメします。

\モナコイン買うなら!/

Coincheck(コインチェック)で無料口座開設!