【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

コインチェック(Coincheck)の評判・口コミ|使うメリットデメリットが早わかり!

コインチェックの評判

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。仮想通貨投資の初心者に一番おすすめなコインチェックの特徴や評判を解説するよ

コインチェック(Coincheck)はその使いやすさから、ビットコイン投資やアルトコイン投資初心者にうってつけの取引所です。

仮想通貨投資を始めるなら、まずコインチェックに口座開設することをおすすめしますよ。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

コインチェックの特徴

コインチェックは2012年8月に設立された会社で、国内取引所の中では最大のビットコイン取引高を記録しています。

登録ユーザー数も多いので、安心して利用できますよ。
そんなコインチェックの特徴は以下の3つ。

・取り扱っているアルトコインの種類は国内最多(12種類)

・サイトデザインがシンプルで初心者でも使いやすい

・「コインチェックでんき」や「仮想通貨レンディング」など、独自のサービスを展開

初心者にとってありがたい機能、特徴が多い印象です。それぞれについて解説します。

ビットコインに加え、12種類のアルトコインが売買できる

 

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。「イーサリアム(ETH)」や「リップル(XRP)」が有名です。

コインチェックはアルトコインの取り扱い数がとても多く、12種類のコインが取引可能。同じく大手取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」は5種類なので、その倍以上です。

コインチェックでトレードできる仮想通貨は以下の通り。

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・イーサリアムクラシック(ETC)

・リスク(LSK)

・ファクトム(FCT)

・モネロ(XMR)

・オーガー(REP)

・リップル(XRP)

・ジーキャッシュ(ZEC)

・ネム(NEM)

・ライトコイン(LTC)

・ダッシュ(DASH)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

おそらく名前も聞いたことがないコインがほとんどだと思います。ただ、アルトコインはビットコインにはない特徴や機能を持っており、それぞれが独自の価格で売買されています。中にはこの1年で40倍以上値上がりしたコインも。

コインチェックに登録することでビットコイン以外のコインを知るきっかけになりますし、きっとそれらのコインのトレードにも興味が出てくると思いますよ。

もちろん、ビットコインの売買も可能です。

あかしぃ
自分もコインチェックからスタートして、初めて買ったコインはイーサリアムだったよ。

 

Coincheck(コインチェック)でイーサリアムを購入する

サイトデザインがシンプルで初心者にも使いやすい

 

投資と聞くと、チャートとかテクニカル分析を勉強する必要があるんじゃ・・・?と思いがちですが、決してそんなことはありません。

コインチェックのコイン売買方式は「板を使ったトレード」ではなく、「店頭での販売」のようなものです。コインチェックが提示する価格を見て、希望数量を入力すればすぐにコインを購入できます。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

百聞は一見にしかず、ということで、具体例を見てみましょう。下のキャプチャはコインチェックのホーム画面です。

コインの一覧が表示されており、その下にそれぞれのコインの価格が表示されています。コインを買う場合は、買いたいコインのロゴをクリックします。

すると上の画面のようになるので、購入希望数量を入力し、支払う料金を確認後、「購入する」をクリックすれば購入手続きは完了です。すぐに自分の口座に結果が反映されます。

一連の流れの中にチャートなんか出てきませんでしたよね。このように、シンプルに操作できるのがコインチェックが初心者に人気な理由です。

日本円の入金もネットバンキングを使えば数分で済みますよ。もちろん銀行振込にも対応しています。

また、ビットコインに限り板形式でのトレードも可能です。仮想通貨投資に慣れてきたらぜひチャレンジしてみましょう。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

あかしぃ
ホントはチャートを確認してから購入するべきだけど、長期的に保有するつもりならあまり気にする必要はないと思うよ。仮想通貨市場は右肩上がりに成長していて、数年後には大きく値上がりしている可能性が高いから。
ただ、暴騰中に買うのだけは避けよう。

独自サービスとして「コインチェックでんき」、「仮想通貨レンディング」を展開

 

コインチェックは仮想通貨売買以外にも、さまざまなサービスを提供しています。それが「コインチェックでんき」と「仮想通貨レンディング」。

コインチェックでんきとは、コインチェックが提携している電力会社と契約することで、毎月の電気料金のうち1~7%がビットコインとして口座に付与されるサービスのこと。

また、電気料金をビットコインで支払うことで割引サービス(1~7%)を受けられます。(受けられるサービスはどちらか1つだけ)

申し込みはコインチェック公式サイトからでき、現在の電力会社との解約手続きや新しいメーターの設置などの作業は全てコインチェックが行なってくれます。電力会社の乗り換えを検討しているなら、考えてみてはいかがでしょうか。

次に「仮想通貨レンディング」について。

レンディングとは「貸与」という意味で、文字通りコインチェックに保管している自分のコインをコインチェックに貸し出すことで、一定の利子を受けられるサービスです。貯金の仮想通貨版のようなものですね。

貸し出し期間中はコインの売却ができなくなりますが、しばらく売却する予定がないならレンディングしてしまうのもアリだと思います。お金に働いてもらいましょう。自分もレンディングサービスを利用しています。

関連記事:コインチェックのレンディングサービスを利用した!使い方やメリット、デメリットを解説

コインチェックのメリット

コインチェックにはここまでに説明したこと以外にも、以下のようなメリットがあります

・補償サービスがある

・専用アプリが使いやすく優秀

資産盗難時、最大100万円まで補償してくれる

 

不正ログインにより万が一、資産の盗難被害にあった場合は、最大で100万円まで補償してくれます。日本円、仮想通貨のどちらも補償対象であるのが嬉しいポイント。

ビットフライヤーにも補償サービスがありますが、そちらは日本円の盗難のケースに限ります。

ただ、補償が受けられるのは二段階認証を設定していたアカウントだけ。自衛のためにもアカウント登録後、すぐに二段階認証を設定しておきましょう。パスワードを複雑にすることも忘れずに。

二段階認証
ログイン時や出金時にパスワード以外の方法でも本人認証すること。

コインチェックのセキュリティは最低限必要なものは揃っていますが(自動ログアウトやアカウントロックなど)、お金を扱う大切なアカウントですから、普段以上にセキュリティ意識を高めておくべきですよ。

関連記事:ビットコイン(仮想通貨)取引所でセキュリティが高くて安全なのはどこ?

専用アプリが使いやすく優秀

 

各取引所はそれぞれ専用アプリをリリースしています。その中でもコインチェックのアプリはとくに優秀。一目で各コインの価格をチェックできるので、ついつい何度も見てしまうほどです。

価格の確認だけでなく、コインの売買も可能。ただ、アプリから売買すると手数料が高くなるようなので、おすすめはしません。

コインチェックのアカウントがなくても利用できるので、とりあえずインストールしておくと便利ですよ。

コインチェックのデメリット

デメリットについても把握しておきましょう。とくに手数料関連は必ずチェックしておくべきです。考えられるデメリットは以下のようなもの。

・売買手数料が高い

・FXには向いていない

それぞれ解説します。

アルトコインの売買手数料が高い

 

仮想通貨取引所でビットコイン、アルトコインを取引すると、そのたびに手数料がかかります。コインチェックはこの手数料がとくに高いんです・・・。画像を見てもらえるとわかりやすいかな。

コインの下に価格が表示されていますが、実際の購入価格はそれではありません。その下にある「買」の横の数字(22.66)が、実際の購入価格になります。

つまり、3%以上の手数料が上乗せされているということ。売却価格についても同様に、手数料が引かれた数字が表示されています。

同じ時刻の「NEM(ネム)」の価格を、他の取引所でも見てみましょう。下のキャプチャはZaif(ザイフ)という国内取引所のものです。

ザイフのほうが0.5円ほど安いですね。たかが0.5円と侮ってはいけません。10万円分購入すると2,500円近く変わってくる計算です。

アルトコインを安く買いたいなら、なるべくコインチェックを使うべきではないんです。Zaif(ザイフ)を使うべき。

ただ、ザイフは全て「板形式」の取引になるので、初心者にはややハードルが高く感じるはず。なので、まずコインチェックで仮想通貨の取引に慣れてから、徐々にザイフに移行していくことをおすすめします。

あかしぃ
さすがに100万円分購入するとかなら、最初からザイフを利用するべきだよ。最初は板形式に戸惑うかもしれないけど、すぐに慣れると思うよ。

 

あと、クレジットカードでビットコインやアルトコインを購入することもできますが、画像以上の手数料がかかるので全くおすすめしません。銀行振込か、インターネットバンキングを利用しての入金、購入をおすすめします。

上限レバレッジが低く、FXには向いていない

コインチェックの最大レバレッジは5倍。これは国内取引所の中ではワーストです。さらに新規借り入れが一時的にストップすることもあり、そもそもFXにはあまり力を入れていないのかな?という印象。

FX関連の機能も使いづらく、充実していないので、FX目的ならビットフライヤーGMOコインの利用をおすすめします。これらの取引所はレバレッジ上限も高く、チャートが見やすい、多機能と快適なFXの環境が整っています。

bitFlyer業務改善命令について
【2018年9月26日(水)更新】
現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

コインチェックの評判

最後にコインチェックの評判を紹介します。Twitterから利用者の声を拾ってきました。一つの参考にどうぞ。

あかしぃ
やっぱり売買手数料に言及している声が多かったよ。良くも悪くも初心者向けの取引所だね。

社長もTwitterやってるみたい

コインチェックの社長「和田 晃一良」さんもTwitterをやっています。個人アカウントなので、雑談や仮想通貨に関することを呟いていることが多いイメージ。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

まとめ

まとめるとこんな感じ。

・コインチェックはサイトデザインが優秀で初心者におすすめの取引所

・多数のアルトコインを扱っており、国内取引所の中ではコインチェックでしか買えないコインも

・売買手数料が高いのがネック。慣れてきたら他の取引所も検討しよう

仮想通貨投資のとっかかりに適した取引所、という紹介でした。アルトコインの売買手数料は高いですが、ビットコインの売買手数料は他の取引所と変わらないので、長く使っていけますよ。自分も今でも利用しています。

アカウント登録は無料ですし、10分程度で終わるので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

Coincheck(コインチェック)公式サイト

コインチェックの登録方法も解説しているので、そちらも参考にどうぞ。

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録方法、手順を画像付きで解説しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です