【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

ビットコイン(仮想通貨)をクレジットカードで購入する方法について徹底解説

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。クレジットカードでビットコインを買う方法と、その注意点について解説するよ

 

最近話題のビットコイン、買いたいけれど買い方がよくわからないという人も多いのでは?

実はクレジットカードを使えばサクッとビットコインを購入できます。ただ、他の買い方よりも大きな手数料がかかるのがネック。それでも使い方によっては他の購入方法よりお得にビットコインを購入できます。

 

クレジットカードでビットコインを買う具体的な方法と、その注意点について解説していきますね。

 

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
コインチェックのバナー
感動する使いやすさ!
アプリが手放せない!
日本のド定番取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
アルトFXも完備!
送金手数料が無料!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

ビットコイン(仮想通貨)は仮想通貨取引所で購入できる

 

ビットコインやその他の仮想通貨(アルトコイン)は、仮想通貨取引所で売買できます。仮想通貨取引所とは、株でいう証券会社のようなものです。

取引所を利用するにはアカウント登録(=口座開設)する必要があるので、パパッと登録してしまいましょう。登録だけなら無料ですし、手続きにかかる時間も10分程度です。

 

取引所は複数ありますが、クレジットカードを利用できる取引所は一部です。まずどの取引所でクレジットカードを使えるのか紹介しますね。

 

クレジットカードを使える仮想通貨取引所

 

現在、クレジットカードでビットコインを購入できる取引所は以下です。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ

 

クレジットカードを使ったビットコインの購入方法

注意

ビットフライヤーはクレジットカードでの入金を停止しています。

クレジットカードで仮想通貨を購入したい人はビットフライヤーをおすすめします。ビットフライヤーなら1,000円から購入できますから。

bitFlyer業務改善命令について
【2019年2月20日(水)更新】
現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

また、BTCとはビットコインの単位のことです。「1枚=1BTC」ということですね。ビットコインは小数点単位から購入できるんですよ。

 

クレジットカードでビットコインを買う際の注意点

 

ここまで解説しておいてアレなんですが、正直クレジットカードでビットコインを買うのはおすすめしません。普通に入金して買うよりもデメリットが大きいので・・・。そのデメリットについて把握したうえで、購入するようにしましょう。

 

購入手数料が高い

 

クレジットカードでビットコインを購入すると手数料がかかります。他の方法で買っても手数料はかかるんですが、クレジットカードの場合は飛び抜けて高いんですよ・・・。ちょっと比較してみました。

 

他の購入方法には、「板取引」を利用したものがあります。同じ5,000円で、購入数量にどれだけ差が出るか見てみましょう(ビットフライヤーの場合)。計算時点でのビットコイン価格は764,000円です。

  • 板取引:0.0065BTC
  • クレジットカード:0.006008BTC

 

0.0005BTCほどの差がありますね。これを日本円に直すと・・・

  • 板取引:4966円
  • クレジットカード:4590円

 

およそ400円の差。クレジットカードだと10%近い手数料がかかっていることがわかります。400円くらいなら・・・と思うかもしれませんが、購入金額が大きくなるほど手数料も高くなっていきます。

たとえば100万円分購入すると、手数料はなんと10万円弱に。これはいくらなんでも、ちょっとおすすめできませんね・・・。

 

手数料はやはり10%程度。入金手続きいらずで楽チン♪といっても、さすがに10%近くの手数料は避けるべきでしょう。

 

普通に入金して購入すれば、手数料は0.1%程度に抑えられます。入金手数料はかかりますが、平均で500円ほど、高くても1,000円程度。

まとまった資金でビットコインを購入するなら、クレジットカードでの購入は避けましょう。

 

ただ、5,000円未満の購入なら、クレジットカードを使ったほうが安くなるかもしれません。2,000円とかならクレカのほうがお得ですね(手数料が200円程度になるため)。

少額だけビットコインを買う場合は、クレジットカードの利用はアリともいえます。

 

購入後、1週間ほど経たないと売却できない

 

クレジットカードで購入したビットコインは、購入後1週間経たないと売却、送金できません。おそらくクレジットカードの不正利用による被害を防ぐためだと思いますが、これがなかなか厄介です。

 

ビットコインは株式に比べて値動きが激しく、1日で10%以上の価格変動が起きることもあります。もし、そのときに売却したい!と思っても売れない可能性があるのは大きなリスク。

大量購入した場合ほど損失も大きくなるので、クレカでの本格的な投資はやめたほうが無難です。

 

ただ、5,000円程度の購入であれば10%値動きしても含み損はたかがしれているので、少額での購入なら選択肢に入ると思いますよ。

入金手数料とクレカの手数料、そして売却できないデメリットを天秤にかけて、納得してから購入するようにしてくださいね。

 

まとめ

 

まとめるとこんな感じ。

  • クレジットカードでビットコインを購入できるのはビットフライヤー、ザイフ
  • 手数料が10%ほどかかることに注意
  • 5000円未満程度の購入ならクレカのほうがお得なことも

 

クレジットカードならサクッとビットコインを購入できますし、まず仮想通貨投資の雰囲気に触れてみるという意味でもおすすめです。

ただ、まとまった資金を投資するつもりなら、銀行振込やネットバンキングを利用した入金手続きを経てから購入するようにしましょう。高額になるほど、10%の手数料はバカになりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA