【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

【2019年9月】コインチェックの評判は最悪?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!

コインチェックの評判

ゴリわかくん

コインチェックすごく使いやすいウホ、けどNEM事件あったし安全性どうなんだろウホ…
コインチェックの口コミ・評判について知りたいウホォォォォォォォォ

ゴリ美ちゃん

これから仮想通貨を購入する方は、取引所の口コミや評判について非常に気になるでしょう。

コインチェック(Coincheck)はスマホアプリが非常に使いやすくて人気な取引所です。

ただ2018年1月には「NEM流出事件」なども起こっているので、安全性に関しては不安に思う方も多いのではないでしょうか?

結論言ってしまうと、今のCoincheck(コインチェック)はセキュリティが大幅に強化されており、ユーザーからも良い評判がたくさん見受けられています!

間違いなく、初心者が最初に登録するのにピッタリな取引所です。

今回は、実際にCoincheckを長年利用している「ゴリわか編集部」が、ユーザーリアルな口コミ・評判を厳選しましたのでご紹介いたします。

ざっくり言うと…
  • Coincheck(コインチェック)は、2014年8月に運営を開始した歴史のある取引所。
  • 2018年1月には「NEM流出事件」を起こしたが、その後東証一部上場企業「マネックスグループ」に買収され、安全性は大幅に強化されている。
  • 2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けるまでに信頼を回復している。
  • 既に250万人以上のユーザーがCoincheckを使っており、取引手数料と入金手数料も無料。
  • 他の国内取引所である「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitbank」などと比較しても、総合的に考えるとやはりCoincheck(コインチェック)が最もオススメ!

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

コインチェック(Coincheck)の登録方法を完全攻略!アカウント作成から仮想通貨購入まで。

Coincheck(コインチェック)ってどんな取引所なの?

コインチェック 概要

会社名 コインチェック株式会社
親会社 マネックスグループ株式会社(東証一部 8698)
会社設立日 2012年8月
本社所在地 渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
代表取締役  勝屋 敏彦

Coincheck(コインチェック)は2012年8月に設立された会社で、2014年から仮想通貨交換業を行っています。

スマホアプリの使いやすさ・手数料の安さが評判を呼んでおり、仮想通貨が流行りだした2017年〜2018年頃から、たくさんの仮想通貨トレーダーの支持を受けています。

Coincheck(コインチェック)は2018年1月にハッキング被害を受けており、その後東証一部上場企業の「マネックスグループ株式会社」に買収されています。

ネット証券などを運営しているマネックスグループの傘下に入ったことで、セキュリティレベルは大幅に向上。

2019年1月には、金融庁から「仮想通貨交換業者」として認可を受けるまでに、信頼を回復させていますよ!

2019年7月にはモバイルアプリダウンロード数「250万」を突破しており、登録者数はグングン上昇しています。

▼Coincheckが再開!今後の動向を詳しく解説しています!▼

【最新情報】コインチェック(coincheck)が再開!|今後の動向をニュースから振り返り!

Coincheck(コインチェック)のメリットをおさらい!

コインチェックのメリット

ゴリわかくん

まずはコインチェックの特徴についておさらいしていくウホ!

10種類の仮想通貨を売買できる

Coincheck(コインチェック)では、国内最多である「10種類」の仮想通貨を取引することが可能です。

リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などの有名なアルトコインはもちろんのこと、ビットコインのライバルとされるライトコイン(LTC)や、ビットコインキャッシュ(BCH)まで幅広く取り扱っています。

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. イーサリアムクラシック(ETC)
  7. ネム(NEM)
  8. ファクトム(FCT)
  9. リスク(LISK)
  10. モナコイン(MONA)

過去には、匿名性の高い以下の4つの通貨を取り扱っていましたが、セキュリティやマネーロンダリング(資金洗浄)の観点から、上場が廃止されています。

4つの匿名通貨
  • モネロ(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • オーガー(REP)

2019年6月には10種類目の通貨である「モナコイン(MONA)」の取り扱いが開始され、大きく注目を浴びました。

モナコイン(MONA)を取り扱っている取引所は国内でも非常に少ないので、ありがたいですね。

名前も聞いたことがないコインがほとんどだと思いますが、アルトコインはビットコインにはない特徴や機能を持っており、それぞれが独自の価格で売買されています。

中にはこの1年で40倍以上値上がりしたアルトコインも存在していますよ!

Coincheck(コインチェック)なら、ビットコイン以外のアルトコインを知るきっかけになり、他の仮想通貨への知識も深まります。

他の取引所と比較しても、通貨数はCoincheckがダントツですね。

仮想通貨取引所名 取り扱い通貨数
Coincheck 10種類
GMOコイン 5種類
bitbank 6種類

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

▼Coincheckの10種類の取り扱い通貨を徹底解説!

Coincheck(コインチェック)の取り扱い通貨10種類を徹底解説!【銘柄の将来性も】

サイトデザインがシンプルで初心者にも使いやすい

コインチェック取引画面

投資と聞くと「テクニカル分析・ファンダメンタル分析とかやるのかな、なんだか難しそう…」と思いがちですが、そんなことはありません。

Coincheck(コインチェック)のコイン売買方式は「板を使ったトレード」ではなく、「店頭での販売」のようなものです。

コインチェックが提示する価格を見て、希望数量を入力すればすぐにコインを購入できます。

百聞は一見にしかず、ということで、具体例を見てみましょう。下のキャプチャはコインチェックのホーム画面です。

コインの一覧が表示されており、その横にそれぞれのコインの価格が表示されています。コインを買う場合は、買いたいコインのロゴをクリックします。

すると上の画面のようになるので、購入希望数量を入力し、支払う料金を確認後、「購入する」をクリックすれば購入手続きは完了です。すぐに自分の口座に結果が反映されます。

一連の流れの中にチャートなんか出てきませんでしたよね。このように、シンプルに操作できるのがコインチェックが初心者に人気な理由です。

日本円の入金もネットバンキングを使えば数分で済みますので、銀行に行かずとも簡単に入金を行うことができますよ!

スマホアプリも上記のように非常に見やすく、スマホから簡単に仮想通貨の価格を確認することができます。

また、ビットコインに限り板形式でのトレードも可能ですので、仮想通貨投資に慣れてきたらぜひチャレンジしてみましょう!

▼コインチェックの使い方・買い方をバッチリ解説!▼

コインチェック(Coincheck)での買い方,購入方法をわかりやすく解説!

仮想通貨の取引手数料が無料

Coincheck(コインチェック)では、ビットコインを含め全ての仮想通貨の取引手数料がなんと「無料」です。

取引手数料はトレードを行うたびに必要になるので、取引コストを大きく削減することができますね。

取引手数料には以下の2種類が存在していますが、両方とも無料に設定されていますよ!

2つの取引手数料
  1. Maker手数料(取引板に出ていない価格で注文を出す場合)
  2. Taker手数料(取引板に既にある価格で注文を出す場合)

▼Coincheckは手数料無料!各種手数料について解説!▼

コインチェック(Coincheck)でのネム(NEM/XEM)の購入・入出金・送金方法、手数料を徹底解説!

独自サービスとして「コインチェックでんき」を展開

コインチェックは仮想通貨売買以外にもさまざまなサービスを提供しており、その一つが「コインチェックでんき」というサービスになります。

コインチェックでんきって?

コインチェックが提携している電力会社と契約することで、毎月の電気料金のうち1~7%がビットコインとして口座に付与されるサービスのこと。

コインチェックでんきを利用することで、よりおトクに電気料金を支払うことが可能になります。

電気代を支払うだけでビットコインを受け取ることが可能ですので、実質タダでビットコインを保有することができますね!

また、電気料金をビットコインで支払うことで割引サービス(1~7%)を受けることもできますが、適用可能なのはどちから一つだけとなっています。

申し込みはコインチェック公式サイトからでき、現在の電力会社との解約手続きや新しいメーターの設置などの作業は全てコインチェックが行なってくれます。

電力会社の乗り換えを検討しているなら、コインチェックでんきの利用を考えてみましょう!

独自サービスとして「貸仮想通貨サービス」を展開

Coincheck(コインチェック)は「貸仮想通貨サービス」というものも展開しています。

レンディングとは「貸与」という意味で、文字通りコインチェックに保管している自分のコインをコインチェックに貸し出すことで、一定の利子を受けられるサービスです。

仮想通貨を預けているだけで報酬がもらえるので、固くコツコツ増やしたい方にはオススメです。

貸し出し期間中はコインの売却ができなくなりますが、しばらく売却する予定がないならレンディングしてしまうのもアリだと思います。お金に働いてもらっちゃいましょう!

仮想通貨の貸出期間に関しては、以下の4パターンから選択することが可能ですよ。

仮想通貨の貸出期間 利回り
14日 1%
30日 2%
90日 3%
1年 5%

上記をみても分かる通り、銀行にお金を預けるよりも高い利回りを得ることが可能です。

大きい資金を持っている方の方が有利ですので、固くコツコツ資産を増やしたい方はチャレンジしてみましょう!

▼Coincheckの貸仮想通貨サービスを実際にやってみた!▼

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)とは? 仕組みとおすすめ取引所を徹底解説!

一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていて安心

Coincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業でネット証券を運営している「マネックスグループ」を親会社に持っています。

ハッキング事件の後にマネックスグループに買収され、経営が移管されました。

マネックスグループはもともと「マネックス証券」などの金融業を行っていたこともあり、万全のセキュリティ体制を誇っています。

最近でも、取引所へのハッキングはしばしば見受けられていますので、運営元がしっかりしている取引所を選ぶのは非常に重要です。

もともと金融業を営んでいる「マネックスグループ」がバックについているので、Coincheck(コインチェック)は他の取引所と比較した場合でも、安全性が高いと言えるでしょう!

Coincheck(コインチェック)のデメリットもおさらい!

コインチェックデメリット

ゴリ美ちゃん

もちろんメリットだけではなくて、デメリットも存在しているウホ!しっかりおさらおするウホォ!

スプレッドが広めに設定されている

Coincheck(コインチェック)では「スプレッド」という手数料が広めに設定されています。

スプレッドは「目に見えない手数料」とも言われており、知らない間に取られている可能性がありますので、十分に注意する必要がありますよ!

スプレッドって?

仮想通貨の「購入価格」と「売却価格」の差額のこと。

取引所への実質の手数料のこと。

例えば上記のような場合、ビットコインの購入価格が「1,060,107円」で、売却価格が「1,092,395円」ですので、

1,060,107円 – 1,092,395円 = 32,288円

となり、スプレッドは「32,288円」という計算になります。

Coincheck(コインチェック)はこのスプレッドが若干広めに設定されていますので、十分に注意しましょう。

スプレッドは売買を行う度に取られますので、短期トレードを中心に行いたい方は、比較的スプレッドが狭い「取引所形式」を採用している業者を利用しましょう!

取引所形式を採用していてスプレッドが狭い国内業者は「GMOコイン」などが挙げられます。

短期売買を行いたい方は、スプレッドが狭くて取引手数料無料の「GMOコイン」に登録しておきましょう!

→GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設!

▼スプレッドって何?仕組みを分かりやすく解説!▼

コインチェック(Coincheck)のスプレッドは高すぎる!?|手数料を徹底比較!

レバレッジ取引が一時停止中

Coincheck(コインチェック)では、現在レバレッジ取引を一時停止しています。

現物取引のみの取り扱いですので、レバレッジをかけて大きく利益を狙いたい方には不向きと言えるでしょう。

さらに、レバレッジ取引に対応しているのは「ビットコインのみ」ですので、アルトコインのレバレッジ取引を行うことはできません。

▼コインチェックのレバレッジ取引についてはコチラ!▼

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引の方法を簡単解説!【専門用語の説明からやり方の手順まで】

2019年1月にハッキングを受けている

Coincheck(コインチェック)は2018年1月、外部からのハッキングを受けて「約460億円」の資金が流出しています。

現在はマネックスグループによって買収され、安全性・セキュリティは大幅に強化されていますが、ハッキングの過去を引きずったまま認識している方も多いでしょう。

まだネガティブな印象をお持ちの方も多いとは思いますが、金融庁からの認可もしっかりと受けているので、以前よりはるかに安心して利用することが可能になりましたよ!

▼コインチェックの安全性に関してはコチラ!▼

コインチェック(Coincheck)の安全性は大丈夫?セキュリティを徹底調査!【2段階認証の設定方法も解説】

Coincheck(コインチェック)の良い口コミ・評判は?

コインチェックの評判

ゴリわかくん

コインチェックには良い評判がたくさん見受けられるウホォォ
早速確認するンゴウホ

ゴリ美ちゃん

スマホアプリが見やすい&使いやすい

https://twitter.com/hiroko_akilog/status/1128101422132645888

やはり「スマホアプリが使いやすい!」という評判・口コミが多く見受けられました。

かんたんに設計されていますので、これから仮想通貨を購入する方に非常にオススメです!

ワンタッチで仮想通貨を購入できるので、取引タイミングも基本的に逃すことがありませんよ!

ハッキングされたのに復活したのはスゴい

https://twitter.com/yoshinakkuru/status/1084442074009657344

ハッキングされたのに登録再開しててスゴい…!」という意見も数多く見受けられています。

コインチェックのNEM流出事件では、約460億円相当の資金が外部に流出しました。

多額の資金が流出したにも関わらず、Coincheckはなんとその全ての金額を顧客に補償しているんです!

やはり一部上場企業である「マネックスグループ」が親会社になった影響は大きいのではないでしょうか?

手数料が無料!

取引手数料が無料なのが嬉しい!」という口コミ・評判も数多く見受けられています。

取引手数料はトレードを行う度に必要になりますので、無料だとコストを大きく削減することが可能ですね。

一部上場企業が親会社なので安心

https://twitter.com/D1VstoKGPac7Pc8/status/1134432488980279301

https://twitter.com/Eto_fuyuki/status/1141861649898360832

マネックスグループが親会社だから安心できる!」という評判も多く見受けられました。

ハッキング以前は「コインチェック株式会社」によって運営されていましたが、買収されてからはマネックスグループのメンバーがコインチェックの経営に携わる形になっています。

コインチェック株式会社で代表取締役を努めていた「和田晃一良さん」などは、執行役員として参画していますよ!

大資本や、優れたセキュリティノウハウを持った会社がバックに付いたことで、ユーザーの安心感が高まっているようです。

貸仮想通貨サービスの利率が高い

コインチェックの行っている貸仮想通貨サービスの評判がかなり良く、「銀行より利率が良いから、長期保有なら良いかも!」という声がたくさんありました。

確かに、銀行に預けたとしても利率は微々たるものですが、コインチェックの貸仮想通貨サービスなら、年利換算するとなんと「5%」と非常に高いです!

仮想通貨の長期保有を行う場合、貸仮想通貨サービスを行えばコンスタントに儲かるのかもしれませんね。

番外編:和田さんもTwitterやってるみたい

https://twitter.com/wadakooo/status/1148069984066666497

コインチェックの前社長「和田晃一良」さんもTwitterをやっています。

個人アカウントなので、雑談や仮想通貨に関することを呟いていることが多いイメージですね!

今でも仮想通貨業界で影響力を持つ1人ですので、気になる方はフォローしておきましょう!

Coincheck(コインチェック)の悪い口コミ・評判は?

コインチェックの評判

ゴリわかくん

コインチェックは良い評判も多いけど、ネガティブな評判もあるみたいウホォォォ
どんなネガティブ評判があるのかウホォぉ

ゴリ美ちゃん

スプレッドが広い

コインチェックは「販売所形式」を採用しているため、初心者の方でも複雑な操作をすることなく、かんたんに仮想通貨を購入することができます。

しかしその反面「スプレッド」が広めに設定されているので、短期売買を繰り返す方は注意が必要です!

スプレッドは取引を行う度に必要になりますので、特に短期トレードを繰り返す場合などは、要注意です。

ハッキング事件が心配

過去にハッキング事件があったから、ちょっと怖いな…」という口コミ・評判も見受けられています。

多額の資金が流出した事件ですので、ユーザーの記憶には強く焼き付いていることでしょう。

ただし先述した通り、Coincheck(コインチェック)はマネックスグループに買収されており、金融庁からの認可も受けています。

以前と比較すると、圧倒的にセキュリティが強化されたのは間違いありませんので、安心して利用することが可能ですよ。

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

レバレッジ取引に対応していない

先述した通り、Coincheck(コインチェック)は現在、レバレッジ取引の取り扱いを停止しています。

ですので、レバレッジ取引で大きなリターンを狙いたいユーザーにとっては不向きです。

再開したとしても、もともとレバレッジ取引に対応しているのは「ビットコイン(BTC)」のみですので、アルトコインにレバレッジをかけることはできません…。

レバレッジ取引をメインで行いたい方は、7種類の通貨のレバレッジに対応していて取引手数料無料な「DMM Bitcoin」を利用するのがオススメですよ。

→DMM Bitcoinの公式サイトをチェック

DMM Bitcoinで無料口座開設!

コインチェック(Coincheck)の評判まとめ

まとめ コインチェック

今回は「Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判」に関してまとめました。

本記事の内容をざっくりとまとめました。

Coincheckの評判まとめ
  • サイトデザインが優秀で、特に初心者にオススメな取引所
  • 国内最多の取り扱い通貨数「10種類」を誇っており、色々な通貨を取引できる
  • ハッキングされた過去があるが、今では金融庁からしっかりと認可を受けており、安全に利用可能
  • スプレッドが広いのがネック。短期売買を行う際は十分に注意するべき

Coincheck(コインチェック)は、これから仮想通貨を始める方にはピッタリの取引所。

取引手数料も無料な上、取り扱い通貨も多いので、初心者から上級者にまで幅広く利用されています!

東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性・安全性を総合的に評価しても、やはりCoincheck(コインチェ

ック)が最もおすすめですよ!

→Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

コインチェック(Coincheck)の登録方法を完全攻略!アカウント作成から仮想通貨購入まで。