【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

【絶対買うな!】コインオタク伊藤氏が考える仮想通貨の今後,将来性は?

今回はCoin Otaku(コインオタク)を運営する伊藤健次さんにインタビューしました。

普段から積極的に仮想通貨の情報を発信されている方で、実際会ってみると優しくも説得力のある話し方に惹きつけられてしまいました

イケメンすぎてつらい

仮想通貨の今後/将来性から、仮想通貨は儲かるのか、ぶっちゃけいくら仮想通貨で儲けたのかなど突っ込んだ話をしているので、ぜひ参考にしてみてください。

伊藤健次氏のプロフィール

伊藤健次氏

現在コインオタク代表&投資家。コインオタクは数ある仮想通貨メディアの中でも、常に違う角度から記事を執筆する人気Webメディア。

伊藤氏は「仮想通貨市場の最前線を知る男」として世界中の仮想通貨界隈の人脈を持つ方で、テレビ出演経験も。現在は日本を拠点にシンガポール,マレーシア,韓国,中国で活動している。

注意!

コインオタクの方々は自由主義のアーティストです。わからないことがあれば、何回も読み直してLine@で質問してみましょう。

コインオタクのLine@はこちら

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

伊藤氏が考える仮想通貨の今後/将来性

ーー率直に言って仮想通貨は今後どうなると思いますか。

伊藤氏:まず仮想通貨を、

  1. ビットコイン
  2. イーサリアムとリップル
  3. その他アルトコイン

の3つに分類したとしましょう。

③は真っ先になくなる仮想通貨。草コインは実質経済がまず求めていない。
欲しい人が勝手に作っているだけなんですよ。

①のビットコインはもう用済み。
仮想通貨を普及するという記号的な役割はすでに果たしました

最後に②ですが、市場に価値を生むコインとして若干の希望が残っています
ただ現状投機的なところが否めませんね。

私たち仮想通貨市場に参加していない一般人から見て、アルトコインの数は今後減少するでしょうね。

中央集権ゴリラ

また仮想通貨市場はゼロベースで市場が作り直されると思います。

そしてこれからはベネズエラのPetro(ペトロ)のような国承認ベースの合法仮想通貨がメインストリームになると踏んでいますね。

今既にある株式市場がもう一個できる感じです。

ーー国承認ベースの仮想通貨といえば「STO」というのがありますが、これについてはどうお考えですか?

STOとは

セキュリティトークン・オファリングの略。ICOと違って規制当局(SECなど)へ事前に調達の許可を求める資金調達方法。
またセキュリティトークンとして法的に価値を裏付けられた金融商品と価値を結びつけることができるため、投資家保護の観点から注目されている。

伊藤氏STOは嘘

仮想通貨の将来性のなさを誤魔化すために生まれたものでしょう。

ICOやSTOは仮想通貨というめちゃくちゃ小さい市場を細かく分割しただけ。

どっちもいずれなくなりますよ。

ーーふぇえええ。

STOは嘘

ビットコイン(BTC)の適正価格は0円

ーービットコイン(BTC)の適正な値段はいくらだと思いますか?

伊藤氏0円です。

もともと通貨は信用でできています。

通貨としての信用が失えば価値は0になりますが、例外的に金(きん)は信用を失っても、金(きん)としての素材的な役割が残っていますよね。

このように原価的な考え方でいうと、データの本質的な価値は0円なんですよ。

ビットコインの原価は0円

また合計発行枚数と時価総額の関係性から、置き換えられていない流通額を考えると、

1BTC 500万円

1XRP 1000円

が目標額といったところ。

そもそもここぐらいまでいかないと機能しませんよ。

 

ーーふぇえええええ。

伊藤氏:逆に質問してもいいですか。

今1億円もらえるとしたら何割現金と仮想通貨にします?

 

ーー現金:仮想通貨=7:3ですかね。伊藤さんは?

伊藤氏もちろん現金:仮想通貨=10:0ですね。

仮想通貨そのものに価値はありません

加えて仮想通貨は”仮想通貨に価値を感じている人”の間でしか流通しないからダメなんですよ。

仮想通貨そのものに価値はない

相対的に円の力は弱くなってきていると言いますが、仮想通貨の場合は別。

なんてったって、ビットコインには投機以外の使い道がないから論外です。

仮想通貨なんて絶対買わない方がいいですよ。

ーーふぇえ。

コインオタクとして仮想通貨を発信する真意

ーー仮想通貨そのものに価値はないとおっしゃってましたが、仮想通貨を発信している自分に価値はあると思っていますか?

伊藤氏:はい。

発信した情報からテクノロジーに触れてもらうことによって、

読者には仮想通貨の利便性,投機性,ビジネスなどのベネフィットを感じてもらえるからですね。

また仮想通貨という共通言語でしか話せないことは確実にあると思います。

テクノロジーに触れてほしい

ーーメディアをやっていて楽しいですか?

伊藤氏:仮想通貨の市場には、守りと攻めの波があると思うんですよ。

守りの波、つまり市場があまり盛り上がっていない時は、仮想通貨でつくった人脈を駆使してビジネスなどを展開して、

攻めの波では、投機などをして市場の盛り上がりに便乗する形がベストでしょう。

メディアをやってて面白いと思うのは、いつどのタイミングで波がくるかわかるからです。

これからはリップル(XRP)が儲かる

ーーこれからは実際どの銘柄が儲かりますか。

伊藤氏リップル(XRP)ですね。

アルトコインは仮想通貨の時価総額が50兆になるまで見送ろうと思っていましたが、

リップルはロックアップがあるので、価格が下がりにくいんですよ。

リップルのロックアップとは

リップル社が発行した1000億XRPのうち、半数をロックアップ(凍結)して少しずつ市場に放出することにより、価格の急激な下落(デフレ)や価格操作を防ぐ方法。

ビットコインとリップルを1:1で年末まで持ってたら、どっちかが爆益と叩き出すと思いますよ。

リップルのロックアップ

ーー長期目線でどの通貨が残ると思いますか。

伊藤氏:仮想通貨市場の時価総額は100兆,200兆を超えるでしょう。

ただ今のTOP10からはビットコインとリップルぐらいしか残らないと思います。

新しいTOP10には国が発行する仮想通貨(合法的仮想通貨)も含まれるでしょうね。

リップルとイーサリアム

ーー将来性が高いと言われるイーサリアム(ETH)はどうなりますか。

伊藤氏イーサリアムはリスクがでかいですね。

ヴィタリックが「負債論」を読んでイーサリアムを思いついたということは、正直ヤバさしかありません。

ビットコインのみならず、資本経済の概念そのものを破壊しにかかっていると考えていいでしょう。

イーサリアムは既存を破壊し尽くすというインパクトのある通貨です。

 

結局、こういう類の話は最終的にルールが変わることに耐えられるか」という話になると思います。

僕は余裕で変化を楽しめますが。

ルールは変化する

ぶっちゃけ伊藤氏が仮想通貨で儲けた額

ーーぶっちゃっけ仮想通貨でいくら儲かりましたか?

伊藤氏:リップル(XRP)が1円以下の時に買えたので、仮想通貨の暴騰のおかげもあって、投資した200万円が6000万円を超えました

もともと(買った)当時はビットコインが17万円もしたため、リップルは1円以下で買える通貨ということで人気が高かったと思います。

資産が6000万円を超えた時点で、自分が仮想通貨業界での発信者側に回りました。

稼ぎまくった結果、資本主義でどう生きるかなんてどうでもよくなったので、

そこから思想が今のような自由主義に傾いていきましたね。

リップルの投資を始める様子

そんな僕から最後に言えるのは、経済的自由を手に入れた先になんの自由を求めるか」ということです。

お金を稼いでもその先で付きまとう「縛られている」感覚があるはずなので、

ぜひ「お金を稼いだ先の自分」を想像してみてください

 

この記事に関する質問は、こちらコインオタクのLine@で受け付けています!

コインオタクのLine@はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です