【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

ビットコイン(BTC)の2020年に向けての今後を予想!|一体どこまで上がる?

ゴリわかくん

ビットコインって、2020年にかけて上がるのかウホォぉぉ?
ビットコインの今後の価格予想について知りたいウホォ!

ゴリ美ちゃん

上記のような疑問にお答えすべく、本記事では「2020年にかけてのビットコイン(BTC)の価格予想」について解説していきます。

結論言いますと、ビットコインは2020年にかけて価格上昇する可能性が非常に高いです。

ビットコインが2020年にかけて価格上昇する理由について、本記事で分かりやすく解説していきますよ!

ざっくり言うと…
  • ビットコインは、仮想通貨の中でも最も時価総額が高く、代表的な通貨。
  • 2020年には「半減期」「東京オリンピック」などのイベントが盛りだくさんなので、ビットコインの価格は上昇する可能性が高い。
  • 直前期になると期待感が高まり、ビットコインの価格が上昇する可能性が高い。購入するなら価格が上がりきっていない今が大きなチャンス。
  • ビットコイン(BTC)を安心かつ格安で購入できる取引所は「Coincheck」「DMM Bitcoin」の2つが主に挙げられる。
  • 総合的に判断すると、東証一部上場企業を親会社に持っていて、セキュリティレベルが高い「Coincheck(コインチェック)」を利用するのが最もオススメ!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

▼Coincheckのリアルな口コミ・評判はコチラ!▼
【2019年9月】コインチェックの評判は最悪?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!

ビットコイン(BTC)は2020年にどうなる?今後を予想!

 

この記事では「ビットコイン、2020年、今後」というテーマを扱っています。

主な読者は、

  • 仮想通貨を購入するか迷っている初心者の方
  • 今後のビットコインの相場や価格変動がきになる方

を想定しています。

それでは、「”仮想通貨の一種であるビットコインの今後の予想”」について言及していきます。

▼ビットコインで儲ける「4つの方法」を徹底解説!▼
仮想通貨(ビットコイン)の1万円チャレンジ|少額投資でも儲かる仕組みを大暴露!

ビットコイン(BTC)の最新ニュース!価格上昇する根拠!

ゴリわかくん

ビットコインの最新ニュース楽しみウホ。
そうね。最新ニュースを学ぶことで価格予想ができるのよ。

ゴリ美ちゃん

大前提として歴史が浅く価格変動の激しい仮想通貨は予測するのが非常に困難です。

2019年には金融取引法が改正され、ビットコインの法整備も進められている最中です。

そのため今まで多くの専門家が価格予想を外してきています。

現在、様々な方が様々な手法を用いて価格予想をしようと奮闘しているため予想の精度は向上しつつあります。

あくまで予想であることを踏まえつつ参考にしてみて下さい。

金融取引法と仮想通貨について

2019年5月31日に仮想通貨の「暗号資産」解消や規制強化などを盛り込んだ資産決済法と金融商品取引法などを盛り込んだ資産決済法と金融商品取引法の改正法が参議院本会議にて原案通り可決。

施行は2020年上旬予定。

法令上の仮想通貨の総称を「暗号資産」に変更するほかに暗合資産をコールドウォレットで管理することを義務化し、ICO(Initial Coin Offering)を金商法対象であることを明確化するなど仮想通貨における法整備が着々と進んでいる。

仮想通貨(ビットコイン)暴落の要因は?仮想通貨市場の今後の見通しについて

ビットコイン(BTC)の最新ニュース① 国際関係悪化による価格上昇

仮想通貨は国際問題が過熱すればするほど取引が過熱し価格が上昇します。

2019年現在、日韓対立、香港の逃亡犯条例改正問題のデモ運動、米中貿易戦争など世界各地で国際問題が加熱しています。

「韓国・中国の関係悪化により、リスクヘッジ取引のセオリーである「有事の金」がビットコインに流れ込むことによって、ビットコインの価格が将来的に上昇すること」予想されています。

流通量が限られている仮想通貨を安全資産化する見方をする投資家が増え、例えば米中貿易戦争ではビットコインが資金の逃避先になっています。

有事の金とは

米ソ冷戦時代、核戦争の脅威から資産を守るために「価値が残る資産」のために安全な資産と見なされるお金が買われたことを指す。

ベルリンの壁が崩壊した冷戦後には急速に金の価値は下落し「有事の金」は古い、死語であると言われるようになった。

米中貿易戦争とは

米国合衆国と中華人民共和国の二国間における貿易問題のこと。

トランプ政権になってから、中国の鉄に米国側が関税をかけたことから表面化した。

(リスク)ヘッジ取引とは

リスクヘッジ(ヘッジ)とは起こりうる全てのリスクの程度を予測してリスクに備えること。

リスクヘッジ取引とは現物の価格変動リスクを先物取引などを利用して回避する取引のことを指す。

ビットコイン価格上昇の最新ニュース② 資産逃避先としての需要

前述の通り、仮想通貨は逃避通貨としての機能が期待されています。

例えば2019年8月に法定通貨であるアルゼンチンペソが急落した中、ビットコインは60万ペソを突破し過去最高を記録しました。

さらに現在パレスチナのガザ地区を中心にビットコインの利用者が増加しています。

2019年6月にはパレスチナ自治政府のムハンマド・シュタイエ首相が経済の自由化を目指し法定通貨依存脱却の方向性を取ることを発表しました。

仮想通貨の積極的利用を検討するとしており、仮想通貨に対して好意的な姿勢を見せています。

ガザ地区では、最大20のビットコインディーラーが活動していて今後も使用者の増加、ビットコインの価格上昇が見込まれるでしょう。

ビットコイン(BTC)の2020年にかけての価格予想!今後どうなる?

続いて、2020年にかけてのビットコインの価格予想についてまとめました。

専門家やAI、著名人の価格予想について確認していきましょう!

ビットコイン(BTC)の価格予想① AI(人工知能)

webbotの価格予想
  • 2019年までにビットコインの価格は220万円まで上昇する

昨今ではビットコインの価格予想としてAI(Artificial intelligence)が使用されています。

AIの代表的な仕組みが1997年に開発された「Webbot(ウェブボット)」と言われる情報装置です。

マイクロソフトの元コンサルタントにより元々災害や事件の発生予測のために作られました。

現在では仮想通貨の価格予想にも使用されており、別名「ビットコインの未来を予測したAIロボット」と呼ばれています。

SNSやブログ発言のデータを収集し、人の感情をベースにした「感情値分析」を行うことで将来予測を出すという仕組みになっています。

このように市場のユーザーの心理をしっかりと把握した人々が多くのWeb上の情報を駆使して情報網を作り上げているため、的中率が高いです。

Webbotの的中率

Webbotの的中率は50~70%と言われている。過去予想として世界同時多発テロの予測もしている。AI技術と紹介したが、厳密に言うとビックデータを利用したデータ分析である。

ビットコイン(BTC)の価格予想② 専門家

専門家たちの予測は様々な意見がありますが、総括すると、皆さん「ビットコインは将来性があり、今後価格が上昇する」という予測しています。

特に[“2019年はビットコインにとって飛躍の年である”]と言われています。

さらに2020年6月頃にはビットコインは「半減期」を迎え、東京オリンピックも7月に開催されます。

3回目の半減期では、ビットコインの認知度の上昇により需要が高まっていることが予想されます。

需要が高まっている中、ビットコインの半減期を迎えることで新規発行量と供給量が減れば、価値・価格が上昇します。

日本の急速なキャッシュレス化も相まって、仮想通貨に熱視線が送られるでしょう。

日本経済の活性化の流れとビットコインの半減期により、2020年までに大きな価格変動が予測されています。

半減期とは

半減期とは、マイニング報酬が半分になってしまうタイミングのこと。

半減期は約4年に1度起こり、21万ブロックが生成されたときに訪れる。

ビットコインの半減期は2012年、2016年と2回既に起きている。仮想通貨の価格予想は難しいと言われているが、半減期には必ず価格変動が起きるため、半減期の予測は価格予想するために欠かせない。

ビットコイン(BTC)の価格予想③ スティーブン・イネス氏

イネス氏は米Fx取引企業であるOANDAのアジア太平洋地域取引トレーディング責任者です。

イネス氏によると、「ビットコインは一時9.8%安、ニューヨーク午前10時で6480ドル。」

次の重要な節目は5000ドル、割り込めば下げ加速も予測される」と予測しています。

ビットコイン(BTC)の価格予想④ ジョン・マカフィー氏

ジョン・マカフィー氏の価格予想
  • 2020年までにビットコインの価格は100万ドル(約1億800万円)に到達する

マカフィー氏仮想通貨業界で最も影響力があると言われている予言者のうちの一人です。

同氏の発言は注目が集まりやすく影響力が大きいため、マカフィー砲と言われています。

同氏はビットコインは2020年までに100万ドル「約1億800万円」に到達するという予測をしていました。

さらに最近のコインテレグラフとのインタビューの中で「今から10年以上先の未来では法定通貨がなくなり全て仮想通貨になるだろう」を予測しています。

▼ビットコインの超かんたんな買い方はコチラ!▼
ビットコイン(BTC)の買い方・購入方法を完全攻略!|どこで買うのが一番おトクなの?

ビットコイン(BTC)の価格予想⑤ ブライアン・ケリー氏

ブライアンケリー氏は仮想通貨投資会社BKCMの創業者であり、強気予想で有名なビットコインアナリストです。

同氏は米CNBC経済番組「Fast Money」において「ビットコイン市場は短期的に弱気相場になる可能性がある」と指摘しています。

論拠としては、現在ビットコイン市場がアドレスの増加がなくファンダメンタルズ的に弱いためです。

しかし同氏はあくまで弱気相場になるのは短期的な話であると強調しています。

その後価格は上昇に転ずると同氏は述べています。

ファンダメンタルズとは

「経済の基礎的条件」。国や企業などの経済の様子を表す目印のことを表す。

ファンダメンタルズを分析している専門家を「ファンダメンタルズトレーダー」と言い、ファンダメンタルズを元にして株価の値動きを推測することを「ファンダメンタルズ分析」という。

2020年以降ビットコインの価格を左右する2つのイベント!

2020年以降、ビットコインの価格を左右するイベントは主に以下の2つです。

ビットコインの価格を左右する要因
  1. 半減期
  2. 東京オリンピック

ゴリわかくん

それぞれについて、詳しく見ていくウホォぉぉ!

半減期

ビットコインは2020年に向けて上昇が見込まれる将来性の高い通貨です。

2019年後半から2020年に迎える「半減期」まで価格上昇を続けるであろうこと」が推測されています。

ただ2020年以降は、半減期をきっかけにビットコインの価格が一時的に下がると予測されています。

半減期後の価格の下落は一時的なものであり、相場が安定すればビットコインの価格は持ち直し上昇していくでしょう。

もうすぐ半減期が訪れる仮想通貨一覧
2019年~2021年
  • ライトコイン(2019年8月)
  • リスク(2019年9月)
  • ビットコイン(2020年6月)
  • モナコイン(2020年7月)
  • ビットコインキャッシュ(2021年8月)

東京オリンピック

2020年にかけてのビットコインの価格上昇要因としては「東京オリンピック」が挙げられます。

東京オリンピックが開催されることにより、2020年には東京に数多くの外国人観光客が訪れることが予想されます。

日本とは異なり、海外では「キャッシュレス文化」が広く深く浸透しています。

キャッシュレス決済になれた外国人観光客が日本国内に流入すれば、キャッシュレス決済として機能するビットコインの価格も上昇することが予想されます!

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

仮想通貨ビットコイン(BTC)の特徴や概要などの基礎知識をおさらい!

ここまでビットコインの今後の価格予想について言及してきました。

ところでビットコインについてみなさんはどのくらいご存じでしょうか。

この機会にビットコインの概要についてもう一度おさらいしてみましょう。

ビットコイン(BTC)の概要

通貨記号 BTC
発案者 サトシ・ナカモト
ハッシュアルゴリズム SHA256
発行上限 2,100万枚
承認方式 PoW
発行日 2009年1月3日

ビットコインを考案したのは詳細不明の「サトシ・ナカモト」という人物です。

1999年に仮想通貨の概念が考案され、2008年にサトシナカモトの論文により提唱、2009年に公開されました。

ビットコインは世界中で日常的に使用されることを目指して作られたグローバルな仮想通貨です。

ブロックチェーン技術がビットコインの中核的技術であり、ビットコインはブロックチェーン技術の一つの応用の形です。

ビットコインはネットワーク効果により、2017年に急上昇し時価総額が同年11月上旬に1233億ドルになりました。

さらに2016年秋には約1兆円になり、1年間で約14倍になり2017年のビットコインの価格急上昇を契機に年々価格変動を繰り返しながら上昇を続けています。

ブロックチェーン技術とは

管理者が中央におらず、P2P(誰でも参加できるコンピュータの集まり)によりネットワーク上にいる利用者たちが分散して取引データを管理し合う仕組み。

ブロックチェーン技術は「ハッシュ関数=一方性処理」を使用しており、事実上データの改ざんが不可能である。

それにより仮想通貨の貨幣としての価値の信頼性を保つことが出来ている。

ネットワーク効果とは

使う人が増えれば増えるほど活性化し便利になる効果。

ネットワーク内だけでなくネットワーク外にいる第3者にとっても価値を高めることが出来るという意味からネットワーク外部性とも言う。

ビットコイン(BTC)の特徴としくみ

ビットコインは円やドルのように中央銀行が存在しないという特徴があります。

ビットコインは中央集権型ではなく、様々な人々が権利を持っている「分散型です。

そのため、内部情報の改ざんがされた際にすぐに他のユーザーが異変に気づける仕組みになっています。

さらにマイクロペイメント(素早い計算処理)を使用することにより、今まで躊躇されていた費用の高い国際送金を非常に安い値段で素早くできるようになりました。

マイクロペイメント(Micropayment)とは

マイクロ(とても小さい)ペイメント(支払い)は従来の方法では現実的ではなかった少額な決済を行う方法のことを指す。1円や10円など少額の決済を電子的に扱うこと。

近年では店舗決済のみならず、フリーランスの方が手段として使う決済などにもマイクロペイメントが使用されている。

中央銀行とは

中央銀行とは国家や特定の地域の金融機関の中で中核になる機関のこと。日本の中央銀行は日本銀行。

法定通貨を発券する「発券銀行」であり、通貨価値の安定を図る金融政策を司ることから「通貨の番人」とも呼ばれる。

ビットコイン(BTC)購入のメリット

ビットコインは手数料が安く早い国際送金が可能です。

ビットコインはブロックジェーン技術を使用した「分散型」のため不正しずらい開かれた取引が可能です。

さらに管理者を挟まないため、個人間でスピーディな仮想通貨のやりとりが可能になっています。

価格上昇が見込まれるため、2019年度から2020年度にかけてビットコインを購入すれば利益が出ると予測されています。

ビットコイン(BTC)購入のデメリット

ビットコインのデメリットとして大きな価格変動や国による価値の担保がないこと、チャージバック出来ないことなどが挙げられます。

さらに価格変動によっては送金手数料が高くなってしまう可能性があります。

そのほかにもマネーロンダリングの可能性相続に困る可能性取引所が破綻する可能性などがあります。

ビットコインのデメリットについてもっと詳しく知りたい方は関連記事をご覧下さい。

仮想通貨(ビットコイン)で借金を負うことはあるの?借金をしてまで購入すべきなの? ビットコインは儲かる!投資するメリット/デメリットを徹底解説!【2019年8月最新】

ビットコイン(BTC)を購入する際のおすすめ取引所3選!

繰り返しになりますが、ビットコインを購入するなら半減期前の今がベストでしょう。

もちろん半減期後もビットコイン市場は賑わいを見せることが予想されますよ!

ゴリわかくん

これからビットコインを購入したいけど、どんな取引所を使えば良いかわからないウホォォォ
ビットコインを安全かつ簡単に購入できる取引所について知りたいウホォ。

ゴリ美ちゃん

上記のような方のために「ビットコイン(BTC)を購入する際のおすすめ取引所」についてご紹介していきます。

実際にビットコインを取引したことがあるゴリわか編集部が、以下の3つのポイントを総合的に評価し、ランキング付けを行いました。

3つのポイント
  1. セキュリティの高さ・安全性
  2. 使いやすさ
  3. 手数料の安さ

▼【厳選】国内仮想通貨おすすめランキングはコチラ!▼
【厳選!】仮想通貨取引所ランキング|日本国内でのおすすめを比較!【2019年9月版】

おすすめ取引所第1位:Coincheck(コインチェック)


コインチェックの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

初心者の方にはCoinCheckがおすすめです。

東証一部上場「マネックスグループ」を親会社に持ち金融庁からの認可も受けており安全性抜群です。

仮想通貨の取引種類は国内最多でスマホアプリは230万ダウンロードを記録しています。

「500円」という少額投資から始めることができ、取引手数料・入会手数料が無料です。

→Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckで無料口座開設!

▼Coincheckへのかんたんな登録方法はコチラ!▼
コインチェック(Coincheck)の登録方法を完全攻略!アカウント作成から仮想通貨購入まで。

おすすめ取引所第2位:DMM Bitcoin


DMM Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(3.5)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)

「DMM Bitcoin」も初心者が利用する仮想通貨取引所としておすすめといえるでしょう。

きっとビットコイン購入後に他の仮想通貨にも興味が出てくると人もいるでしょう。

DMMビットコインでは約14種類の取り扱い通貨があり、レバリッジ手数料を除き手数料が無料です。

「DMMグループ」を親会社にもっており、取引できる仮想通貨の種類が多いことと、敷居が低く初心者でも簡単に売買できることから初心者におすすめの取引所であるといえます。

→DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM_Bitcoinで無料口座開設!

▼DMM Bitcoinへの超かんたんな登録方法はコチラ!▼
【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)を徹底解説!【2019年9月最新】

おすすめ取引所第3位:GMOコイン


取引所の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

ランキング第3位は「GMOコイン」です。

東証一部上場のGMOインターネットグループセキュリティ体制を万全に整えており安心して仮想通貨取引を行うことが出来ます。

現物取引だけでなく仮想通貨のレバリッジ取引にも対応しています。

「取引手数料」、「出入金手数料」、「送金手数料」が無料なのでコストが抑えられます。

キャンペーン中に講座開設すれば、ビットコイン(20,000satoshi)もらえてお得です。

→GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインで無料口座開設!

ビットコイン買うなら今がチャンスです!

▼GMOコインへの超かんたんな登録方法はコチラ!▼
【超かんたん】GMOコインの口座開設/登録方法を完全ガイド!