【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

FISCO(フィスコ)のやさしい登録/口座開設方法|かかる時間や2段階認証設定方法も!

フィスコ取引所でモナコインが買いたい

本人確認はある?口座開設に時間はかかるの

先日、ハッキング被害を受けたザイフを買収したことで大きな話題を呼んだ国内取引所、フィスコ

取引所はもちろん金融庁認可済み。東証上場の株式会社フィスコは長年金融業を営んでいるため、社内外のコンプライス/管理体制に大きな強みを持っています。

フィスコのロゴ

このように安心感を持って取引ができる上に、人気のアルトコインや独自トークンを多数取り扱っているので、国内で根強い支持が。

今回は、フィスコの登録方法を画像つきで説明していきます。仮想通貨取引所の口座を初めて開設する人でもわかりやすい内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

フィスコをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(4.0)
通信の良さ
(4.5)
安全性
(4.5)
使っている人の多さ
(3.0)
信頼度
(4.5)

\今すぐ登録!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

FISCO(フィスコ)の登録/口座開設方法

フィスコのホームページ

フィスコ仮想通貨取引所に登録する際の大きな流れがこちら。

  1. メールアドレス/パスワード入力
  2. ユーザー基本情報入力
  3. 本人確認書類の提出

ちなみに未成年はフィスコの登録に親権者の同意書が必要なので注意しましょう。

法人アカウントも作ることができますが、今回は個人アカウント作成方法について説明していきます。

 

この先メールアドレスの他にも、本人確認に使う書類を用意しておくとスムーズに登録することができますよ。

右記いずれか1点運転免許証、住基ネットカード、
マイナンバーカード、在留カード
日本国パスポートかビザの場合
右記と合わせて2点
公的証明書、公共料金の明細書
右記いずれか2点公的証明書、公共料金の明細書

用意ができたら早速アカウント作成に移ります。フィスコ公式サイトはこちらからアクセスできます。

\今すぐ登録!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

① メールアドレス/パスワードを入力

公式サイトの「新規ご登録はこちら」へ進みましょう。

フィスコの新規登録画面

ここではメールアドレスを入力して、「登録」をクリック。

フィスコのメールアドレス入力画面

登録したメールアドレスに届いている確認メールのURLを開きましょう。

フィスコからのメール画面

開いたページでフィスコで使うパスワードを入力します。自動で測定される「パスワード強度」をチェックしながら強力なものを設定しましょう。

フィスコのパスワード入力画面

設定し終えたら「同意して登録」をクリックして次に進みます。

② ユーザー基本情報を入力

一番上のチェック欄は「個人」につけ、それ以降は求められたユーザー(個人)基本情報を入力しましょう。

フィスコのユーザー情報入力画面

個人基本情報

名前、生年月日、国名、郵便番号、住所、電話番号、使用言語、職業、取引目的、外国PEPsの有無、金融機関情報

この「海外PEPs」という区分を初めて聞く人もいるかもしれません。

海外PEPsとは

海外政府や中央銀行の従事者(家族含む)など国家的な機密情報を事前に知り得る可能性のある関係者。ほとんどの人は該当しない。

 

次に携帯電話番号によるSMS(ショートメッセージ)認証画面へ移ります。

SMS認証では入力した電話番号に6ケタの暗証コードが届くので、そのコードを入力して次へ進みましょう。

③ 本人確認書類の提出

フィスコのロゴ

フィスコの登録には本人確認のための書類提出(写真アップロード)が必須になっています。

右記いずれか1点運転免許証、住基ネットカード、
マイナンバーカード、在留カード
日本国パスポートかビザの場合
右記と合わせて2点
公的証明書、公共料金の明細書
右記いずれか2点公的証明書、公共料金の明細書

いずれかの書類を用意して、「ファイルの選択」をクリック。撮った書類の写真をアップロードしましょう(JPEGかPNG)。

鮮明な写真を撮らないと、場合によっては再提出を求められることがあるので注意です。

FISCO(フィスコ)の登録/口座開設にかかる時間

本人確認の審査(住所の名義確認など)が完了すると、登録した住所に運営側から転送不要のハガキが届きます

郵送されたハガキに記載されている「本人確認コード」を入力すると、口座開設作業は完了となります。

フィスコの取引画面

ちなみに口コミによると、フィスコの口座開設には最大2週間かかる模様。

審査は少しスローペースですが、これから登録者数が増えてくると、さらに時間がかかるかもしれません

モナコインやフィスココインなど買いたいコインがあれば、時間に余裕を持った登録をおすすめします。

\人気のアルトコイン買うなら!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

FISCO(フィスコ)の2段階認証設定方法

フィスコで仮想通貨取引をする前には、必ず2段階認証を設定しておきましょう

2段階認証とは

ログイン時2段階認証アプリ(スマホ)へ送信される認証コードの入力を義務化することで、不正アクセスを防止するログイン方法。

2段階認証は手軽にできて効果の高いセキュリティ対策です。ほとんどの取引所で導入されているので、自分のアカウントがある取引所では必ず設定しましょう。

 

ログイン後「アカウントとセキュリティ」>「2段階認証設定」へ進みます。

フィスコの2段階認証画面

「Google Authenticator」というアプリを使って2段階認証設定ができるので、こちらからインストールを。

アプリ起動後、フィスコの画面に表示されているQRコードを読み込みます。

次はアプリ側に表示されたコードを、逆にフィスコ側へ入力し返すと設定完了。サクッと終わると思います。

【最後に】FISCO(フィスコ)の登録/口座開設方法まとめ

フィスコのロゴ

フィスコは強固なセキュリティとマニアックな通貨を取り扱う国内取引所です。

デザインが使いにくいなどの声もあり、今後のアップデートが気になるところですが、

登録に最大で2週間かかる可能性があるということなので、興味がある方は早めに申し込んでおきましょうね。

\今すぐ登録!/

Fisco(フィスコ)公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です