【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

仮想通貨投資の始め方を1から解説|購入方法からおすすめの取引所、リスクまで紹介。

2017年末の話題をかっさらった「仮想通貨」。
仮想通貨の代表である「ビットコイン」の価格は1年で20倍以上になり、資産億超えを果たした「億り人」も多数誕生しました。

現在、仮想通貨市場はやや下火になっていますが、参入を検討している人、企業は多いようです。
2017年6月から投資をしているので、その経験をもとに、お得な投資の始め方と仮想通貨投資のリスクを解説していきますね。

投資を始めるためには仮想通貨取引所というところで仮想通貨を購入する必要があります。

ちなみにゴリわかメンバーではビットバンクという取引所をみんな使うようにしていますよ。

ビットバンクは取引手数料がかからず、無駄な費用が一切かからないのでオススメですよ。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

仮想通貨の基礎をおさらい

まず始めに、仮想通貨について簡単に説明しておきますね。ビットコインの特徴をざっくり表すとこんな感じです。

  • 実体がない(ネット上にデータとしてのみ存在)
  • リアルタイムでレート(価格)が変動する
  • どの国の人でも買ったり、売ったりできる

『データを改ざんされたりしないの?』と思う方がいるかもしれません!しかし、

その心配はありません。ビットコインに使われている技術「ブロックチェーン」は改ざんに対する絶対的な耐性を持っており、実際今まで改ざんや不正が起こったことはありません。そして多くの人がそれを信頼しているので、「価値」が生まれているわけです。

ビットコインの価格はリアルタイムで変動します。現時点でのビットコイン価格は100万円ほどですが、1ヶ月後には200万円になっているかもしれません。それに期待してビットコインを買う人がいるわけですね。

また、仮想通貨はビットコインだけではありません。全部含めると1000種類以上あり、それらはまとめて「アルトコイン」と呼ばれます。もちろんそれぞれに固有の名前もありますよ。図にするとこんな感じですね。

仮想通貨の分類図

仮想通貨に関する基礎知識はこのくらい抑えておけばとりあえずOK。次は、仮想通貨投資のリスクについて説明していきます。リスクを知らずに投資を始めることほど愚かなことはありません。必ず知っておいてください。

仮想通貨投資の始め方を1から徹底解説!

「投資」と聞くとなんだか難しようなイメージがありますが、仮想通貨においては決してそんなことはありません。多くの人が投資未経験からスタートしていますし、自分もそうでした。Amazonを使えるくらいのネットリテラシーがあれば十分投資に参加できます。

仮想通貨(ビットコイン)を買うまでに必要な手順は以下の3ステップ。

  1. 仮想通貨取引所にアカウント登録する
  2. 日本円を取引所に入金する
  3. ビットコインの購入手続きをする

それぞれの手順はとてもカンタンで、時間も10分かかりません。以下で詳しく解説していきますね。

また現在、ビットコイン価格は100万円近くなっていますが、ビットコインは小数点単位から買える(0.01枚とか)ので、1,000円もあれば投資をスタートできます。以下の記事では、仮想通貨投資はいくらから始めるべき?という疑問に対して解説しています。

 

 

仮想通貨取引所にアカウント登録する

ビットコインを入手する手段はいくつかありますが、一番メジャーなのは仮想通貨取引所で購入することです。

取引所の利用にはアカウント登録(=口座開設)が必要になりますが、アカウント登録だけなら無料なので、気楽に登録してみてくださいね。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

投資初心者におすすめの取引所

仮想通貨取引所は国内だけでも複数あり、特徴やサービス内容が少しずつ異なります。メジャーな取引所は以下の4つ。

どの取引所でもビットコインは購入できますが、個人的には「ビットフライヤー」をおすすめします。

その理由として、

  • 国内で最大手の取引所であり、ユーザー数も多い
  • セキュリティがしっかりしており、安心感がある

などがあります。少し前はよくテレビCMを流していたので、名前を知っている人も多いかもしれません。ビットフライヤーはセキュリティが世界一と評価された実績があり、比較的安心して利用できます。

投資初心者の人はまずビットフライヤーに登録してみて、少額ビットコインを買うことからスタートしてみましょう。慣れてきたら徐々に投資額を増やしていく、というスタイルがおすすめです。

 ビットフライヤーのアカウント登録方法

bitFlyer業務改善命令について
【2019年2月20日(水)更新】
現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

ビットフライヤーのアカウント登録には「本人確認ができる書類」が1つあればOK。具体的には免許証やパスポート、健康保険証などです。以下の公式ページも参考にしてください。

参考:ご本人確認資料について

 

本人確認書類のコピーを用意する必要はありません。「書類を写真に撮り、それをアップロードする」という手順で提出することになります。

アカウント登録の手順や書類のアップロード手順は以下のページで詳しく解説しているので、そちらを見ながら登録手続きを進めてくださいね。登録にかかる時間は10分くらいなのでサクッとどうぞ。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト

日本円を入金しよう

アカウントが認証されたら、次はビットコインを買うための日本円を入金しましょう。ビットフライヤーは3つの入金方法に対応しています。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(ペイジー入金)

おすすめはクイック入金。ネットで全ての手続きができるうえ、24時間365日入金できます。

MEMO
入金手数料が324円かかります。また、クイック入金で入金した分については、1週間の出金制限があるので注意してください。

「往信SBIネット銀行」の口座を持っているなら、そこから入金すれば手数料をゼロ円にできます。こちらも24時間365日入金できるのでとても便利。この機会に口座開設しておくのもアリです。

入金手続きはログイン後のアカウントページからできます。以下のキャプチャを参考にしてください(クイック入金の場合)。

ビットフライヤーの入金手順

 

ビットコインを購入しよう

 

日本円の入金ができたらさっそくビットコインを買ってみましょう。ビットフライヤーでビットコインが買える場所は2つあります。それぞれ「販売所」と「取引所」と呼ばれており、下のキャプチャの通りです。

販売所と取引所の違い

モナちゃん
どっちで買ってもいいの?

 

いいえ、ビットコインは基本的に「取引所」で買うべきです。というのも、「販売所」で買うと3%近い取引手数料がかかってしまうため。「取引所」なら0.15%の手数料で済むので、こちらを利用しましょう。

ちなみに「販売所」のメリットとして、購入手続きがカンタンというものがあります。なので、初心者の人にはこちらのほうが便利なのですが、いかんせん手数料が高すぎます。「取引所」での購入方法を丁寧に解説するので、ぜひこちらを使ってください。

 

「取引所」の使い方を徹底解説

いろんな情報が表示されていますが、注文すべきなのは真ん中の「注文板」と「注文フォーム」のみです。

取引所画面

注文板とは、他のユーザーの注文が並んでいるところ。この価格で買いたい、売りたいという注文が表示されているわけです。上半分が売りたい注文で通称「売り板」、下半分が買いたい注文で「買い板」と呼ばれ、リアルタイムで目まぐるしく変動しています。

注文板の売り板と買い板の区切り

 

ビットコインを買いたい場合は、売り板に表示されている価格で注文を出せばOK。上のキャプチャの例だったら、売り板が913,970円から並んでいるので、それ以上の価格で注文を出せばいいということです。

モナちゃん
でもぴったり注文するのって難しいし、高い値段で買っちゃったらイヤだなぁ・・・

 

安心してください。高い価格で注文しても、実際に買われるのは売り板の一番下のところからです。なので、適当に目星をつけて注文しても問題ありません。

100万円で注文しても915,672円から買われる

買い注文を出すには、画面下の注文フォームを使います。買いたい金額、数量を入力し、「コインを買う」をクリックすれば購入手続きは完了。日本円がビットコインに換金されます。購入したビットコインはビットフライヤー内の口座に自動的に保管されますよ。

注文フォームの入力方法

 

売り板より安い価格で買い注文を出した場合は、買い板に自分の注文が並べられます。そしてビットコイン価格が下がってきて、その価格になると自動的にビットコインが購入されます(この注文方法を指値注文と呼びます)。

指値注文は画面下の「注文履歴」からキャンセルできるので、間違って注文してしまった場合はそこからキャンセルしましょう。

指値注文のキャンセル方法

ビットコインを売却する場合も全く同じ手順です。もちろん好きなタイミングで売却できますよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトへ

 

取引所リスクを回避するために

前述したように、仮想通貨投資には取引所の破綻リスクがあります。もしビットフライヤーが倒産してしまえば、預けていた資産もそのまま消滅してしまうかもしれません。このリスクを回避するには2つの方法があります。

  • 自分用のウォレットを作成し、自己責任で管理する
  • 複数の取引所に資産を分散させておく

 

ウォレットを日本語に訳すと「財布」という意味。仮想通貨はデータなので自分用のウォレットに移動させることができ、これにより取引所の破綻リスクを完全に回避できます。

ただ、ウォレットの作成、管理はややハードルが高く、誤操作によってビットコインを消滅させてしまう可能性もゼロではありません。

 

それよりは、複数の取引所にアカウント登録し、資産を分散させておく方法をおすすめします。破綻リスクをゼロにすることはできませんが、万が一の場合でも被害を最小限に抑えることができます。

ビットフライヤーで少額ビットコインを買ってみて、仮想通貨投資の雰囲気を掴めたら、今度は別の取引所でビットコインやアルトコインを買ってみましょう。購入手続きはどの取引所でもほとんど変わりません。

ビットフライヤーでは購入できないけれど、bitbank(ビットバンク)でしか買えないアルトコインも多数あるので、今すぐ利用する予定はなくてもとりあえず登録しておくことをおすすめします。

 

仮想通貨投資のリスク3つ

 

仮想通貨投資のリスクは大きく分けて3つあります。投資を始める前にしっかり把握、理解しておきましょう。

  • 価格が下落してしまうリスク
  • 仮想通貨取引所のハッキング、破綻リスク
  • 仮想通貨を利用した詐欺被害リスク

それぞれ解説しますね。

 

価格が下落してしまうリスク

 

前述したように、仮想通貨の価格はリアルタイムで変動しています。そして上昇するばかりではなく、大きく下落することもよくあります。

2017年は一時的に下がってもすぐに大きく上がり続けたので、まさにアホでも儲かるイージーゲームでしたが、2018年に入ってからは下がる一方。大きな損失を出して退場(撤退)する人が後を絶ちません。

ビットコインのチャート

 

もちろん自分はまだまだ上がると考えているので投資を続けていますが、仮想通貨投資は必ず儲かるわけではない、ということを肝に命じておいてください。

ただ、仮想通貨投資で借金するリスクは基本的にゼロです。投資に失敗して借金地獄・・・というドラマみたいなことは起こらないので安心してくださいね。

 

 

仮想通貨取引所のハッキング、破綻リスク

 

仮想通貨取引所とは、ビットコインやアルトコインを売り買いできる場所で、アカウント登録することで利用できます。

購入した仮想通貨はそのまま取引所に置いておくことができますが、万が一、取引所が破綻した場合はその仮想通貨が返還されない可能性があります。

多くの人がそう考えていたところに起きた「コインチェックのネム不正流出事件」。最終的に資産は全て返還されましたが、日本の取引所であっても必ずしも安全ではないということが浮き彫りになりました。

取引所を運営している企業はベンチャー系が多く、万全なセキュリティ体制を提供できていないこともあるようです。このリスクの回避方法については後ほど詳しく解説しますね。

 

仮想通貨を利用した詐欺リスク

 

仮想通貨に関する法律はまだまだ整備されておらず、現状はほぼ「なんでもアリ」の状態です。たとえば、株式投資では価格を操作する目的で嘘の情報を流す(風説の流布)と「金融商品取引法」により厳しく罰せられますが、仮想通貨市場にはそのような法律がまだありません。

そのため、Twitterなどでは買い煽り、売り煽りと呼ばれる「今買わなきゃ損するよ!」みたいなツイートが無限に溢れています。

他にも、明らかに使い道のない仮想通貨を発行して資金を集め、そのままトンズラするという、悪質極まりない企業、団体も存在します。

つまり、仮想通貨市場では詐欺に近いことが平然と行われているということ。人の意見を参考にするのは自由ですが、最終的な判断は自分の意思で行うようにしてくださいね。良くも悪くも「投資は自己責任」です。

 

仮想通貨投資の始め方まとめ

仮想通貨投資は投資未経験者でもカンタンに始めることができ、投資デビューの場としてうってつけです。

まずは少額から始めてみて、投資の雰囲気を感じてみてくださいね。

慣れたら、仮想通貨FX、アルトコインFXと色々な投資方法を試してみてください!

初心者におすすめの取引所はビットバンクです。

チャートも見やすく始めてからすぐでも感覚的に使い方がわかると評判です。

bitbank(ビットバンク)公式サイト