【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

GMOコインの手数料は高い?スプレッドを含めて徹底比較!

GMOコインの手数料

GMOコインは、東証一部上場の「GMOグループ」によって運営されている国内仮想通貨取引所です。

「GMOクリック証券」によって培われた豊富な金融経験とノウハウが詰まった取引所であり、最近「使いやすい」と好評判

そしてどの取引所でも気になるのが、手数料

この記事を読むと、

  • GMOコインの取引にかかる全ての手数料がわかる
  • GMOコインのスプレッドについてわかる

以上の知識が身につきます。ぜひ参考にしてみてください。

GMOコインに登録する!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

GMOコインの手数料一覧

GMOコインのロゴ

GMOコインの取引にかかる各種手数料はこちら。

  • 日本円入出金手数料
  • 取引(販売)手数料
  • FX(レバレッジ)手数料
  • 仮想通貨送金手数料

またこの他にも「スプレッド」と呼ばれる見えない手数料についても解説していきます。

GMOコインの日本円入出金手数料

これは、日本円をGMOに入金したり、GMOから出金したりする際かかる手数料のことです。

まずGMOコインには2種類の入金方法があり、それによって手数料が異なります。

即時入金 無料
振込入金 自己負担

即時入金はペイジー(Pay-easy),住信SBI銀行,楽天銀行でのみ可能。

それぞれ入金上限があるので、確認しておきましょう。

金融機関 入金限度/回
住信SBI銀行 1000万円
楽天銀行 1000万円
ペイジー 99万9999円

これ以外からの銀行振込には通常の振込手数料がかかるので、積極的に即時入金を利用しましょう。

ちなみに振込入金に入金上限はありません。

GMOコイン入金手数料無料の住信SBIの口座開設はこちらから。

住信SBIネット銀行公式サイト

出金手数料は、無料最低出金額が1万円からとなっているのは気をつけましょうね。

GMOコインの取引(販売)手数料

GMOコインのホームページ

GMOコインの取引手数料は無料となっています。

ただ、GMOコインは販売所。

販売所を利用する時には、実質手数料の「スプレッド」に気をつけましょう

GMOコインのスプレッド

スプレッドとは
同刻の購入価格と売却額の差(スプレッド差)。販売所の見えない手数料とも呼ばれる。

このスプレッドが大きければ大きいほど、ユーザーが儲けにくくなります。

GMOコインのスプレッドは明示されていないので、買値と売値の差を実際にみてみます。

GMOコインのスプレッド

スプレッド差

913,373(買値) – 895,287(売値) = 18,086円

実質数パーセントの手数料が上乗せされているようなもので、かなり痛手と言えます。

GMOコインのFX(レバレッジ)手数料

GMOコインでは、アルトコインを含めた最大レバレッジ5倍の仮想通貨FXをすることができます。

ポジションを持ったまま日をまたぐ際にかかる借入手数料(スワップポイント)が0.05%/日だけかかる以外は、全て無料

0.05%というのは仮想通貨FXをやっている取引所の中では平均的。

キャピタルゲインフィーや取引手数料がかからないのは嬉しいですね。

GMOコインの仮想通貨送金手数料

GMOコインから他の取引所やウォレットに仮想通貨を送金する際にかかる手数料です。

仮想通貨をGMOコインから出金する際は、GMOが送金(マイナーへの)手数料を負担してくれますが、

逆にGMOコインに仮想通貨を入金する際はマイナーへの支払いが発生します。

入金 自己負担
出金 無料

【まとめ】GMOコインのスプレッドが気になる人はbitbank(ビットバンク)!

ビットバンクのロゴ

GMOの手数料をまとめました。一点、スプレッドの広さが割高でネックですね。

現物の取引をメインにする人は、ビットバンク(bitbank)がおすすめですよ。

取引手数料無料でスプレッドがほぼ0の国内取引所です。

bitbank(ビットバンク)に登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です