【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

LiveEdu ICO |ICO成功済みの教育系トークンエコノミーで授業の提供と視聴が可能!

 

 

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

LiveEduとは

LiveEduは、将来的なテクノロジーにおける人々の技術、知識を向上させるための、分散型Peer to Peer(ピアトゥピア)プロジェクト学習ネットワークです。大学生などの基礎的な知識を身につけている人を対象に、オンライン学習のためのYouTubeのようなものの構築を目指しています。
AmazonとY-combinatorの出身者で構成されているためある程度信頼性もあると考えられています。さらに、自己学習型eラーニングは2016年現在世界で466億ドルの収益を生み出しており、LiveEduは世界で最も大規模な学習ネットワークのプロジェクトとなるかもしれません。EDUトークンを発行して、中国、ヨーロッパ、ブラジルなど、グローバルに発展を続けています。

LiveEdu公式サイト

このように様々な種類の動画がアップされています。

LiveEdu公式サイト

LiveEduの仕組み、メリット

LIveEduは動画の制作を直接には行いませんが、EDUトークンを発行して経済圏をつくり、動画提供者と視聴者をつなげるためのプラットフォームの提供をしています。動画提供者はupした動画が視聴されるたびに報酬が入ってくる仕組みで、視聴者は、サブスクリプションの支払い、プロジェクトファイルのダウンロード、メッセージの送信、プロジェクトへの投票、プロジェクト要求の送信、カスタムプロジェクトのリクエスト、個人的なQ&Aの送信にトークンを使用します。このようにして本当に質の高い動画を見たい視聴者と提供者をマッチングさせます。

EDUトークンの購入

EDUトークンのICOは1月15日に始まり2月10日に終わってしまいましたが、5月時点でもう既にサイトが機能していてプロジェクトの進行も速そうな様子です。このプロジェクトに共感した方、利用したいと思った方はぜひコインを購入してみてはいかがでしょうか!最低10$から、5$ずつの購入となります。サービスの利用にフィアット(法定通貨)は使えないので注意してください。

まとめ

ありそうでなかった、教育系のトークンエコノミーのプロジェクトです。提供者、利用者共にメリットがあり、今後も発展する余地のある面白いプロジェクトです。公式サイトはこちらから!

LiveEdu公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です