【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

ビットコイン(仮想通貨)の空売りとは?使い方や注意点,オススメ取引所を徹底紹介!!

「空売りってなんだろう」「ビットコインを空売りするのってどうやるんだろう」という疑問をお持ちの方は多いはず!

空売りとは仮想通貨FX(ビットコインFX)で使われる用語です。

今回は、その空売りの意味を理解してもらい、空売りができる取引所を紹介していきます。

更に、具体的に空売りをする方法やポイントを説明して、空売りする際の注意点なども紹介していきます!

この記事を読めば以下の3点が身につきます。

  • 空売りの意味がわかる
  • 空売りできるオススメ取引所がわかる
  • 空売りの方法と注意点がわかる
ざっくり言うと…
  • ビットコインの空売りとは、保有していないビットコインを一時的に借りて売り、なるべく安く売って利益を出すトレード方法。
  • 現物取引の「安く買って高く売る」というトレードスタイルに対し、空売りなら下落相場でも利益を出すことができる!
  • ビットコインの空売りを行えるのは信用取引なので、レバレッジ取引に対応している取引所で口座開設する必要がある。
  • レバレッジ取引に対応している国内取引所は、「GMOコイン」「bitbank」「BITPoint」などが挙げられる。
  • その中でも、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持ち、5つの通貨のレバレッジ取引に対応している「GMOコイン」の人気が絶大!
  • レバレッジ取引専用アプリ「ビットレ君」を使えば、厳選された9つのツールを用いつつ、スマホからかんたんかつ精密なチャート分析を行うことができる!
  • ビットコインの空売りで利益を出したいのなら、GMOコインは登録必須な取引所。

GMOコインの公式サイトをチェック!

GMOコインで無料口座開設!

ビットコインの空売り(ショート)とは

空売り

空売りとは、「持っていないものを一時的に借りて売ること」です。

売った後に、価格が落ちたところで買い戻すことによって利益を出します。

投資では「安く買って高く売る」というのが基本的に利益を出す方法です。

しかし、空売りができる信用取引では、「高く売って安く買い戻す」ことで利益を出すことも可能になります。

つまり、価格が上昇・下落どちらでも利益を出すことできます。

ビットコインを空売りできるおすすめ取引所

空売りできる取引所の画像

仮想通貨で空売りができるのは、主にレバレッジ取引(仮想通貨FX)です。

つまりレバレッジ取引ができる取引所を開設しなければなりません。

そこで仮想通貨FX(ビットコインFX)ができるゴリわか編集部が厳選したオススメの取引所を紹介します。

1位 GMOコイン

GMOコインをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
登録までの時間
(4.0)
通信の良さ
(4.0)
安全性
(4.5)
使っている人の多さ
(3.0)
信頼度
(5.0)

GMOコインは、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている仮想通貨取引所。

ビットコインだけでなく「イーサリアム」「リップル」など有名なアルトコインのレバレッジ取引にも対応しているので、ビットコインだけでなくアルトコインの空売りも行うことが可能です!

レバレッジ取引専用アプリ「ビットレ君」を使えば、スマホからでもかんたんにビットコインの空売りを行うことができます。

チャート分析ツールは10種類に厳選されているので、本格的な価格分析を行いつつも、かんたんに操作を行うことが可能です。

ビットコイン・アルトコインの空売りを行うなら、GMOコインは登録必須な取引所ですよ!

\仮想通貨の手数料が無料!/

GMOコインで無料口座開設!

【超かんたん】GMOコインの口座開設/登録方法を完全ガイド!

2位 BITPoint(ビットポイント)

ビットポイントのホームページ

ビットポイントをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(4.5)
通信の良さ
(5.0)
安全性
(5.0)
使っている人の多さ
(3.0)
信頼度
(5.0)
より本格的な仮想通貨FX(ビットコインFX)をする際にオススメな取引所は、BITPoint(ビットポイント)です。

親会社が上場企業の「remixponit(リミックスポイント)」で運営資金やセキュリティなどの安全性は十分であると言えます。

BITPoint(ビットポイント)は国内最大25倍のレバレッジ取引が可能です。

初心者から上級者まで使い分けられる用に4つのツールが用意されています。

その中でもMT4は細かいテクニカル分析や自動売買が可能なツールです。

そのため、上級者になってもメインの取引所として使い続けられる取引所です。

BITPoint(ビットポイント)の登録方法はこちらから

\国内最大級の取引所/

BITPoint(ビットポイント)公式サイト

ビットポイント(BITPoint)の登録方法/本人確認審査を画像で解説!|口座開設にかかる日数や時間は?

3位 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのロゴ

DMMビットコインをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(4.0)
通信の良さ
(4.0)
安全性
(4.0)
使っている人の多さ
(3.0)
信頼度
(5.0)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)もGMOコインのように、大手DMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でも、ビットコイン以外の仮想通貨のレバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引ではGMOコインより取り扱い通貨が多く、14種類の通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。

スマホアプリもあり、外出中でもチャート確認ができて便利です。

DMMビットコインの登録方法はこちらから

\16種のアルトコインFX/

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト

【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)を徹底解説!【2019年10月最新】

ビットコインの空売りのやり方

空売りのやり方

では、具体的にどのような時に空売りをするのか、いくつかの例を紹介します。

下の図のように、上ヒゲが出て上昇できないと判断し、ここから価格が落ちると思った場合に空売り(ショート)します。

空売り例1

すると予想通り価格が落ちたため、落ちたところで買い戻します。

このようにすることで価格が落ちた時も利益が出せます。

しかし一方で、価格が上がってしまうと損失も出てしまいます。

先ほどと同じ根拠で、上ヒゲが出たので丸部分で空売りします。

空売り例2

すると予想とは逆に価格が上昇してしまい、損失が発生してしまいます。

このように価格が逆に動いてしまった場合、すぐに損切りをすることを心がけましょう。

ビットコインを空売りする時の注意点

空売り注意点

先ほどの例で挙げたように、逆に動いてしまった場合は損失になってしまいます。

価格の予想はプロでも100%当てられるわけではありません。

そのため、価格の予想が外れてしまった場合は損失を抑えるために損切りをすぐにしなければ一気にお金がなくなってしまう可能性があります。

予想が外れた場合は、こまめに損切りをして冷静に相場と向き合うことを心がけましょう。

ビットコインの空売り まとめ

空売りのまとめ

今回はビットコインの空売りを説明しました。

現物取引ではできない空売りができることによって、下落時にも利益が出せるのがレバレッジ取引です。

仮想通貨が低迷している2018年で大きな利益を出している人たちの多くはこの仮想通貨FX(ビットコインFX)で利益を出しています。

ぜひこの機会に仮想通貨FX(ビットコインFX)にチャレンジして投資の幅を広げていきましょう!

ビットコイン・アルトコインの空売りは、今人気急上昇中の取引所「GMOコイン」で行いましょう!

\いますぐ登録!/

GMOコインで無料口座開設!

▼仮想通貨FXができるおすすめ取引所▼

【完全版】仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所5選を紹介!!