【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

リップル(XRP,ripple)の買い方/購入方法とおすすめ取引所をわかりやすく解説!

仮想通貨について調べているとリップルをよく耳にしますよね。

数多い仮想通貨の中でも、最も注目されている通貨の1つです。

送金速度や、手数料の安さから実用的な利用に非常に期待されています。

しかし、リップルが良い通貨というのは知ってるけど、買い方がわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

でも大丈夫。この記事を読めばリップルの買い方がわかりますよ!

今日からあなたもリップラーの仲間入りです!

リップルの買い方ポイントまとめ
  1. リップルを買うならBITPoint(ビットポイント)!
  2. 「BITPoint」の即時入金は超絶便利!利用すべし!
  3. 今がリップルの買い時!?
「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

リップル(XRP,ripple)って何?すぐれた将来性を解説!

リップルのロゴ

リップルとはリップル社によって開発が進められている決済・送金システムのことです。

通貨自体のことは実はリップルとは呼ばず、システム(プロトコル)のことをリップルと呼びます。

そして、そこで使われる通貨をXRPと呼びます。

一般的に、仮想通貨としてのXRPのことをリップルと言う場合が多いです。

リップルは主に国際的な決済や送金に使われることが期待されています。

例えば、日本から「ニウエ」のようなマイナーな国に送金する時はいくつかの国を経由して送金しなくてはいけません。

銀行を経由すると手数料が多くかかったり、時間がかかったりします。

仲介してくれる通貨を使って、そういった手間を省こうとする試みがリップルです。

銀行などの金融機関で処理されてきたものがリップルによって変わられると、通貨であるXRPも価値が上がってくると言われています。

リップルの時価総額

リップルは現在、最近イーサリアムの時価総額を抜き、一時時価総額2位(2018年9月)になったことでも話題になった通貨です。

時価総額1位のビットコインの次に高い時価総額であることからも期待されている通貨であることがわかるでしょう。

*再びイーサリアムに時価総額を抜かれてリップルは3位になりました。

リップル(XRP,ripple)の買い方/購入方法は?

リップルを買うには大きく分けて国内取引所で買うか、海外取引所で買うかに分けることができます。

国内の取引所で購入する

国内取引所で買うにはリップルの取り扱いをしている取引所を使う必要があります。

リップルを取り扱う国内取引所
  • BITPoint(ビットポイント)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • bitbank(ビットバンク)

取引所はそれぞれに違った特徴があるので、自分のスタイルにあったところを選ぶことが大切です。

取引手数料が安いことも魅力的ですが、セキュリティ面で安全性が高い取引所を選ぶことも同じくらい大事ですよ。

おすすめ取引所は以下で紹介していきます!

海外の取引所で購入する

バイナンスのロゴ

海外の取引所で購入するという手段もありますが、海外取引所を使うのはやや面倒です。

ビットコインなどの仮想通貨を国内取引所で購入してから海外取引所に送金しなくてはいけないのです。

そして、そのビットコインでリップルを買います。

海外取引所は日本の取引所よりもたくさんの種類の通貨を扱っているので他に買いたい通貨があるなら海外取引所でリップルを買うのもアリ¥ですね。

海外取引所を使うなら「Binance(バイナンス)」がおすすめですよ。

Binanceは本人確認がなく、メールアドレスだけの登録となるので1分もあれば登録完了です!

Binanceの登録方法はこちらから

\本人確認なしなら!/

1分でBinanceに登録する!

リップル(XRP,ripple)を購入できるおすすめ取引所3選!

ゴリわかおすすめのリップルを購入できる取引所を紹介していきます。

1位 BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)本田圭佑

ビットポイントはリップルを買うなら最もおすすめできる取引所です。

ビットポイントの特徴
  • 取引手数料が無料
  • 取引所形式でスプレッドが小さい
  • アプリがあって初心者でも使いやすい

ビットポイントは少しマイナーな取引所ですが、とても良い取引所ということで今急速に利用者が増えています。

今まで利用者が多かったコインチェックやZaif(ザイフ)がハッキングにあい、セキュリティも懸念していると思いますがビットポイントなら安全に取引することができると言われています。

証券会社並みのセキュリティを実現できて安全にリップルを買うことができます。

さらに、取引手数料が無料で、さらにスプレッド(買値と売値の差)が小さくお得に取引することができますよ。

ビットポイントの登録方法はこちらから

\手数料がずっと無料!/

無料でビットポイントに登録する!

2位 GMOコイン

GMOコインのロゴ

GMOコインもリップルを買うなら非常におすすめできる取引所です。

GMOコインの特徴
  • 取引手数料が無料
  • アプリがとても使いやすい
  • スプレッドが少し大きい

GMOコインはビットポイントと比べるとスプレッドが少し大きいことがネックですが、他はとてもすぐれた特徴を持っています。

取引手数料が無料で、現物取引だけでなく、仮想通貨のレバレッジ取引(仮想通貨FX)をすることができます。

レバレッジ取引とは
レバレッジ取引では少ない元手で大きな資金を動かして取引することができます。

例えば、レバレッジを5倍だと1万円の元手で5万円分の取引をすることができるのです。

元手が少なくても十分な利益を期待できるのです。

リップルでもレバレッジ取引ができるので、レバレッジ取引に興味がある方はGMOコインへの登録は必須といって良いでしょう。

GMOコインのアプリ、「ビットレ君」も多くの人が使っていますよ。

GMOコインの登録方法はこちらから

\アプリが使いやすい!/

無料でGMOコインに登録する!

3位 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのロゴ

次におすすめの取引所はDMM Bitcoinです。

盛んにテレビCMもやっているので聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

DMM Bitcoinの特徴
  • リップルのレバレッジ取引ができる
  • 14種類の通貨ペアでFXができる
  • 最大レバレッジ5倍

DMM Bitcoinではリップルをはじめとしたアルトコインのレバレッジ取引が盛んに行われています。

DMM Bitcoinは国内取引所の中で最もアルトコインの取り扱い通貨数が多いです。

しかし、ビットコインとイーサリアムのみしか現物取引はできず、リップルをはじめとしたアルトコインはレバレッジ取引しかすることができません。

GMOコインは取り扱い通貨数はDMM Bitcoinより少ないものの、現物取引もすることができるので、仮想通貨のレバレッジ取引をしたい方はGMOコインとDMM Bitcoinを使い分けることが大事です。

アルトコインのレバレッジ取引をするならどちらの取引所も開設した方が良いと思います。

DMM Bitcoinの登録方法はこちらから

\リップルでFXするなら!/

無料でDMM Bitcoinに登録する!

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP,ripple)を購入する際の手順を解説!

ビットポイントを例に、リップルを買う手順を説明していきます。

BITPoint(ビットポイント)に登録する

まず、ビットポイントに登録する必要があります。以下からビットポイントに移動することができますよ。

ビットポイント公式サイトにアクセスする

「口座開設」ボタンをクリックすると以下のような画面に移動します。

ビットポイントの個人開設

日本国籍の方は左の枠から、外国籍の方は真ん中をクリック。法人枠で登録もできるようですね。

ビットポイントの確約確認画面

約款の確認画面が出ます。取引所はお金に関わるところでもあるのできちんと目を通しておくようにしましょう。

ビットポイントの口座開設

いよいよ、個人情報の登録画面に移動します。入力事項は以下の通りです。

入力事項
  • 氏名
  • 性別
  • 国籍
  • 米国納税義務
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 取引契約締結の主目的

また、レバレッジ取引とビットポイントFXの申し込みをする欄もあります。

登録だけなら無料ですし、この機会に申し込んでおくことをおすすめします。

BITPoint(ビットポイント)で本人確認をする

ビットポイントでは取引所を使う前に、本人確認をしなくてはいけません。

運転免許証を持っている方は免許証で本人確認をする人が多いイメージです。

ビットポイントの本人確認書類

免許証などを持っていない方はこちらの顔写真が無い本人確認書類を選びましょう。

ビットポイントの本人確認書類2

上記いずれかの本人確認書類をアップロードします。以下の画面でドラッグ&ドロップまたはファイルを選択しましょう。

ビットポイントの本人確認書類3

これで本人確認の手続きは完了です。

特に不備や問題がなければ数営業日で本人確認の審査は終わるようです。

審査が完了したら登録した家の住所に口座開設完了通知書が届きます。

これを受け取ってビットポイントにログインすると口座開設は完了です。

BITPoint(ビットポイント)で二段階認証をする

口座開設はこれで完了ですが、セキュリティ対策のために二段階認証をしておくことをおすすめします。

二段階認証とは通常のログインの他にワンタイムパスワードのようなものを設定することです。

まずGoogleから出ている公式アプリ「Google Authenticator」をダウンロード。

iOS版のダウンロードはこちら

Android版のダウンロードはこちら

ビットポイントにログインしたら「ユーザー設定」から「二段階認証」の「Google Authenticator」を選択しチェックを入れます。

ビットポイントのユーザー設定画面

スクロールして「登録」をクリックします。

ビットポイントのユーザー設定画面下部

「認証番号取得」をクリックしてメールアドレスかSMSに届いた認証番号を入力します。

入力したら「登録」をクリックして二段階認証は完了です!

ビットポイントのユーザー設定での認証画面

BITPoint(ビットポイント)で日本円を入金する

リップルを買うために取引所に日本円の入金をしなくてはいけません。

入金の方法は大きく分けて2通りあります。

入金の方法
  • クイック入金
  • 振込入金

このうち、クイック入金が非常に便利なのでおすすめです。

すぐに日本円をビットポイントに入金することができますよ。

それでは、クイック入金の仕方について説明しますね。

①「入出金」>「法定通貨入出金」>「即時入金」を選択します

②金融機関を選択してチェックを入れます。*いずれかの銀行口座を持っている必要があります

③入金額を入力し、確認画面に移動します

即時入金

④暗証番号を入力し入金依頼ボタンをクリックします

⑤金融機関の画面から入金操作を行います。

これで入金は完了です。

BITPoint(ビットポイント)で買い注文を出す

ビットポイントへの入金が終わったら実際に買い注文を出して行きましょう。

上のメニューから「仮想通貨取引」を選択します。
BITPoint(ビットポイント)のホーム画面

注文画面が表示されるので通貨ペア、売買、注文数量を選択して「注文」をクリックしましょう。

BITPoint(ビットポイント)の取引画面

これで注文は完了です!

リップル(XRP,ripple)のおすすめウォレット

リップルを購入したら保管しておくためにウォレットの使用をおすすめします。

取引所に通貨を置きっ放しにしておいても良いのですが、取引所が破綻したり、取引所がハッキングを受けたりする危険性があります。

そのようなリスク対策として個人用ウォレットの使用が推奨されています。

今回は厳選したゴリわかおすすめウォレットを紹介します!

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

イーサリアムのウォレット「Ledger Nano S」

セキュリティ対策をガチガチにするならこのウォレットがおすすめです。

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットといって、外見はUSBのようなウォレットです。

パソコンに接続していないときはオフラインで通貨を管理することができるので、ハッキングのリスクがほとんどなく、非常に安全性が高いウォレットです。

価格が1万円前後と、少し高いのがネックですが、多額の資金を入れていたりセキュリティを重視している方はこちらのウォレットを使うのが良いでしょう。

Ledger Nano S公式サイト

Ginco(ギンコ)


gincoのロゴ

アプリで気軽に使いたい方はGincoというスマホアプリに対応したウォレットがおすすめです。

初心者でも非常に使いやすく、スマホの中に入っているので簡単に決済に使うこともできますね。

今、最も利用者が増えているウォレットの1つですよ。

リップル(XRP,ripple)の価格・チャート、価格推移

去年からのリップルの価格推移を見ていきましょう!

リップルのチャート

2017年初期はほとんどゼロ円に近い価格で推移していましたが、2017年の後半に一気に価格が上がり、年末には300円近く前で高騰しました。

さらに2018年の年末にも価格の上昇は続き、一時400円を突破しました。

しかし、1月8日あたりから暴落が始まってしまいます。

そのあとすぐに売る人が多かったり、Coinbaseという取引所が上場の噂を否定したりしたことが原因となってこのような暴落が起きました。

9月には一時30円を切って、最高値の10分の1以下の値段となりました。

その後、すぐに価格を戻し、9/29現在、約60円付近を推移しています。

リップル(XRP,ripple)の今後、将来性

9月には30円を切っていたリップルですが、すぐに価格をあげたのはリップルの活動が評価されたことだと言われています。

リップルのプロダクト(xRapid)の商品化に関するニュースを1ヶ月以内に発表することができるというリップル社関係者の発言があったり、リップル主催のイベントが控えていたりします。

この価格の上げはリップルのこれからにとても期待できますね。

これからリップルの開発が進むにつれ、堅実に数年かけて価格も上がっていくのでしょう。

リップルは2020年までに1XRPあたり1000円の価値をつけると言われています。

数年気長にホールドできれば数十倍の利益も期待して良いと思います。

あくまで投資は自己責任ですが、今リップルを買うのは非常におすすめなタイミングです。

リップル(XRP,ripple)の買い方まとめ

リップルのロゴ

リップルを買うには主に国内取引所で買うことになります。

リップルの価格が下がりきったこのタイミングでの購入は非常におすすめなので、買うならできるだけ早く取引所の口座を解説するなどの準備をしておきましょう。

取引所の開設や取引所でのリップルの買い方は難しくないので気構える必要はないです!

少しでもリップルの購入を考えているなら取引所の開設だけは今のうちにしておきましょう。

入金に時間はかかりませんが、口座開設には数日かかるので、急な価格変動など買いたい時にすぐに買えるようにしておきましょう。

おすすめの取引所はBITPoint(ビットポイント)です!

ビットポイントの登録方法はこちらから

\手数料がずっと無料!/

無料でビットポイントに登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です