【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

仮想通貨(ビットコイン)投資で借金する可能性はある?その対策についても解説

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。仮想通貨投資で借金する可能性はないのか解説していくね!

 

テレビドラマで、投資に失敗して大きな借金を背負うというシーンを見かけますよね。それを見て、投資は危ないものと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。

また、仮想通貨投資に興味はあるけど、借金するかもしれないリスクがあるなら怖いなぁと思っている人も多いはず。

まず安心してほしいのは、基本的に投資で借金することはありません。借金ができてしまう投資方法もありますが、自分でそのリスクを選択しない限りは関係ないことです。

このページでは、どのようなケースのときに投資で借金してしまうのかについてまず解説し、そのあと借金リスクがない投資方法について説明していきますね。

仮想通貨投資を始める

 

仮想通貨投資で借金してしまう理由

投資で借金する可能性があるのは以下の2つのケースのみです。逆に言えば、この2つをしない限りは借金を背負うことはありません。

  • ビットコインFXでレバレッジ取引し、大きな損失を出す
  • 原資(元手)を作るために借金し、投資に失敗する

 

モナちゃん
いまいちわからないかも・・・

あかしぃ
それぞれ詳しく解説していくね

 

ビットコインFXでレバレッジ取引する

 

ビットコイン(仮想通貨)の取引方法は2種類あり、それぞれ「現物取引」と「レバレッジ取引」と呼ばれています。

 

現物取引では、自分の資金の範囲でしかビットコインを購入できません。

たとえば、1万円の投資資金であれば、最大で1万円分のビットコインしか買えないということです。

 

一方、レバレッジ取引では、自分の資金を超えてビットコインを購入できます。たとえば資金が1万円しかなくても、20万円分のビットコインを保有できるんです。

足りない19万円については、一時的に仮想通貨取引所から借りることになります。

仮想通貨取引所
ビットコイン(仮想通貨)を売買できる場所。アカウント登録(=口座開設)することで利用できる。仮想通貨投資をするなら登録が必須。

 

レバレッジとは、日本語で「てこの原理」のこと。いわば自分の資金を担保にして、多くの資金を借り入れている状態ですね。イメージとしてはこんな感じ。

 

そしてレバレッジをかけてビットコインを取引することを「ビットコインFX」と呼び、少ない資金でも大きな利益を狙える取引方法になります。

モナちゃん
それならビットコインFXをしたほうが便利だし、チャンスも大きくない?

あかしぃ
チャンスは大きいけど、その分リスクも大きいよ。借りたお金は返さなくちゃいけないからね

借りたお金は当然返す必要があります。もちろん、利益が出た場合は問題なく返せるでしょう。

先ほどの例でいえば、借りた分と合わせて20万円分のビットコインを購入し、そのあとビットコインが値上がりすれば、資産は20万円以上になるわけです。

 

これなら借りた19万円は問題なく返済でき、残った分は自分の利益になります。

問題は、損失が出てしまったときです。ビットコインが値下がりして自分の資産が18万円に減ってしまった場合、19万円を返すことができなくなります。

 

この場合は、新たに1万円を取引口座に補充して、埋め合わせをする必要があります。

 

1万円程度ならすぐに補充できるでしょう。ただ、これが100万円、1,000万円となるとどうでしょう?

これが投資で借金をしてしまう理由の一つです。FX(レバレッジ取引)は見返りも大きいけれども、リスクも大きい取引方法だと知っておきましょう。

MEMO
実際には、ユーザーが多額の借金を負わないための仕組みがあります。それでも、借金のリスクがゼロになるわけではありません。

 

原資(元手)を作るために借金をし、投資に失敗する

 

こちらはとても単純な話で、投資資金を作るために消費者金融などから借金をして、結果返せなくなってしまったというものです。

投資に成功すれば問題なく返済できますが、失敗した場合は返済に困ることになります。

投資資金は必ず自分の資産から捻出するようにしましょう。

あかしぃ
ドラマでよく見る「投資に失敗して借金!」は、このパターンが多い気がするね

 

仮想通貨投資で借金のリスクをゼロにする方法


モナちゃん
借金を作ってしまう原因はわかったけど、じゃあそのリスクをゼロにするにはどうすればいいの?

あかしぃ
FXはしないようにして、現物取引だけするようにすればOKだよ

 

借金リスクをゼロにする方法は、取引方法を「現物取引」だけに絞ることです。つまり、FXをしないようにするということですね。

 

現物取引なら、自分の資金の範囲内でしかビットコイン(仮想通貨)を買えないので、借金を背負うリスクはありません。

たとえば10万円を用意して、10万円分のビットコインを購入したとしましょう。もしビットコインの価値がゼロになったとしても、その10万円がなくなってしまうだけで済みます。

ビットコインの価格がマイナスになることはありませんから、10万円以上の損失が出ることはありません。

bitFlyerで取引を開始する

[bitflyer-alert-snippet]

ほとんどの人が現物取引のみで利益をあげている

 

あかしぃ
自分も現物取引だけで利益を出せているよ。そもそもFXは素人がそう簡単に勝てるものじゃないし・・・

 

仮想通貨投資をしている人の大半は現物取引しかしていません。というより、投資の基本は現物取引で、それで十分利益を出せるので安心してください。

ビットコインFXはハイリスクですし、テクニックも必要になるので、トレード素人がおいそれと勝てるものではありません。

 

ただ、借金の心配がないからといって、いきなり大金を投資してしまうのも考えものです。

大きなお金を入れると、少しの値動きで一喜一憂することになり、そればかり気になって日常生活に支障をきたします。

 

まずは1万円から10万円程度の少額でスタートして、雰囲気を掴むことから始めてみましょう。

なんとなくで投資しても、いきなりその資金がゼロになるようなことはほぼありえませんから、「えいやっ」といった感じで思い切って始めてみるといいですよ。

低リスクで仮想通貨投資を始める方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

まとめ

まとめるとこんな感じ。

  • ビットコインFXをしなければ、仮想通貨投資で借金することはない
  • まずは少額から投資をスタートしてみよう

 

仮想通貨で投資デビューする人も多いようです。よくわからないことや不安な点もあるかもしれませんが、とりあえず経験してみることが大事です。

この記事で解説したように、FXさえしなければ借金を背負うことはないので、まずは少額で始めてみてはいかがでしょうか?

 

bitFlyerで取引を開始する

自分も投資未経験からのスタートでしたが、十分な利益を出せています。幸い、仮想通貨は誰でも簡単に買えるので、投資デビューにうってつけだと思いますよ。

以下の記事で、5万円程度から仮想通貨投資を始める方法(もちろん現物取引で)について詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。