【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

コインチェック(Coincheck)の本人確認攻略ガイド!登録からIDセルフィーの仕方,ハガキ到着まで。

コインチェックにアカウント登録しても、すぐに使えるようになるわけではありません。

登録後、コインチェック側で本人確認が行われ、それが完了するのを待つ必要があります。

完了までにかかる日数は1、2日ほど。長く感じますが、焦らず待ちましょう。

今回は、コインチェックの本人確認の仕方を詳しくご紹介します。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

コインチェック(Coincheck)の登録方法を完全攻略!アカウント作成から仮想通貨購入まで。

本人確認が完了すると、その旨が書かれたメールが届きます。こんなメールです。

 

このメールが届いた時点から、日本円の入金や仮想通貨のトレードができるようになりますよ。

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
コインチェックのバナー
感動する使いやすさ!
アプリが手放せない!
日本のド定番取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
アルトFXも完備!
送金手数料が無料!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

コインチェックの本人確認に使える書類

 

コインチェックの口座登録の際に使える本人確認書類は、

運転免許書・運転経歴証明書・マイナンバーカード・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・住民基本台帳カード

上記のいずれかが必要になります。

マイナンバーカード以外は、表裏両方の写真が必要になりますので注意してください。

IDセルフィーの撮り方

コインチェックのIDセルフィー

本人確認のため、個別の本人確認書類とは別でさらに、手に有効期限内の身分証を持ちセルフィーをとりコインチェックに提出してください。

サングラスなど帽子は被らずに写真を取ることをおすすめします!

もし写真が見にくかったり、顔が隠れていると再提出を要求される可能性がありますので注意が必要です。

本人確認完了後、書留郵便でハガキが発送される

 

本人確認が完了すると、コインチェックからハガキが発送されてきます。

ハガキが到着するまでの期間は、アカウント登録から5日程度。

このハガキを受け取れば、コインチェックでのアカウント登録手続きは完了です。

簡易書留で送られてくるので、日本郵便が自宅に届けてくれるはず。

ただ、このハガキを待たなくてもコインの売買は可能です。本人確認完了のメールが届いた時点で、入金とコイン取引はできるようになっているんです。

MEMO
一部の機能(日本円、各コインの出金)はまだ制限されているので注意してください。

 

ハガキを受け取る意味

 

コインチェックからのハガキは必ず受け取るようにしてください。

受け取らないと本人確認のやり直しになってしまいます。

また、もう一度本人確認が完了するまではコインの取引ができなくなり、日本円の入出金も制限されます。

 

本人確認を何度も待つのは面倒なので、忘れずにハガキを受け取るようにしてくださいね。ハガキは自分以外の家族でも受け取れます。

ハガキ到着時に不在だった場合、ポストに不在届が入っているはず。簡易書留の保管期限は7日間なので、早めに再配達を依頼しましょう。

 

ハガキを受け取ってから何かアクションを起こす必要はありません。

ハガキが到着すると、その報告がコインチェックに行くようになっているようで、アカウント登録が完全に完了した旨のメールが送られてきます。

これで日本円、各コインの出金を含めた、全ての機能を利用できるようになります。

 

本人確認ができない場合の対処法

 

どれだけ待っても本人確認が終わらない・・・、そんなときは以下の3つの点をチェックしてみてください。

  • 個人情報の入力と本人確認書類のアップロードが完了しているか
  • 入力した個人情報に間違いはないか
  • アップロードした本人確認書類は鮮明に写っているか

 

個人情報の入力と本人確認書類のアップロードは行なっているか

 

コインチェックのアカウント登録はメールアドレスとパスワードを入力して終わりではありません。

そのあと、個人情報の入力と本人確認書類のアップロードを行う必要があります。

コインチェックにログイン後、以下のような画面が表示されている場合は上記の手順が完了していないので、サクッと済ませてしまいましょう。

コインチェックホーム画面

 

入力した個人情報に間違いはないか

 

入力した個人情報に間違いがあると、本人確認が完了しない、またはハガキが届かない可能性があります。

入力した内容が正しいかどうか確認してみましょう。入力内容は、コインチェックにログイン後、サイドバーの「設定」→「本人確認」から確認できますよ。

内容を変更したい場合は、「変更」をクリックすればOKです。

 

また、コインチェックから内容が間違っている旨のメールが届いている場合もあります。

メールボックスも一度チェックしてみてください。

 

アップロードした本人確認書類は鮮明に写っているか

 

免許証やパスポートなどをアップロードする際、文字や顔写真が不鮮明だと本人確認が遅れる場合があります。

今からでも修正できるので、不安がある人は撮り直しておきましょう。変更方法は、個人情報の修正の場合と同じです。

 

また、本人確認書類に記載されている住所、名前と、現在の名前、住所が一致していないと本人確認は完了しないことにも注意してください。

 

問題が解決しない場合はサポートに連絡を

 

どれだけ対処しても本人確認が完了しないときや、そもそもの原因がわからないときはサポートに連絡しましょう。

以下のリンクからコインチェック問い合わせページに移動できます。

コインチェックお問い合わせページ

 

現在、新規登録者が殺到しているため、公式からの返信が遅れるかもしれませんが、何もしないよりはマシ。

問い合わせ内容が正確に伝わるように、現在の状況をしっかり説明するようにしてくださいね。

【注意】こんな方はコインチェックに登録できません

 

国内取引所コインチェックへ誰でも登録し取引ができるわけではありません。年齢制限や注意事項があるのでおさらいしましょう。

  • 20才未満の方
  • 75才以上の方
  • 日本国外に居住する方

以上の方は、コインチェックへ新規口座登録ができません。

もしあなたが日本国外にいる場合、本人確認のハガキを受け取ることができません。

日本国内で、すでにコインチェックへの口座開設&アカウント登録を完了させている場合は、国外でもコインチェックを利用することができます。

他の取引所にもアカウント登録しておこう

仮想通貨投資は複数の取引所を使い分けるのが基本です。その理由としては以下のようなものがあります。

  • 取引所ごとに取り扱いコインの種類が異なる
  • 一つの取引所に全ての資産を預けておくのは危険

国内で人気のある「モナコイン(MONA)」はコインチェックでは購入できません。

また、コインチェックは取引手数料が高いというデメリットもあります。

コインチェックは仮想通貨投資デビューにうってつけの取引所ですが、手数料のことを考えるとメインで使うのは厳しいです。

 

他の有名な取引所としては「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Zaif(ザイフ)」があります。

ともにコインチェックに比べると手数料は抑えめですよ。

この2つの取引所も登録後に本人確認を待つ必要があるので、いざというときにいつでも使えるよう、今のうちに登録を済ませておきましょう。

 

また、コインチェックだけに全ての資産を預けるのはリスキーです。

万が一、コインチェックがハッキングされたり、倒産したりした場合は、全ての資産が消えてしまうわけですから。

資産はいくつかの取引所に分散させておくようにしましょう。

まとめ

コインチェックのロゴ

まとめると、本人確認完了までにかかる日数は登録から1、2日。その後、ハガキ到着までは3日程度。そしてハガキは絶対に受け取るようにしましょう。

MEMO
コインチェックの本人確認が遅れていて、今すぐビットコインを買いたい!という人はビットフライヤーを使いましょう。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

【コインチェック(Coincheck)の評判/口コミ】3分でわかる特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA