【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

ビットコインは儲かる!投資するメリット/デメリットを徹底解説!【2019年8月最新】

ゴリわかくん

ビットコインって今から始めても儲かるウホ…?
ビットコインでうまく儲ける方法を知りたいウホォぉぉぉ

ゴリ美ちゃん

今回は「ビットコイン(BTC)ってまだ儲かるの?」という疑問にお答えしていきます。

2019年8月現在、仮想通貨全体の価格は下落傾向にあり「もう稼げないんじゃないか…」と思う方も多いことでしょう。

しかし結論言いますと、下落相場である今だからこそ、ビットコインで大きく稼ぐことができるチャンスなんです!

本記事では、ゴリわか編集部が「ビットコイン(BTC)での稼ぎ方」を徹底紹介していきますよ!

ざっくり言うと…
  • 仮想通貨全体の価格は下落が続いているが、今からでもビットコインで大きく儲かる可能性は十分に考えられる。
  • ビットコインが儲かる根拠は、主に①決済通貨として使われている②下落相場でも利益を出せる③信頼性が高い、の3つ。
  • 仮想通貨の価格が下落している今うちにビットコインを保有しておけば、これから大きく利益を出せる可能性がある。
  • ビットコインを安心かつ格安に購入することができる取引所は「Coincheck(コインチェック)」と「DMM Bitcoin」の2つが主に挙げられる。
  • 中でも東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持ち、手数料無料Coincheck(コインチェック)の人気が最も高い。
  • ダントツの使いやすさ&手数料の安さを誇っているので、ビットコインを購入するならCoincheck(コインチェック)は登録必須な取引所!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

【2019年10月】コインチェックの評判は最悪?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!

そもそもビットコイン(BTC)って?仕組みをおさらい!

ビットコイン(BTC)の特徴
  • 一番最初に開発された仮想通貨
  • ブロックチェーンを初めて導入した仮想通貨
  • 時価総額1位
  • 決済通貨・基軸通貨として主に使用される
  • 発行主体が存在していない

ビットコイン(BTC)は、世界で始めて誕生した仮想通貨です。

正体不明の学者である「Satoshi Nakamoto氏」がビットコインに関する論文を発表し、それを元に開発者によって開発が行われました。

ブロックチェーンを導入した仮想通貨でもあり、発行主体が存在しないのにも関わらず、高いセキュリティを維持することができているんです!

法定通貨のように国をまたぐ毎に両替する必要がないので、国の枠組みを超えた決済通貨として普及する可能性があり、今注目が集まっています。

▼ビットコインの将来性を編集部が徹底解説!▼
【2019年最新版】ビットコインの今後についてゴリわか編集部が徹底分析|ビットコインの将来性は??

ビットコイン(BTC)に投資する5つのメリット

ビットコインに投資するメリット
  • ボラティリティが大きく儲かりやすい
  • 信頼性が高い
  • 決済通貨として使える
  • 日本政府からも認められている
  • 下落相場でも利益を出せる

ゴリわかくん

ビットコイン投資にはたくさんのメリットがあるウホ!おさらいしていくウホォぉぉぉ!

ボラティリティ(値動きの幅)が大きく儲かりやすい

ビットコインを含めて仮想通貨は、圧倒的にボラティリティが大きいです。

ボラティリティって?

値動きの幅のこと。

ボラティリティが大きい=値動きの幅が大きいということ。

上記のチャートは、2017年から2018年にかけてのビットコインの日足チャートです。

2017年初頭は「1BTC=10万円前後」で価格推移していましたが、そこから1年後の2018年1月には「1BTC=240万円」にまで価格上昇を果たしています。

「1年間で24倍の価格上昇」というのは、株式投資やFXなどではありえない価格上昇率。

2019年8月現在は「1BTC=120万円前後」で価格推移していますが、これからビットコインの需要が拡大するにつれて価格上昇することは十分に考えられますよ。

▼ビットコインの買い方を超絶分かりやすく解説!▼

ビットコイン(BTC)を買うなら今!ベストな買い時/タイミングを暴露!

仮想通貨の中でも信頼性が高い

ビットコインは仮想通貨の中でも「時価総額1位」を誇っています。

取引者数や取引金額が最も大きいので、仮想通貨の中でも信頼性が最も高いと言えるでしょう。

それに加えて、ビットコインは「ブロックチェーン」という暗号化技術を使っています。

10分に一度生成される「ブロック」に取引データが詰め込まれ、一度記録したデータを改ざんするのは性質上不可能なので、非常に高いセキュリティが確保されています。

このような理由があるので、ビットコインは非常に信頼性が高く、比較的安全に投資を行うことが可能なんです!

▼有望銘柄はどれ?仮想通貨おすすめランキング!▼

仮想通貨おすすめ将来性ランキング2019年10月版|2000銘柄から専門家が厳選

一部店舗では決済通貨として使える

ビットコインは「決済通貨」としての用途を持っているため、日本国内でも店舗でも決済として使用することが可能です。

まだまだ少ないですが、2019年8月時点で約350(通信販売含める)の店舗が、ビットコインの決済に対応しています!

ビットコイン決済に対応している店舗
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • DMM.com

まだまだ個人経営のお店での導入が目立ちますが、上記のような有名なチェーン店でも、ビットコイン決済を導入するお店が増えています。

また、先述した通りビットコインには発行主体がないので、海外に行っても両替することなく、スムーズに決済通貨として使用する事ができます。

2020年には東京オリンピックも控えており、たくさんの外国人観光客の方が来日する事が予想されています。

東京オリンピックの時にビットコイン決済に注目が集まれば、ビットコイン自体の価格がグンと上昇する可能性は十分に考えられますよ!

日本政府からも決済通貨として認められている

他国と比較してみても、日本は仮想通貨に対して非常に前向きな姿勢を示しています。

2017年4月には「資金決済法」が改正され、仮想通貨に関しても「現金」「クレジットカード」と同様な決済手段として認められました。

現在では約20の取引所が、金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」としての認可を受けています!

仮想通貨の投資・決済に関する法整備も進められています。

日本でこれからますます仮想通貨を利用するためのインフラが整ってくれば、仮想通貨の需要・価格も上昇する可能性が高いと言えますね!

下落相場でも利益を出せる

株式投資などでは、基本的に「安く買って高く売る」というのが鉄則ですので、上昇相場の時のみに利益を出すことができます。

それに対してビットコイン投資の場合、レバレッジ取引を用いれば下落相場でも利益を出すことが可能です。

レバレッジを効かせて「売り」から入ることで、下落相場でも十分に利益を得ることができますよ!

株などの場合は、下落相場に突入してしまった場合はむやみに取引を行うことができません。

しかしながら仮想通貨の下落相場は、利益を生み出せるチャンスになりうるのです!

▼ビットコインFXのやり方を超絶カンタンに解説!▼

【熟練者が語る】BTCFX(ビットコインFX)のやり方とリスク|リアルな体験談や追証・レバレッジも解説

ビットコイン(BTC)の投資する3つのデメリット

ゴリわかくん

次は、ビットコインに投資するデメリットについてもおさらいするウホォぉぉ!
ビットコイン投資の3つのデメリット
  • 損失を出してしまう可能性がある
  • 価値が保証されていない
  • ハッキングのリスクがある

損失を出してしまう可能性がある

ビットコインは、ボラティリティが大きくて儲かる可能性がある一方、損失を出してしまう可能性も十分に考えられます。

ビットコインの価格は、2017年〜2018年にかけて最高値である「1BTC=240万円前後」にまで達しましたが、2019年8月時点では「1BTC=120万円前後」まで下落しています。

最高値である時にビットコインを購入していた方は、大損してしまったことでしょう。

ビットコインで儲けるためには「投資するタイミング」が非常に重要です。

思わぬところで損失を出さないように気をつけましょう!

発行主体がなく、価値が保証されていない

日本円や米ドルなどの法定通貨に関しては、その国自体が価値を保証しています。

それに対してビットコインの場合は、発行主体がありませんので、価値を保証している機関がありません。

ブロックチェーン技術は非常にセキュリティが高いと見なされていますが、送金遅延などが発生してしまう「スケーラビリティ問題」という解決すべき課題も浮き彫りになっています。

スケーラビリティ問題って?

取引者数の増加に伴って取引データが多くなり、送金や決済完了までに時間がかかってしまう問題。

円やドルのように発行主体があれば、通貨量などを意図的にコントロールすることが可能です。

しかしビットコインの場合は発行主体が存在していないので、このような問題を解決するためには「ハードフォーク(通貨分裂によるアップデート)」を行う必要があります。

ハードフォークが行われて問題が改善されていけば良いのですが、万が一システムに障害が発生してしまえば、利用者はビットコインを手放してしまうでしょう。

ハッキングのリスクがある

ビットコインなどの仮想通貨は、硬貨や紙幣のように実体が存在していません。

ですので基本的に手元に置くことはできず、仮想通貨取引所などで資産を管理する必要があります。

そこで注意するべきなのが、仮想通貨取引所に対しての「ハッキング」のリスク。

仮想通貨取引所の安全性・セキュリティに関しては年々強化されていますが、銀行などの大手金融機関と比較すると、まだまだ劣っているのが実情です。

最近では、2019年7月に大手取引所であるBITPoint(ビットポイント)がハッキング被害を受け、約35億円もの資金が外部に流出しました。

このことからも、やはり利用する仮想通貨取引所は安全で信頼できる所を選ぶ必要があります。

安全性・信頼性を総合的に判断すると、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているCoincheck(コインチェック)を利用するのが最もオススメです。

Coincheckと聞くと「ハッキング事件の所じゃ…」と思う方もいると思いますが、それは遠い昔の話。

今ではマネックスグループの後ろ盾を持ち、2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けており、安心して利用する事ができますよ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

超重要!ビットコイン(BTC)での5つの儲け方!

ビットコインで儲ける方法は、主に以下の5つの方法が挙げられます。

ビットコインで儲けるための5つの方法
  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引
  3. レンディング
  4. アービトラージ
  5. マイニング

上記の中でも主に「現物取引」「レバレッジ取引」の2つがメジャーな取引方法です。

それぞれの仕組みについておさらいしていきましょう!

現物取引

現物取引解説画像

現物取引は、ビットコインで儲ける際の最もメジャーな取引方法です。

その仕組みは単純で「安い時に買って高い時に売る」という方法で儲けます。

例えば、1BTC=100万円の時に「1BTC」を購入し、1BTC=120万円まで価格上昇した時に「1BTC」を売却したとします。

その場合の利益は、

120万円(売却益) – 100万円(購入金額) = 20万円(利益)

となり、20万円が手元に残る利益となります。

現物取引は基本的に「ガチホ(長期保有)」が前提ですので、保有資金以上に損失が出る事がなく、低リスクで行うことができます。

これからビットコインで儲けたい方には、現物取引が最もおすすめの取引方法です。

レバレッジ取引(仮想通貨FX)

GMOコインでFXをやってみよう

レバレッジ取引(仮想通貨FX)を用いれば、少額な元手でも大きな資金を動かしてトレードを行う事が可能です!

例えば、保有資金10万円で「レバレッジ5倍」の取引を行う場合、

10万円(保有資金) × 5倍(レバレッジ) = 50万円

となり、上記の場合は「50万円分」の取引を行う事ができるんです!

この場合は利益も5倍になるので、現物取引よりもさらに大きくリターンを狙う事が可能です。

ただしその反面、現物取引よりも損失額も大きくなってしまいますので、リスク管理は徹底して行う必要があります。

保有資金よりも多くの金額を運用するため、当然残高を超える損失が発生してしまうことも考えられます。

資金管理は徹底して行い、根拠を持ってトレードを行うように心がけましょう!

▼仮想通貨FXのおすすめ取引所を編集部がガチ解説!▼

【完全版】仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所5選を紹介!!

レンディング(貸仮想通貨サービス)

レンディングを用いれば、比較的低リスクで仮想通貨で儲けることができますよ。

レンディングって?

一定期間の間、取引所に仮想通貨を貸し出すことで、利子を受け取ることができるサービス。

レンディング(貸仮想通貨サービス)を利用すれば、トレードを行わずとも仮想通貨で儲けることができます。

銀行金利はだいたい「0.01%」ですが、レンディングの金利は「5%」と非常に高いです。

Coincheck(コインチェック) bitbank
金利 1~5% 3~5%
貸出期間 14日.30日.90日.365日 1年
取り扱い通貨 10種類  ビットコインのみ

仮想通貨のレンディングを行っている取引所は「Coincheck」と「bitbank」の2つが主に挙げられます。

その中でもCoincheck(コインチェック)なら、10種類の仮想通貨のレンディングに対応しており、貸出期間も4種類から選ぶことが可能ですよ!

アービトラージ

少々マイナーな方法ですが、アービトラージという方法でも仮想通貨で利益を出すことが可能です。

アービトラージって?

裁定取引(さいていとりひき)のこと。

取引所毎の価格差を利用して儲けるトレードスタイル。

例えば、取引所Aでビットコインの価格が「1BTC=100万円」で、取引所Bでビットコインの価格が「1BTC=101万円」の場合、2つの取引所間での価格差は1万円になります。

この場合に取引所Aでビットコインを購入し、取引所Bに送金してそこで売却すれば、

101万円(売却金額) – 100万円(購入金額) = 1万円

となり、1万円が利益となって手元に残ります。

このようなトレードを繰り返して利益を得ていくのが「アービトラージ」です。

アービトラージは方法によっては儲かりますが、個人トレーダーの方が行って利益を得るのは非常に手間がかかり、割と困難です。

ですので「こんな儲け方もあるんだな!」と軽く認識する程度で良いでしょう。

マイニング

マイニングって?

ビットコインなどの仮想通貨の取引を承認する作業のこと。

取引の承認に成功したマイナーには、報酬としてその通貨が支払われる。

ビットコインなどのほとんどの仮想通貨は、発行主体が存在していません。

ですので、取引が正しいものかどうかを「マイニング」によって第三者が承認する必要があります。

ビットコインのマイニングに成功した場合は、報酬としてビットコインが支払われる仕組みとなっています。

この「マイニング」という方法を用いても稼ぐことは可能なのですが、ビットコインなどのマイニングには大手企業が参入してしまっているため、個人でのマイニングは非常に厳しくなっています。

マイニングでは莫大な計算式を解き明かす必要があり、そのための精密機器(マイニングマシン)なども入手する必要があり、費用も莫大になってしまいます。

ビットコイン(BTC)で儲けるならココ!おすすめ取引所3選!

おすすめの取引所

ビットコインで儲ける場合、まずは「仮想通貨取引所」で口座開設を行う必要があります。

これからビットコインを始める方の中には「どの取引所を使ったら良いのか分からない…」という方もいると思います。

そこで今回は、ほぼ全ての取引所を利用した経験があるゴリわか編集部が、以下の3つのポイントを基準に、おすすめ取引所を厳選しました!

取引所を選ぶポイント
  1. セキュリティ・安全性の高さ
  2. 使いやすさ
  3. 各種手数料の安さ

是非参考にしてみて下さいね!

おすすめ取引所第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っていて安全性抜群
  • 使いやすさ抜群で、既に250万人ものユーザーがCoincheckのスマホアプリを使っている
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料なのでコストがかからない!
  • 国内最大の「10種類」もの仮想通貨を取り扱っている!

これからビットコイン(仮想通貨)を購入する方に最もオススメなのは、一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているCoincheck(コインチェック)です。

スマホアプリが圧倒的に使いやすく、仮想通貨初心者の方から圧倒的な人気を誇っています!

「取引手数料」「入金手数料」が全て無料で、国内最多である「10種類」の仮想通貨を取り扱っており、様々なアルトコインを取引することが可能ですよ!

Coincheckの取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. イーサリアムクラシック(ETC)
  7. リスク(LSK)
  8. ファクトム(FCT)
  9. ネム(NEM)
  10. モナコイン(MONA)

2019年6月には、10種類目である「モナコイン(MONA)」の取り扱いも開始しており、利用者数はますます増えています。

Coincheckというと「NEM流出事件」のイメージが強い方もいると思いますが、あれからマネックスグループに買収されたことで、大幅にセキュリティが強化されています。

2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としても認可を受けているので、ダンゼン安心して利用することができますよ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

▼Coincheckへの登録はカンタン!編集部が徹底解説!▼

コインチェック(Coincheck)の本人確認攻略ガイド!登録からIDセルフィーの仕方,ハガキ到着まで。

おすすめ取引所第2位:DMM Bitcoin

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
DMM_Bitcoinの特徴
  • 数々の事業を展開している「DMMグループ」を親会社に持っている
  • 「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」「送金手数料」が全て無料!
  • レバレッジ取引に特化しており、7種類のアルトコインのレバレッジ取引に対応!
  • 2019年7月からは、リップル(現物取引)の取り扱いも開始している
  • キャンペーン中の今登録すれば、もれなく「1,000円」のキャッシュバックを受けることができる!

DMM Bitcoinは、数々の事業を展開している大手企業「DMMグループ」を親会社に持っている仮想通貨取引所です。

各種手数料が圧倒的に安く、「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料に設定されており、圧倒的にコストがかかりません!

レバレッジ取引に注力しており、以下の7つの通貨の仮想通貨FXに対応しています。

レバレッジ取引対応通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. ネム(NEM)
  7. イーサリアムクラシック(ETC)

レバレッジを用いて、多少ハイリターンなトレードを行いたい方にはピッタリの取引所です。

さらに、2019年7月からは「リップル(現物取引)」の取り扱いもスタートしています。

レバレッジ取引だけでなく、主要3通貨の現物取引にも対応しているので、2通りの取引を行うことが可能ですよ!

キャンペーン中の今なら、無料登録するだけもれなく「1,000円キャッシュバック」を受けることができますので、この機会にサクッと登録しておきましょう!

→DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinで無料口座開設!

▼DMM Bitcoinの辛口な口コミ・評判!▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ/評判まとめ!|3分でメリット/デメリットを徹底解説!

おすすめ取引所第3位:GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
GMOコインの特徴
  • インターネット事業を展開する一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持つ
  • 「取引手数料」「入金手数料」「出金手数料」が無料!
  • 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」を使えば、スマホからレバレッジ取引ができる!
  • キャンペーン中の今登録すれば、20,000satoshi(ビットコイン)もらえる!

GMOコインは、インターネット事業を中心に展開している一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている取引所。

5種類の通貨の現物取引・レバレッジ取引に対応しているので、様々な取引スタイルを用いてトレードすることが可能ですよ!

GMOコインの取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨FX専用アプリである「ビットレ君」を利用すれば、スマホから本格かつシンプルなレバレッジ取引を楽しむことが可能です。

キャンペーン中の今登録を行えば、もれなく20,000satoshi(ビットコイン)貰うことができますよ!

→GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設!

▼GMOコインのリアルな口コミ・評判はコチラ!▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ/評判まとめ!|3分でメリット/デメリットを徹底解説!

ビットコイン(BTC)でうまく儲けるためのコツ

続いて、ビットコインでうまく儲けるためのコツをご紹介していきます!

ビットコインで確実に儲けるためのコツは、主に以下の3つです。

ビットコインで儲けるための3つのコツ
  1. 余剰資金で投資を行う
  2. 複数の取引所に登録する
  3. 将来価格の分析をしっかり行う

必ず余剰資金で投資を行う

仮想通貨だけでなく投資全般に共通して言える事ですが、必ず余剰資金で投資を行うようにしましょう!

貯金などを切り崩して投資を行ってしまうと、精神的に余裕がなくなってしまいます。

精神的に余裕がなくなると、根拠のトレードをしがちになってしまい、結果的に損失を被ってしまう事態になりかねません。

余剰資金で投資を行っていれば、精神的な余裕も生まれるので、比較的冷静なトレードを行う事が可能です!

ですので、貯蓄や生活費とは別の「余剰資金」でビットコインに投資するよう心がけましょう。

複数の取引所に登録する

先述した通り、仮想通貨取引所への「ハッキング」には十分に注意する必要があります。

ハッキング対策のためにも、必ず複数の仮想通貨取引所で口座開設を行い、資産を分散して預けるように心がけましょう!

仮に1つの取引所に資産を預けていて、その取引所がハッキングの被害を受けてしまった場合、運が悪いと全ての資産を失ってしまう可能性も考えられます。

ですので、複数の取引所で登録を行い、分散して資産を管理するように心がけましょう!

しっかりと将来価格の分析を行う

ビットコイン投資でしっかりと儲けるためには、今後価格がどのようにして推移するのかをある程度分析することが重要です。

主に以下の2パターンの分析方法が存在しています。

2つの価格分析方法
  1. ファンダメンタルズ分析
  2. テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析って?

世界の情勢や経済指標、要人発言やロードマップなどを見て、将来価格を予測すること。

ファンダメンタルズ分析というのは、株式投資やFXなどでもよく用いられる分析方法です。

仮想通貨の場合は、以下のようなことがファンダメンタルズ分析に関係してきます!

仮想通貨のファンダメンタル要因
  • アップデートの進み具合
  • 著名人の発言
  • 取引所への上場発表
  • 銀行・金融機関・企業との提携

主に上記4つの要因が、ファンダメンタルズ分析の焦点として挙げられます。

例えば、仮想通貨市場に影響を及ぼしうる著名人の方が「ビットコインの価格が3年後に2倍に達するだろう」と発言をした場合、高い確率でビットコインの価格は上昇します。

なぜなら、その発言を聞いた個人投資家などが情報を鵜呑みにし、ビットコインを買い漁るからです。

しっかりとニュースをチェックし、このような要人発言の動きにうまく乗ることができれば、ビットコインでうまく儲けられる可能性も十分に考えられますよ!

テクニカル分析

テクニカル分析って?

過去の値動き(チャート)を分析し、将来の価格を予想すること。

テクニカル分析では「移動平均線」「トレンドライン」「RSI」などといった専門ツールを用いて、今後の価格を分析します。

過去のチャートは、見る人からすればただの値動きの推移に過ぎませんが、過去の人間心理をすべて表しているので非常に重要です。

テクニカル分析を行わずに、むやみやたらに根拠のないトレードをしてしまえば、それはただのギャンブルに変わりありません。

しっかりと分析を行なって「このラインを突破すればここまで上昇する!」といったような根拠を持ってトレードすることがかなり重要なんです!

実例あり!ビットコイン(BTC)で儲けた人のお話!

実際にビットコインに投資を行なって、利益を手にした人はたくさん存在しています。

一体どのようなタイミングで投資して、どのように儲けたのか、気になりますよね…!

実際に儲けた人の例を見ていきましょう!

ビットコインで儲けた人① 堀江貴文さん(ライブドア元社長)

ホリエモンこと「堀江貴文さん」も、ビットコインで大きな利益を得ていました。

仮想通貨バブルの数年前から「ビットコイン」や「イーサリアム」を大量に購入していたようでして、かなり儲かっているようです!

ビットコインで儲けた人② 松本人志さん(ダウンタウン)

お笑い芸人の松本人志さんも、ビットコインで儲けたうちの一人です。

松本人志さんも早い時期からビットコインに目をつけていたようで、バブル以前から保有していたようですね!


ビットコインで儲けた2人に共通している点は「大衆が参入する前にすでにビットコインを保有していた」という点です。

周りがビットコインを買い出す前から保有していたことによって、先行者利益を得ることができています。

2019年8月現在、ビットコインは「1BTC=120万円前後」で価格推移していますが、現在の価格が安いと思える日もいずれ訪れる可能性が高いです。

2020年には「東京オリンピック」「半減期」などのイベントが盛りだくさんなので、ビットコインの価格も上昇する可能性が十分に考えられます。

先行者利益を獲得することができる今のうちに、ビットコインに投資しておくのがオススメですよ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

原因は何?ビットコイン(BTC)で損した人のお話!

ビットコインで儲けた人がいるということは、もちろん損した人もいます。

ビットコイン投資で損してしまった人には、一体どのような原因があったのでしょうか…?

ビットコインで損した人① 田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)

ロンドンブーツの田村淳さんも、仮想通貨バブルの前からビットコインに目をつけて投資を行なっていました。

しかし、当時有名だった仮想通貨取引所「マウントゴックス」のハッキング事件を受け、資産が全て盗まれてしまうという事態に陥ってしまったようです。

利用する取引所の信頼性や、リスク回避として複数の取引所に登録することの重要性がよく分かりますね。

先述した通り、安全に仮想通貨投資を行うなら、一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているCoincheck(コインチェック)が最も信頼できてオススメですよ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

ビットコインで損した人② 吉村崇さん(平成ノブシコブシ)

平成ノブシコブシの吉村さんも、ビットコインで損をしてしまったうちの1人。

2016年に放送されたバラエティ番組の企画で、100万円分のビットコインを購入していたようです。

購入後は一気に価格が下落してしまったようで、含み損を加えていたようです。

ただし、購入当時(2016年)のビットコインは「1BTC=4.5万円」だったので、吉村さんがまだ保有していれば、莫大な利益を得ていることが考えられます!

ビットコイン(BTC)は儲かるかどうか まとめ

今回は「ビットコイン(BTC)は儲かるのか?」という疑問にお答えしていきました。

結論、まだまだビットコインで儲かる可能性は十分に存在しています!

ビットコインのこれまでの最高値は「1BTC=240万円」ですが、2019年8月現在は「1BTC=120万円」にまで値下がりしています。

裏を返せば、最高値当時の50%にまで価格が下落しているということなので、ビットコインを購入するなら今のタイミングがベストなんです!

2020年には「東京オリンピックの開催」「半減期」など、ビットコインの価格を押し上げうるイベントがたくさん待ち構えています。

ですのでビットコインで儲けたい方は、今のタイミングで投資することをオススメします。

マネックスグループを親会社にもつCoincheck(コインチェック)なら、最少なんと「500円」という少額から、ビットコインを買うことができますよ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!