【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

【最新版】Facebookが開発するLibra(リブラ)の買い方・購入方法を徹底解説!

ゴリわかくん

最近話題のリブラってどんな仮想通貨なのかウホ?
リブラの簡単な買い方について知りたウホォぉぉ!

ゴリ美ちゃん

今回は最近話題になっている「仮想通貨リブラ(Libra)」の特徴から、買い方までおさらいしていきます。

リブラはFaceBook(フェイスブック)が開発している仮想通貨で、2020年までには仮想通貨取引所への上場を予定しています!

他の仮想通貨よりも話題になっている理由は、リブラ(Libra)の性能が大きく関係しています。

厳密に言うと、リブラ(Libra)は他の仮想通貨よりも優れている点がたくさんあるので、本格的に世界レベルで普及する可能性があります。

価格が上がる前にリブラを入手しておけば、大きく儲かる可能性も十分に考えられますよ…!

ざっくりいうと…
  • リブラ(Libra)は、Facebookが開発を進めている仮想通貨。
  • 従来の仮想通貨とは異なり、法定通貨(ドルや円など)による価値の裏付けがあり、信頼性大きい。
  • リブラ(Libra)はまだ取引所に上場されてなく(2020年上場予定)、上場するタイミングでリブラを購入できれば、大きく儲かる可能性が高い。
  • リブラ(Libra)はまず、上場審査が国内よりも簡単な「海外取引所」に上場する可能性が高い。
  • 海外には日本円を直接入金できないので、国内からビットコイン(BTC)を送金する必要がある。
  • 送金手数料が高い取引所を使ってしまうと、リブラを買う前に資産が大きく目減りする可能性も…
  • 海外でリブラを購入予定の方は、送金手数料が無料な「DMM Bitcoin」を使うのが得策。キャンペーン中の今なら1,000円キャッシュバックを受けることができる!

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

DMM Bitcoinで無料口座開設!

▼DMM Bitcoinの簡単な登録方法はコチラ!▼
【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)を徹底解説!【2019年11月最新】

リブラ(Libra)ってどんな仮想通貨?特徴をおさらい!

通貨名称(略称) リブラ(Libra)
発行母体 Facobook(フェイスブック)
コンセンサスアルゴリズム LibraBFT
発行上限 なし

ゴリわかくん

リブラってどんな通貨ウホ?普通の仮想通貨とは違うウホ?

今注目されている仮想通貨「リブラ(Libra)」は、Facebook社によって開発・発行が行われています。

Libraが掲げている目標
  • 世界共通のお金を目指す

円やドルなどの法定通貨は、その国によって価値が裏付けらている反面、発行されている国内でしか使用することができず、海外に行く場合は両替を行う必要があります。

それに対してリブラは、国による制約がないので、世界共通でどの国にいたとしても使用することが可能です。

それなら、ビットコインとかと同じようなものじゃん!」と思う方もいらっしゃるかと思います。

確かにリブラも他の仮想通貨と類似している点はありますが、リブラは他の仮想通貨と比較すると、価格変動が小さくなるような仕組みが施されています。

ビットコインなどの仮想通貨は「投機性」が高いですが、リブラ(Libra)に関しては実用性がかなり高く、短期間でも世の中に普及する可能性が高いと考えられます!

他の仮想通貨と比較した時のリブラ(Libra)の特徴について、おさらいしていきましょう。

▼Libraのさらに詳しい特徴はコチラ!▼
Libra(リブラ)とは?Facebookが開発した仮想通貨の仕組みを徹底解説!【2019年最新】

リブラの特徴① ボラティリティ(価格変動幅)が安定している

先述した通り、リブラ(Libra)は他の仮想通貨と比較するとボラティリティが小さく、値動きが非常に安定しています。

ビットコインなどの他の仮想通貨は、発行母体がない上に、価値の裏付けが全くありません。

価格変動も激しいので、通貨として資産を管理するというよりかは、投機対象(お金儲け目的)として見られる場合がほとんどです。

それに対してリブラ(Libra)は、法定通貨によって価値が裏付けされているので、他の仮想通貨と比べてもボラティリティ(値動きの幅)が小さいのです!

このような通貨を「ステーブルコイン」と呼びます。

ステーブルコインって?

通貨の価値が何かによって保証されており、価格変動が小さい通貨のこと。

ステーブルコインの例だと、仮想通貨「tether(テザー)」などが挙げられますね。

tether(テザー)は、米ドルによって価値が保証されているので、価格変動が非常に小さいです。

上記のチャートを見てもらうと分かりますが、年間を通して「0.04ドル前後」の価格変動ですので、ビットコインなどとは比較にならないほど安定しています。

リブラに関しても法定通貨に価値が裏付けられており、そのことをリブラリザーブ(リザーブ=蓄え)と言い表します。

ゴリわかくん

なるほどウホ!リブラは価格変動が小さいウホね!
それなら、投資する場合も割と安心ウホォ!

ゴリ美ちゃん

リブラの特徴② 数多くの企業からの支援を受けている

Libra(リブラ)には、リブラの発展・拡大を支援する団体「リブラ協会」というものが存在しています。

リブラ協会には、世界的に有名な企業「27社」が加盟しており、強化に加盟するためには最低「1,000万ドル(約11億円)」を出資しなければならないと言われています。

そのことを考慮すると、大手企業からリブラへの出資額は数百億と予測することができますね。

リブラ協会に加盟している企業
  • VISA(クレジットカード)
  • mastercard(クレジットカード)
  • PayPall(決済)
  • Uber(タクシー)
  • Spotify(音楽配信サービス)

上記は一部の抜粋でして、他にもたくさんの大手企業がリブラ(Libra)に出資しています。

リブラ(Libra)に明確なビジョンがなければ、これだけの有名企業が出資を行なったりはしませんよね…。

これだけの有名企業からの出資は、リブラ(Libra)の信頼性の大きな担保になっていると言えますね!

ゴリわかくん

VISAやMastarcard…大手企業もたくさん出資しているウホね!
大手企業も、リブラの将来性に目をつけているということウホねぇ!

ゴリ美ちゃん

リブラ(Libra)の買い方・購入方法

ゴリわかくん

リブラの特徴は理解できたウホォ!早いうちに購入したいウホォ!
どうやったらリブラを購入できるウホォ?

ゴリ美ちゃん

結論から言いますと、リブラはまだ取引所に上場していないので購入することができません。

2020年に実装予定ですので、それ以降に仮想通貨取引所に上場する可能性は十分に考えられます!

国内取引所は上場審査がかなり厳しいので、まずは海外取引所に上場する可能性が高いです。

ただ海外取引所には日本円を直接入金できないので、国内取引所でビットコインを購入し、BTCを元手として送金する必要があります。

リブラが上場したタイミングですぐ購入することができれば、大きく儲けられることが考えられますので、今のうちに国内取引所に登録しておきましょう!

ただし先述した通り、海外への送金手数料が有料な取引所を利用してしまうと、リブラを購入する前に資産が減ってしまう可能性があり、危険です。

DMMグループの仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」なら、海外取引所への送金手数料が無料です。

仮想通貨の送金にコストが全くかからないので、リブラを購入予定の方は登録しておきましょう。

キャンペーン中の今なら、無料登録するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることができるチャンスですよ!

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

DMM Bitcoinで無料口座開設!

リブラ(Libra)の最新情報は?気になる情報をチェック!

ゴリわかくん

リブラは上場に向けてどう動いているウホ?
プロジェクトは順調に進んでいるウホ?

ゴリ美ちゃん

リブラ(Libra)は上場前の通貨ですので、まずはしっかり情報を得る必要があります。

これまでにもリブラ(Libra)に関する様々な議論が行われているので、こまめに情報をキャッチし、上場した場合にすぐ購入できるようにしておきましょう!

リブラの最新情報【2019年10月最新版】
  1. マネックスグループがリブラ協会に加盟
  2. EUサービスコミッショナーによる新規則の約束

マネックスグループがリブラ協会に加盟!?

国内取引所「Coincheck(コインチェック)」を運営しているマネックスグループが、リブラ協会に加盟する可能性が浮上しています。

正式に協会に参加するには、1,000万ドル以上の出資を行わないといけないなど、非常にハードルが高いです。

しかしマネックスグループのリブラ協会への加盟が実現すれば、コインチェックでリブラを取り扱う可能性も考えられます。

リブラをいち早く購入したい方は、前もって今のうちにCoincheck(コインチェック)に登録しておきましょう!

Coincheck(コインチェック)には、これまでモナコインなどが追加で上場しているので、リブラが上場する可能性も考えられるでしょう。

→Coincheckの公式サイトをチェック

Coincheckで無料口座開設!

EU金融サービスコミッショナーが、リブラの新規則を約束!

EUの金融サービスコミッショナーである「ヴァルディス・ドンブロウスキス氏」は、

リブラに関しての新しい規制の枠組みを構築する

と発表しました!

規制や法整備が進むことで、安堵感から投資活動が活発化し、リブラの価格も上向きに推移する可能性が考えられます。

ドンブロウスキス氏は、2014年以来「欧州委員会」の副委員長を務め、EU内の金融安定に尽力していた人物です。

同氏はリブラ(Libra)に関して、

EUレベルで行動する強い意志がある

などと前向きな意見も述べており、期待感が高まっていますよ!

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

DMM Bitcoinで無料口座開設!

リブラ(Libra)を買えばこんな良いことが!購入するメリット3選!

ゴリわかくん

リブラってどんなメリットがあるウホ???????
リブラを購入する前に、メリットについて知りたいウホォぉぉぉ!

ゴリ美ちゃん

リブラ(Libra)を保有するメリット
  1. 決済通貨として使える可能性がある
  2. 専用ウォレットがリリースされる
  3. 新興国での需要がある

リブラを購入するメリット① 決済通貨として普及する可能性がある

リブラ協会に加盟している27の企業の中には、paypalやVISAなどの決済会社・クレジット会社なども入っています。

リブラのもともともビジョンとしては「ウォレットから決済を可能にする」というものがありますので、決済通貨として普及する可能性も十分に考えられます!

Facobookの利用者は現時点で「27億人」とも言われていますので、実際に決済が行えるようになれば、集客をせずとも莫大なユーザーが利用を開始することが予測されます。

またリブラが普及すれば、Facebookは今よりもさらに強いサービスなると言われています。

リブラが決済通貨として対応すれば、これまでFacebook上で行えた「投稿」「コメント」などの他に「ユーザー間での送金」を行うことが可能になります。

ユーザー間送金が実現すれば、今よりもさらに簡単、そして低コストに個人間送金を行うことが可能になりますよ!

リブラを購入するメリット② 専用ウォレットがリリースされる

仮想通貨を安全に保管する場合は「ウォレット」と呼ばれるアプリを使用します。

ウォレットはいわば「銀行口座」のようなものでして、安全に資産を管理することができます。

Facebookの完全子会社である「Calibra(カリブラ)」は、リブラの専用ウォレットをリリースする予定を発表しています。

ウォレットからは決済・送金を一括で行うことができ、非常に便利です。

リブラそのものだけでなく、リブラを快適に利用することができる環境も整ってきています!

リブラを購入するメリット③ 新興国での需要が期待できる

リブラを発行しているFacebookが着目しているのは、発展途上国での利用拡大です。

私たちのように先進国に住んでいる方からすれば、一人一人が銀行口座を持つのが常識かと思いますが、発展途上国の方のほとんどは、自分の銀行口座を保有していません。

その一方でスマホの普及率は先進国よりも新興国の方が高く、ほとんどの人が自分用のスマホをもっていると言われています。

これらのことを踏まえた上で、リブラ(Libra)は以下の2つのメリットをもたらそうとしています。

リブラがもたらすメリット
  • 国際送金スピードの向上・手数料削減
  • 自国通貨が危なくなった時の資産逃避先

新興国で顕著になっている問題としては「送金手数料の高騰」が挙げられます。

海外に出稼ぎに行っている場合は、出稼ぎ先の国から母国に送金を行う必要があるのですが、その際の送金手数料が非常に割高になっています。

しかしリブラを利用すれば、スマホのウォレットから高速で送金を行うことができ、手数料もしっかり抑えることができるんです!

それに加えて、新興国は先進国と比較すると、政治的な情勢などで自国の通貨価値が不安定になる場合があります。

その場合には「リブラ(Libra)」が資産逃避先になり、資産がドッと流れていくことが考えられます。

実際、キプロス危機などの時も逃避先に「ビットコイン(BTC)」が選ばれ、価格が大きく高騰したこともかつてありました。

特にリブラは「ステーブルコイン」で値動きが安定しているので、逃避先になる可能性が十分に考えられます!

リブラ(Libra)の課題点・懸念点は?

ゴリわかくん

リブラは実用性たっぷりだけど、懸念点もあるみたいウホォぉ!
実際にリブラを買う前に、注意点もおさらいしていくウホォぉぉ!

ゴリ美ちゃん

リブラの懸念点① マネーロンダリング

先述した通り、リブラは他の仮想通貨と比較しても段違いに実用性に富んでおり、小口決済などに積極的に利用される可能性が高いです。

しかしその一方で「マネーロンダリング(資金洗浄)」などの犯罪に使用されるリスクも懸念されています。

リブラを含め仮想通貨には「身元を明かさずに取引・送金を行うことができる」という特徴があります。

これらはメリットとしても捉えられますが、本人確認を行わずに取引を行うことができるので、資金の出元を分からなくすることが容易にでき、犯罪利用されてしまうことが懸念されています。

リブラの懸念点② 公的機関からの支持を得られていない

リブラのホワイトペーパーが公開された後、フランスのパリでG7が開催され、リブラの規制のあり方について会議が行われました。

米国のトランプ大統領やFRBのパウエル議長などは、いずれもリブラに対しての懸念を示しました。

フェイスブックには既に27億人のユーザーが存在し、リブラが普及すればすぐに「デジタル経済圏」を構築することができます。

それゆえ議員からは、マネーロンダリングや消費者保護の質問がたくさん出されました。

ゴリわかくん

27億人のユーザーがリブラを使い出したら、リブラに大量の資産が移るウホォぉぉ
ドルとかの法定通貨の価値が下がって、現在の経済システムが崩壊する恐れがあるウホ。危険ウホォぉぉぉ。

ゴリ美ちゃん

リブラ(Libra)の買い方・購入方法について まとめ

今回は、Facebookが発行している仮想通貨「リブラ(Libra)」の特徴・買い方について解説しました。

結論、リブラはまだ取引所に上場していないので、購入することができません。

ただし2020年に実装予定ですので、これから取引所に上場する可能性は十分に考えられます。

まずは審査のゆるい海外取引所に上場する可能性が高いので、国内からの送金手数料が無料なDMM Bitcoinに今のうちに登録しておきましょう!

また、Coincheckを展開している「マネックスグループ」のリブラ協会への加盟が進められているということで、Coincheckへの上場も期待できます。

いち早くリブラを購入したい方は、DMM BitcoinとCoincheck(コインチェック)の両方に登録をしておくようにしましょう!

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

DMM Bitcoinで無料口座開設!