【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

下降トレンドのときの心構え|今は「耐えるターン」であることを意識する

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。最近、市場全体に元気がないね・・・。なかなか資産が増えなくて辛い時期かも

 

12月から1月初めはまさにお祭り相場といった感じでしたが、最近は市場が縮小気味です。全体の時価総額を見ても、ピーク時から10兆円ほど減っています。

 

この状況を受けて、おそらくほとんどの人は資産が減っているはず。下落し始めてからそろそろ一週間になるので、資産が増えない!と焦燥感を覚えている人もいるのではないでしょうか。

ただ、こういった状況で余計なトレードをするとドロ沼にハマります。損切りの連続で資産の減少が加速する可能性大です。

 

個人的な考えですが、仮想通貨投資には「耐えるターン」と「儲けるターン」があると思っています。

今は「耐えるターン」。資産を増やすことよりも、なるべく減らさないことを目標にする時期だと考えています。

 

耐えるターンの間にできること

 

トレードが上手い人であれば、数少ない上昇銘柄に乗り換えて資産を増やしていけるかもしれません。

ただ、それができる人はそこまで多くないと思います(自分も含めて)。

 

となると、できることは静かにホールドするのみ。コインの特徴や将来性をしっかり調べていれば、多少の下落なら余裕で耐えられるはずです。

すぐに手放したくなってしまうのは、そのコインについて十分にリサーチできていないから。なんとなくで買ったコインはなんとなくで売りたくなってしまうものです。

 

ポートフォリオを短期用と長期用に分けておくのも手

 

ポートフォリオを長期用と短期用に分けておくのも有効です。

長期用の資金で買ったコインは基本売らない、短期用の資金で買ったコインは状況に応じてトレードする、これを意識するだけで精神的にかなり楽になりますよ。

 

一番ダメなのは、上昇している銘柄に何の根拠もなく飛びついてしまうこと。まるで救いの手にも思えますが、それで勝てるのはまれです。

多くの場合は天井付近で掴むことになり、結局損きり・・・という最悪のパターンになってしまうでしょう。

 

上がる根拠が自分の中で説明できるなら問題ありませんが、短絡的なトレードは失敗に終わる可能性が高いです。

 

儲けるターンを逃さないために

 

大きく儲けるためには、原資がいくらあるかが重要です。同じ2倍の伸び率でも、原資が100万円と1,000万円では利益が大きく違ってきます。

 

耐えるターンで余計な損をしてしまうと、儲けるターンでの利益が少なくなってしまうかもしれません。

中途半端なトレードをして、原資を減らさないよう心がけたいところです。

 

まとめ

 

資産が減っていく状況が続くのは精神的に辛いものがありますが、必ずチャンスは訪れるはず。

そのときにしっかり稼げるよう、今ある資産を大切にしましょう。