【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

【ひろぴーが解説!】ICOとIEOどちらに参加すべき?上場後の注意点も!

ラジオ日経パーソナリティ兼FX・BTCコラムニスト ひろぴー

プロフィール専業トレーダー ひろぴー
2010年からFX取引をはじめ、2013年のアベノミクスの恩恵もあり、FX取引で資産を急激に増加、この年からFX最大ポータルサイトのZAIFXでの企画出演をはじめ、インタビューを受けるようになる。
2014年には、ZAIFXとYahooファイナンスのコラボレーション企画で、タレントのボビー・オロゴンさんや福田萌さんとのトレードバトルが話題となり、2016年から2019年まで、ラジオ日経のFX番組トレードパーティーでラジオパーソナリティーを務める。
現在は週5本のFXや仮想通貨ポータルサイトのコラム執筆、講演、ラジオのレギュラー番組を持ちつつ、自己資金の資産運用も実施している。

ひろぴー

みなさんこんにちは。突然ですが、「IEOが何なのか、ICOとは何が違うのか、投資家やトレーダーはどちらに参加するべきなのか?」という疑問を持たれている方も多いと思います。そこでこの記事では皆さんの疑問を解消するべく、専業トレーダーのひろぴーが、トレーダーの視点でICOとIEOについて解説していきたいと思います!

ICO・IEOって一体なんなの?

ICOとは「Initial Coin Offerring」の訳で、仮想通貨を発行を伴う資金調達方法です。

またIEOは「Initial Excahnge Offering」の略で取引所がICOを取り持つ資金調達方法です。

なお発行した仮想通貨を抽選形式で投資家に販売すること「トークンセール」と呼びます。

トークンとは
主にICOで発行される仮想通貨のことをトークンと言う。明確な定義は存在しないが、ブロックチェーン技術を利用して作られたデジタル通貨であり、いろんな種類があり電子引換券のような役割を持つ。

ひろぴー

IEOでは、取引所が事前にスタートアップやICOプロジェクトを審査することで、トークンセールに参加する投資家の安全性が高まりました。またマーケティングや取引所への上場もサポートしているため、スタートアップはよりスムーズに資金調達を実施できるようになったのだと考えられます。

【2019年最新版】おすすめ取引所トークン一覧!|まとめて比較

2019年からはIEOが主流に

2017年から2018年にかけてICOは詐欺が横行し、投資家はICO選びに苦労する状況でした。

そこでそのリスクを低減させるために始まったのが、IEO(Initial Exchange Offering)です。

IEOとは
IEOはトークンの販売・配布を、プロジェクトが特定の取引所に委託して行う資金調達のことを指します。IEOの歴史はまだ浅く、Binance(バイナンス)が2017年12月にBinanceLaunchpadで実施したIEOが、最初だと言われています。

しかもその後しばらく、IEOは注目されることはありませんでした。

ところが、2019年2月にBitTorrent(BTT)がBinanceLaunchpadでIEOを実施したことが大きな話題となりました。

それを皮切りにバイナンス以外の取引所もIEOを実施するようになり、現在はIEOが主流となっています。

仮想通貨スタートアップの資金調達方法の割合

引用:https://twitter.com/cryptomanran/status/1139193658123661313

ひろぴー

上の図を見ると、スタートアップの資金調達は、2018年中盤まではICOが大きく占めていることが分かりますね。しかしその後減少してゆき、2019年の第二四半期にはIEOが大きく上回っていますちなみに現在はBinanceやHuobi、OKexを筆頭に、数十の取引所がIEOを実施しています。

IEOのメリット・デメリットは?

仮想通貨ブームのときに一斉を風靡したICOですが、ICO詐欺が横行し問題となっていました。

ICO詐欺
「ICO枠持っているから譲ってあげる」など甘い言葉で情報弱者を対象にお金を巻き上げるICO関連の詐欺のことを指します。
高齢者などの社会的弱者や情報弱者が狙われているため、困った際は一人で抱え込まず専門家に相談し、日頃からメディアリテラシーを身につける努力をしましょう。

さらにトークンセール後にいつまでたっても上場されないなどの、投資家にとってのリスクがありました。

加えてトークンセールから上場までのスケジュールが明確となっているため、投資家は仮想通貨を売却できない状況を避けられます。

そのためIEOは、ICOにおけるリスクがより低くなっていると言えます。

そこでIEOでは、仮想通貨の審査を取引所が担い、一定の評価がされた仮想通貨のみがその取引所に上場できるようになっています。

ひろぴー

その一方で、①投資家はその取引所を利用する必要があること②そのIEOルールに従わなければいけないなどのデメリットもあることを忘れてはなりません!例えばBinance(バイナンス)では、取引所トークンであるBNBを、一定量保有しなければIEOの抽選会に参加できないんです。

トレーダーにおけるICO・IEOの違い

ここまでの解説でICOとIEOには、多くの違いがあることが分かりましたね。

特にその中でトレーダーにとって一番大事なことは「上場後の出来高」であると言えるでしょう。

IEOの多くは、トークンセール後にその仮想通貨が取引所に上場したときに大きく値上りする傾向があります。

トークンセールに参加した仮想通貨保有者は、そのときに高値で売却したり、その後の値上り時に売却したりすることで利益を得ます。

ひろぴー

その時に重要になるのが、仮想通貨の出来高です!出来高とは一定期間に取引された仮想通貨の量のことで、出来高が大きい程相場ではより大きなトレンドが出る傾向があるんですよ。

トークンセール初心者はIEOがおすすめ!

IEOでは多くのユーザーを抱える取引所が実施することで、ある程度の出来高が見込めるため、上場後もより大きな利益が得やすいでしょう。

一方で現在下火となったICOでは、IEOより出来高が見込めずトークンセールに参加できたとしても、その後大きな利益に繋がる可能性は低いと言えます。
関連記事のIDを正しく入力してください

IEOのトークンセール参加後のコツ

IEOのトークンセールに当選し購入できたなら、上場後の数日から数週間に売却するのが定石と言われています。

出所:TradingView

ひろぴー

上の画像は、バイナンスでIEOを実施した仮想通貨のチャート(テザー建て)です。

バイナンスはこれまでに9通貨のIEOを実施しているが、9通貨の内7つは上場して数日から数週間以内に高値を付け、その後は低迷及び停滞していることが分かります。

【ICO・IEOの注意点】落選した場合はどうすれば良いの?

それでは落選した場合はどうすればよいのでしょうか?

結論、IEOに落選した人は、数ヶ月はその通貨の購入を控えた方が良いでしょう。

それは上のチャートの通り、上場直後は相場が荒れることが多く、売買のタイミングが難しい上に、しばらくすると下落する可能性が高いからです。

ひろぴー

今回はICOとIEOについて、トレーダーの視点から解説しました。

仮想通貨の資金調達方法は今後はIEOが主流になると考えられますが、参加する際の心得として①当選したたら売却することと、②落選したら潔く諦めることを覚えておこう!