【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

ビットコイン(仮想通貨)が高騰する3つの理由|最近のニュースを踏まえて徹底解説

ビットコイン高騰

※ 2018/07/24更新

最近ビットコインの価格に関して、良いニュースしか聞かないほど仮想通貨市場が盛り上がっていますね。

つい先日も1BTC85万を突破したのは記憶に新しいでしょう。

今後も仮想通貨の価格が高騰するのか、下落するのか知りたい人も多いはず。

今回は、仮想通貨の価格高騰を期待できるファンダメンタルズを解説します。

8月の特集

まだMT4使ってないの?

 

ビットポイント(BITPoint)のMT4(無料)を使うと、楽に稼げますよ

  • 世界中のトレーダーに愛される高性能テクニカル分析ツール
  • 自動売買機能も簡単に実装可能!
  • 自分好みのカスタマイズで自分だけの取引環境に!

 

ビットポイント(BITPoint)公式サイト

ビットポイント(BITPoint)の登録はこちら

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料 無料! 公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級 上場企業が運営! 公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も FXで爆益! 公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

最新のビットコイン(BTC)の価格上昇ニュース

※ 2018/07/24更新

ビットコインが85万を超えましたね。トレンド変換したんでしょうか。

ビットコインが89万円を突破! 100万円も近いですね。

——————

なんと仮想通貨のニュースアプリが出たそうです!非常に見やすくて操作も簡単で、コンテンツの内容も質が高く評価も高いのでオススメですよ。

仮想通貨ニュースアプリのダウンロードはこちら

最近のビットコイン(BTC)の高騰を支えている主な3つの要因を徹底解説

爆上昇注意警報

dmmビットコインfx
DMMビットコインに新規登録すると、今の価格で最大5000円分のBTCがもらえるらしいです。

でも知ってました?

今って、まだ1BTC = 70万円(2018年8月現在)ですよね。
これがもし。。。。
  • 1BTC1000万円になると、 5000円分のBTCが7万円(14倍)
  • 1BTC3000万円になると、 5000円分のBTCが22万円(43倍)
  • 1BTC1億円になると、 5000円分のBTCが72万円(143倍)
アメリカの大手ファンドマネージャーは1BTC100万ドル(1億1000万円)まで上がると予想するぐらいなので、仮想通貨の価値が爆上昇する可能性は十分にあります。

72万円タダでもらえるチャンスに乗り遅れるなんてですよ!

DMMビットコインの公式サイトはこちら

\スマホでもサクッと登録(30秒)/

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に今すぐ登録する!

米国の動きが顕著(Coinbaseなど)

仮想通貨の値動きに大きく関わっているのは、米国(アメリカ)の仮想通貨市場です。

「未来の通貨,デジタルカレンシー」と題した公聴会では、仮想通貨に過度な規制を課すべきではないとの意見もあり、

比較的明るいスタンスをとるような発言もみられて好調に終わりました。

また注目すべき事案は米国に拠点を置く仮想通貨取引所「Coinbase」の動きでしょう。

コインベースが証券会社3社買収、米国連邦(SECとFINRAの認可済み)に承認された公認取引所になりました。

そのほかにも銀行業ライセンスの取得にも動いているそうです。

SECに証券と見なされている仮想通貨の取引が可能になるほか、新たな取り扱いコインを発表。

さらに日本進出を検討しているとのこと。この取引所一つの動きで日本市場への影響もあるのではないでしょうか。

米国に拠点をおく大手企業マスターカード」が仮想通貨決済の特許を申請するニュースもありましたね。

クレジットカードが持っている強みを仮想通貨に応用することで、一気に仮想通貨の決済手段としての実用化を目指している企業の試みでしょう。

次に解説するビットコインETFもビットコインの価格に大きく関与していると言えます。

ビットコインETFについて

ETFとは?

上場投資信託のこと。ビットコインETFはビットコイン(現物)の価格と連動。

今、シカゴオプション取引所(CBOE)がSECにビットコインETFを上場申請しています。

これがもし承認されると、新たな個人投資家以外にも機関投資家が本格的に参入してくる確率が一気に高まり

仮想通貨の流動性が高まって長期的な価値上昇が期待できます。

以前にも金(ゴールド)がETFとして承認されたとき、金の価格が大幅に上昇したという出来事もありますので、

前例を見ないほどの価格上昇も期待できるでしょう。

SECは公式サイトで投資家の意見を募集していて、

「米中貿易戦争で停滞しているアメリカ経済に潤いをもたらす、アジアや欧州に遅れを取らないように」と仮想通貨ETFを支持する意見や、

「価格のボラティリティや相場操縦のリスクを含めて慎重に検討していくべき」という否定的な意見まで幅広く投稿されています。

ビットコインETFは早ければ、今年の8月上旬にも承認される予定です。

今後のニュースに目が離せませんね。

ヘッジファンドなど機関投資家の参入

ビットコインETFが認められると、機関投資家が参入しやすくなるのは前述の通り。

大きい資金の流入は仮想通貨の流動性を改善し、急激な価値上昇をもたらします。

例えば、資産運用会社の「BlackRock」が仮想通貨に参入を検討しているとのニュースが先日入ってきました。

日本円で700兆円超の資産を保有しているので、ポートフォリオの1%でも仮想通貨に投資すれば、

とんでもない額のドルが仮想通貨市場に流れ込んできます。

そのほかにも、既に匿名のヘッジファンドの資金が仮想通貨取引所にプールされているとのこと。

【まとめ】今から仮想通貨(ビットコイン)を買っても遅くない!

マクロな要因でいうと、仮想通貨市場全体の規模が他の金融商品と比べて低いとの意見が根強いですよね。

もちろん様々な要因が絡み合ってビットコイン価格を形成しているので、「絶対」はありませんが、

好材料がたくさん転がっているので、仮想通貨に投資したいと思っている人は今からでも遅くないのではないでしょうか。

初めての仮想通貨投資でおすすめの取引所はbitpoint(ビットポイント)です。

ビットコインが一番安く買える「取引所形式」で、ビットコイン以外にもきちんとアルトコインが用意されています。

取引手数料が無料な取引所は珍しいので、登録しておくとよいでしょう。
ビットポイント(BITPoint)公式サイト

ビットポイント(BITPoint)の登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です