【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

仮想通貨(ビットコイン)暴落の要因は?仮想通貨市場の今後の見通しについて

9/5から9/6にかけてビットコインをはじめとした仮想通貨が暴落しました。

今回はその原因と今後の見通しについて解説しました。

仮想通貨はどうなってしまうのでしょうか。

この記事を読むと
  • ビットコインの暴落の原因がわかる
  • ビットコインの今後の見通しについてわかる
  • ビットコインの暴落の状況がわかる
「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

仮想通貨(ビットコイン)暴落

9/5の夕方から9/6の朝にかけて約81万円から約70万円に短期間で大きく価格を下げました。

これほど急に価格が動くことは珍しく、これからの仮想通貨の値動きに不安を覚える人も多いのではないでしょうか。

ビットコインのチャートです。

価格のチャートだけ見たら今は非常に危険な状態と言えそうです。

今保ててるラインを割ったら底なし沼のように大きく下げる可能性も十分にあるでしょう。

なんとか保ってくれたらいいんですけどね。

仮想通貨(ビットコイン)暴落の要因は?

ニュース

まとめると
  • ゴールドマン・サックスが暗号通貨市場に関する取引デスクの設置の延期を発表
  • ビットコインは1000ドル以上の暴落
  • しかしそれはフェイクニュースだと判明
昨年12月、ゴールドマン・サックスが暗号通貨市場に関する取引デスク設置する予定であると報じられていました。

期待が高まっていましたが、今年9月5日に取引デスクの設置は行わないと明らかに!

この影響でビットコインは一時1000ドル以上、日本円にして12万円以上の下落となってしまい、多くのアルトコインもこれに影響を受けて軒並み10%ほどの暴落となりました。

しかしなんと、9月7日、このニュースがフェイクだったと明らかにされるという結末。

フェイクでこれだけ相場が動くなんて相変わらず仮想通貨の相場には驚かされますね。

仮想通貨(ビットコイン)は終わるの?

ビットコインのチャート

価格を見ていればそう思うこともあるかもしれませんが、まだまだ危険なラインは割っていませんし、これから大きくあげる可能性も十分あります。

また、これから実需として仮想通貨が使われることが期待できるので、まだまだ終わりとは言えません!

本来の仮想通貨の目的は決して投機ではないはずです。

決済や送金、dappsなどがこれから技術的にも発展し、実用的に使われることが期待されます。

仮想通貨(ビットコイン)の目先の価格を追うのはやめよう

ビットコインの暴落

短期トレーダーでもない限り、目先の価格を追うのは非常に無駄なこととも言えます。

いちいちチャートを見るのは疲れますよね?

本格的に仮想通貨やブロックチェーンの技術が使われるようになるのは数年後になると考えられています。

このような技術に期待するなら小さな価格変動に惑わされずに長期的なスパンで見るようにしましょう。

仮想通貨では自分の信じる通貨をホールドし続けるというのも1つの重要なスキルです。

現在33円のリップル(XRP)も普及すれば理論的には1000万円まで上がると言われてますしね!

仮想通貨(ビットコイン)は今後どうなる?

新規買いが入らないと価格は上がらないの?

新規参入者

当たり前ですが、新規で買い手が入らないと仮想通貨の価格は上がりません。

今の仮想通貨にはコインチェック事件などネガティヴな印象があったり、そもそも仮想通貨を技術的に理解せず怪しいものだと考える層も一定数います。

そう考えると、今から仮想通貨に手を出す仮想通貨を保有したことがない層は去年に比べるとだいぶ減っていると考えられます。

ただ、一般人だけでなく、さらに機関投資家が参入するようなことがあれば状況は変わると思います。

投機としての仮想通貨の終わりを考える人も少し増えてきている印象です。

もうバブルはないの?

ビットコインのトレード

以上のように現状を考慮すると、もう去年のような暴騰は来ないのではないでしょうか。

年初の暴落の反省からもただ儲かるからという理由で参入する人は少なくなるでしょう。

この先技術的な理解も深まって適正な価格がついていくことが期待されています。

実需としての仮想通貨として普及するの?

ビッグカメラのビットコイン決済

投機だけでなく、実需として仮想通貨が普及する未来が現実的になっています。

価格のボラティリティ(価格変動率)が下がっていき、安定してますます通貨としての役割を担っていくことでしょう。

また、技術的にも非常に注目されています。送金インフラの整備や多くのdapps、ブロックチェーン事業が少しずつ出てきて、実現が現実的になってきました。

実需としての普及を期待したいですね!

仮想通貨(ビットコイン)暴落まとめ

9/5から9/6にかけて仮想通貨は軒並み暴落しましたが、まさかのフェイクニュースというオチで終わりました。

今後は投機目的だけでなく、技術的にも発展して実用的に使うことができる幅も広がっていくのではないでしょうか。

毎度のことですが、暴落してもあまり過剰に反応する必要はないのではないかと思います。

BitMEXのロゴ

価格変動が大きい仮想通貨ではロスカットのないBitMEXでの取引がおすすめです。

BitMEXに登録してみる!

関連記事を紹介するよ!

ゴリわかくん

ビットコインの買い時は?ビットコインの購入を考えている方におすすめです!
【初心者必見】ビットコインの買い時はいつ?ビットコインの投資方法を分かりやすく解説!

リップルの買い時は今!?リップルの購入を考えている方はこちらから!
【11/7最新】2018年はリップルが買い時!?その理由と実際の買い方をご紹介!

仮想通貨の今後についてさらに詳しく見ていきたい方はこちら!
仮想通貨(ビットコイン)は終わった?仮想通貨は終わっていない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です