【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

【取引所ランキング】仮想通貨FXが5分でわかる!|手数料・スプレッドも徹底比較!

仮想通貨FX

※ 2018/10/1更新

俺(私)も仮想通貨FXやってみたい!!

Twitterで凄腕トレーダーの爆益報告をみて、現物取引よりレバレッジ取引に心が惹かれているのでは?

仮想通貨FXに使われるビットコイン

そもそも仮想通貨FXとは、ビットコインを証拠金にレバレッジをかけて、証拠金の数倍もある資金を取引に使うことができるレバレッジ(証拠金)取引です。

 

始めるのは簡単ですが、利益を出すのは当然難しいでしょう。リスクもあります。

国内外合わせると10社以上もある仮想通貨(ビットコイン)FX取引所。自分に合ったところをどのように選べば良いのでしょうか。

 

そこで、初心者でもリスクを抑えて仮想通貨FXが利用できる取引所を5つピックアップしました。

この記事を読むと、

  • 仮想通貨(ビットコイン)FXの仕組みが詳しくわかる
  • 仮想通貨(ビットコイン)FXができるおすすめのお得な取引所がわかる
  • 仮想通貨(ビットコイン)FXができる取引所の手数料・スプレッドがわかる

以上の知識が身につきます。ぜひ参考にしてみてください。

\国内で仮想通貨FXするなら/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは

仮想通貨FXとは

仮想通貨FXは、証拠金を元に仮想通貨取引所からお金を借りて、元手にレバレッジをかけた資金で仮想通貨取引をします。

例:
① 最大レバレッジ10倍の取引所に10万円入金するとしましょう。
② ここでは、入金した10万円を証拠金に10×10=100万円分のBTCを動かすことができます

仮想通貨は価格の変動が激しい(ボラティリティが高い)金融商品であることから、FXに最適と言われています。

このように、誰でも簡単に少額の元手で大きな資金を動かせる本格的なレバレッジ取引がトレーダーの間で根強い人気を保っています。

もちろんレバレッジも調節できる取引所がほとんどですので、自分のトレードスタイルを見つければしっかりと資産を増やすことができるでしょう

また仮想通貨FXの詳しいやり方、始め方を知りたい方はこちらがおすすめです。

ビットコインFX(仮想通貨FX)のやり方を徹底解説!儲け方/取引所も!【2019年最新】

仮想通貨FXと現物取引の違い

実際の通貨が売買される現物取引と違って、仮想通貨FXでは「売った」「買った」という仮定の元、取引が行われています。

取得した額と売却した額の差額を積んでいくので、仮想通貨FXは「差金取引」とも言われるのです。

また仮想通貨FXにしかないメリットとして、「売り」から入ることができるため、下落相場でもガッツリ稼ぐことができますよ。

仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット

仮想通貨FXのイメージ

仮想通貨FXを安全にやる上で気をつけたほうがいいポイントがいくつかあります。

レバレッジ取引の損失

レバレッジ取引では、元本以上の資金を扱って取引することができます。

それは現物取引以上の儲けを出す可能性がありますが、同時に大きな損失を出すことも考えられます。

チャンスの裏返し(リスク)もしっかり把握して、取引しましょう。

追加証拠金(追証)の有無

預け入れる証拠金の割合(証拠金維持率)が一定数を下回ると、追加で証拠金を入金しないとロスカットまで新規注文ができなくなる取引所があります。

これが追加証拠金(追証)という制度です。

追証制度のおかげでユーザーが大きい損失を出す前に取引が強制終了するのでリスクが軽減されますが、

「追証あり」の取引所で取引すると、自分が想定していなかった価格で強制的に決済してしまうリスクがありますよ。

仮想通貨FX(ビットコインFX)の追証なしの取引所を完全ガイド|ゼロカットで超絶安心!

仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット

仮想通貨FXメリット

今や定番になった仮想通貨FXですが、トレーダーに人気なのは主に2つの理由があるからです。

24時間365日いつでも取引可能

外貨FXと違い、仮想通貨市場は24時間265日絶え間なく開かれています

土日など自分が空いてる時間・ライフスタイルに合わせて取引できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

相場が下がっている時でも利益を出せる

現物取引と違い、仮想通貨FXは「売り」から入ることができます。

これは「買い」「売り」の仮定を取引に持ち込んだFXの特色です。

実際に現物を取引しているのではないので、現実の決済などには使えません。注意しましょう。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる取引所を選ぶときのポイント

仮想通貨トレーダーが取引所を選ぶ上で気をつけといた方が良いポイントがこちら。

  1. スプレッド
  2. サーバーの強度
  3. 流動性
  4. 取引手数料
  5. 最大レバレッジ

この中でも、サーバーの強度が一番大事。

仮想通貨FXで大きな損失を出した人の中でも、サーバー強度の問題で注文が通らなかったことが原因の人もいるとのこと。サーバー強度の問題で注文が通らなかったことが原因の人もいる

サーバーエラーで頻繁にメンテナンスが行われると、取引機会が失われることもしばしば。

他人事ではないので、サーバー強度に注意して取引所を選びましょう。

仮想通貨FX(ビットコインFX)ができる取引所おすすめランキング!

編集部が選んだ仮想通貨FXをするのに最適な取引所を5つランキングにしたので、登録の参考にしてください。

1位 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのロゴ

DMM Bitcoinをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
登録までの時間
(5.0)
通信の良さ
(5.0)
安全性
(5.0)
使っている人の多さ
(4.5)

最大レバレッジ4倍の「DMM Bitcoin」はビットコインのみならず、アルトコインFXもできる(14種の通貨ペア)万能な仮想通貨取引所。

複数通貨ペアがあると、もしものためのショート・ロング戦略を分散して行えるのが地味に嬉しいポイントですね!

運営元の「DMMグループ」は外貨FXの「DMM.com証券」を運営していて、その知見が管理体制などフルに活かされている取引所です。

さらに2019年7月からはリップル(現物取引)の取り扱いもスタートしており、主要2通貨の現物取引を行うことも可能です!

仮想通貨初心者でも扱いやすいチャート画面外出時の強い味方であるスマホアプリも完備

「DMM Bitcoin」はスプレッドが狭く流動性が高いので、短期トレーダーは積極的に利用すべきでしょう。

一番気になるサーバー強度は問題ない程度に高いため、心配することはありません。

DMM Bitcoinで無料口座開設!

2位 BitMEX(ビットメックス)

ビットメックスのロゴ

ビットメックスをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
登録までの時間
(4.5)
通信の良さ
(4.0)
安全性
(4.0)
使っている人の多さ
(4.0)

最大レバレッジ100倍(追証なし)世界一番の取引量(24h:1800億円)を誇る取引所、BitMEX。

日本では取引できないカルダノ(ADA)コインなど、マイナーなアルトコインもFXすることができます。

日本語対応済みの海外取引所なので、外貨FXのヘビーユーザーも安心して新規取引できるでしょう。

\海外でガッツリ仮想通貨FX/

BitMEXで仮想通貨FXをはじめる!

3位 GMOコイン

GMOコインのロゴ

GMOコインをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(3.0)
通信の良さ
(3.0)
安全性
(4.0)
使っている人の多さ
(3.0)

最大レバレッジ10倍アルトコインFX対応(4種類)「GMOコイン」!

「GMOクリック証券」時代から続く長いサーバー運用経験から、盤石のサーバー管理体制が敷かれています。

「GMOコイン」の仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君を使えば、誰でもスマホからはじめられるお手軽さ。

最低スプレッドは500円に設定されていて、初めてのFXユーザーはここを使うと良いでしょう。

\スマホでサクッと取引するなら/

GMOコインで仮想通貨FXをはじめる!

【2019年必読】GMOコインの評判/メリット/デメリットを本気で解説!

4位 BITPoint(ビットポイント)

ビットポイントのロゴ

ビットポイントをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(4.5)
通信の良さ
(5.0)
安全性
(5.0)
使っている人の多さ
(3.0)
信頼度
(5.0)

ビットポイントでは、最大レバレッジ4倍で外貨を含めた4通貨ペアの仮想通貨FXが可能です。

上級者には朗報。国内ではビットポイントにしかないトレードツールMT4(メタトレーダー4」を無料で使うことができます

MT4とは

自動売買(EA)機能や数十種類のテクニカルツールを備えた高機能PCソフト。スマホでも利用可能。

自分で考え抜いたロジックをMT4で設定して、全自動で売買させることも。

今までパソコンの前に貼り付いていた人も、ビットポイントではスマートな取引ができます。

 

もし今後ビットポイントより高い取引量を求めて、海外取引所に乗り換える時も安心

会社が送金手数料を負担してくれるので、証拠金を現物で調達して海外取引所に送るときに便利なんです。

BITPoint(ビットポイント)の登録方法はこちらから

\国内で仮想通貨FXするなら/

BITPoint(ビットポイント)で仮想通貨FXをはじめる!

5位 bitbank Trade(ビットバンクトレード)

ビットバンクトレードのロゴ

ビットバンクトレードをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
登録までの時間
(5.0)
通信の良さ
(4.0)
安全性
(5.0)
使っている人の多さ
(3.0)

bitbank(ビットバンク)系列で、最大レバレッジ20倍(追証なし)のBTCFX専用取引所、bitbank Trade。

ロスカット率が低くスワップ金利がないので、比較的中期(スイング)トレードに向いている取引所です。

登録が2分で終わる楽チンさなので、国内でBTCFXを考えている人は登録しておきましょう。

\国内でスイングするなら/

bitbank Trade(ビットバンクトレード)で仮想通貨FXをはじめる!

6位 【新規登録停止中】bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerのロゴ

bitFlyer業務改善命令について
【2019年2月20日(水)更新】
現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。
ビットフライヤーをざっくり評価
「ゴリわか」総合評価
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
登録までの時間
(4.0)
通信の良さ
(5.0)
安全性
(5.0)
使っている人の多さ
(5.0)

ビットコイン取引量日本一の取引所、bitFlyer。

最大レバレッジ15倍のBTCFXでは、流動性は極めて高いためユーザーの定着率が凄まじいとのこと。

「bitFlyer Lightning」という取引画面は国内でもトップクラスのみやすさと評判。

スマホアプリもあるため、ちょっとした空き時間にも取引ができて便利ですね。

【必勝】仮想通貨FX(ビットコインFX)の2つのコツ

仮想通貨FX勝つためのコツ

今まで流行っていた為替FXから仮想通貨FXに移ってきた人たちもいれば、

初めてFXに取り組む初心者の方もいるかもしてません。

仮想通貨はボラティリティが高く、比較的予想が当たれば大きく勝ちやすいと言われていますが、

勝つために気をつけなければいけないことが2つあります。

  • 余剰資金での取引
  • 自分の中でルールを作る

まずはじめに、そもそも投資は生活資金をかけてするものではありません。

大きく損失を出すと、普段の生活に影響がでかねませんからね。

個々人でリスクの許容度が違うので、生活に影響が出ない範囲でFX取引するようにしましょう。

次に、自分の中で取引ルールを作ることです。

よく「トレードの一貫性」と呼ばれるもののこと。

自分の取引に一貫したルールがなければ、ただのギャンブルになってしまいます。

自分が作ったルールの結果がどうだったか、一日を振り返るためにノートをつけてみるのもいいかもしれませんね。

\国内で仮想通貨FXするなら/

DMM Bitcoinで無料口座開設!

【比較表】仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所の手数料とスプレッド

仮想通貨FX手数料とスプレッド

最後に仮想通貨FXを取り扱う取引所の手数料やスプレッドなどを比較しました。

取引所名 取引手数料 スプレッド ロスカット率
DMM Bitcoin 無料 80%
BitMEX 0.1% 50%
GMOコイン 無料 75%
BITPoint 無料 100%
bitbank Trade 無料 20%
bitFlyer 無料 50%

BITPointはスプレッドは中ぐらいながらも、取引手数料が無料。

ロスカット率などの条件も含めて、一番標準的で応用が効きますよ。

自分に合った取引所で仮想通貨FX(ビットコインFX)をしよう!

仮想通貨FXは自分の資産以上の通貨量を取り扱うことからハイリスクハイリターンと言うことができます。

そのリスクに気をつけながら、自分にあったトレードスタイルをみつけましょう

\国内で仮想通貨FXするなら/

DMM Bitcoinで無料口座開設!