【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

BitZeny(ビットゼニー)の特徴と購入方法を画像付きで徹底解説!

あかしぃ
こんにちはー、あかしぃです。国内産の仮想通貨として徐々に人気が出てきている「BitZeny」について解説するよ!

 

BitZeny(ビットゼニー)は、モナコインと同じく国内産のアルトコインです。

アルトコイン
ビットコイン以外の仮想通貨のこと。1000種類以上あり、それぞれ固有名称がある。

 

Twitterでもたびたび名前を見るようになったので、それをきっかけにビットゼニーを知った人も多いかもしれませんね。価格も一時70円を突破し、注目度が急上昇している気がします。

ビットゼニーのスペックと特徴、そして購入方法について解説していきますね。

 

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

ビットゼニーとは?

 

あかしぃ
まずビットゼニーのスペックを紹介するよ。下の表を見てね

リリース2014年11月8日
単位ZNY(ゼニー)
アルゴリズムYescrypt
コイン総数2億5,000万枚
プレマイン(事前発行枚数)なし
ブロックタイム90秒
半減期50万ブロックごと
ブロックごとの発行枚数250→125→62.5(現在)

 

特徴をかいつまんで紹介すると、

  • ビットゼニーはモナコインと同様に2chの有志によって開発された
  • アルゴリズム「Yescrypt」はASIC・GPU耐性がある
  • ブロックタイムは90秒でモナコインと同じ

などなど。

 

大きな特徴はマイニングアルゴリズム。「Yescrypt」というアルゴリズムが用いられており、ASICやGPUによるマイニングに耐性があります。

マイニング
取引の承認作業のこと。マイニングを行うことで報酬として一定量のビットゼニーをもらえる。PCスペックが高いほど有利なことが多い。
ASIC
マイニング作業に特化したハードウェアのことを指す。高額なため、一般人はなかなか購入できない

モナちゃん
よくわからないよ・・・?

あかしぃ
簡単に言うと、ハイスペックなPCだからといって確実にマイニングできるわけではない、ってことだよ。普段使いのPCでも十分マイニングできるように設計されているんだ

 

開発者はアンチASIC・GPUの思想を持っており、対抗策としてCPUでも気軽に掘れるコインを作った、ということです。

実際、初期のころは自宅のPCでもガンガンマイニングできたみたいですね。最近は参加者が増えたため、そう簡単にはいかなくなったみたいですが・・・。

 

また、当初の開発者は行方不明になってしまったようです。なので開発は2014年から中断してしまっているとか・・・。なかなか問題点も多いコインです。

 

ビットコインやモナコインとの違い

 

あかしぃ
ビットコインやモナコインとの違いをまとめてみたよ

 ビットコインモナコインビットゼニー
発行枚数2100万枚1億512枚2億5000万枚
ブロック承認時間10分90秒90秒
価格130万円1,200円10円

 

最も総発行枚数が多いのはビットゼニー。ただ、すでに大半が発行されていて、あと数年(7年くらい?)で発行予定数に到達するみたいです。

ビットコインの採掘が終わるのが2040年ごろだとされているので、それと比べるとかなり早いですね。

 

発行数が多く、そして採掘が早いと、それだけ1枚あたりの価値が薄まるので、価格の上昇は抑えられる傾向にあります。

 

ビットゼニーの特徴

 

あかしぃ
ビットゼニーには、モナコインのような投げ銭機能、独自のコミュニティがあるよ

 

ビットゼニーのスペック面以外の特徴をまとめてみました。モナコインのように、ビットゼニーを応援するコミュニティがあるのが大きな特徴です。

 

数少ない国産の仮想通貨

 

国産の仮想通貨で有名なものはモナコインくらい。やっぱり国産というだけで応援したくなりますね。また、開発状況や最新の情報を日本語で追えるので、情報戦で有利になりやすいというメリットもあります。

 

投げ銭Botぜにぃ姫

 

あかしぃ
モナコインやネムのように、Twitter上で相手にビットゼニーを投げ銭できるよ

 

Twitter上で「@zenyhime tip @twitterアカウント 投銭額(ZNY)」と呟くと、こんな風にぜにぃ姫が指定したTwitterアカウントにビットゼニーを投げ銭してくれます。

あかしぃ
(ぜにぃ姫かわいい)

数少ない「実際に使える仮想通貨」として、独自の経済圏を作っていくかもしれませんね。

 

ZenyShop

 

ZenyShopで販売されている商品は、ビットゼニーで決済、購入できます。「BitZenyTシャツ」というなかなかマニアックな商品もあるので、一度のぞいてみると面白いですよ。まだ商品数は5点しかありませんが・・・。

いずれはモナコインの「monappy」のようなコミュニティサイトに成長していくのかも?

 

BitZenyフォーラム

 

あかしぃ
BItZenyフォーラムはビットゼニーに関する内容が投稿されている掲示板だよ

 

10年以上前の零細掲示板のような雰囲気です。投稿されている内容は技術的なものが多く、IT系の知識がないと読んでもよくわからない・・・と思います。

 

Ninjasoul Project

 

公式には「WEBプロジェクトと仮想通貨を紡ぐオリジナルアセット」と記載されていました。プロジェクトを支援することで、オリジナル仮想通貨「NinjaSoul」をもらえるとのこと。

正直あまりよくわかっていないんですが、おそらくビットゼニーを提供することで、見返りにNinjaSoulがもらえる・・・のかな?

そして完成したサービス上でNinjaSoulが機能するみたいな。ICOの一種ですかね。

あかしぃ
ここからはビットゼニーの購入方法について解説していくね

 

ビットゼニーの購入方法

 

あかしぃ
現時点では、ビットゼニーは海外取引所でしか買えないよ

 

ビットゼニーの入手方法は2通りあります。

  1. マイニングする
  2. 取引所で購入する

 

ビットゼニーはマイニングしやすいコインなので、それで入手するのも一つの手です。自分も挑戦しようとしましたが、途中でわけわからなくなったので素直に買いました。

なので、ここからは取引所の購入方法について解説していきます。なお、ウォレットは使わず、購入したビットゼニーは取引所内に保管する前提です。

追記:c-cexでの出金トラブルが相次いでいます。とくに購入したビットゼニーをイーサリアムに交換し、出金しようとした人が多くトラブルに巻き込まれているようです。

無事解決したケースもあるようですが、c-cexの利用は自己責任でお願いします。

 

ビットゼニーが買えるのは「c-cex」という海外取引所

 

モナちゃん
ってことはサイトの説明が全部英語なの・・・?

あかしぃ
そうなるね。でも英語がわからなくても購入できるように詳しく解説していくよ

 

ビットゼニーは国内の取引所で取り扱われていません。c-cex」という海外取引所で活発に売買されているので、そこを使います。

海外取引所なので、日本円の入金はできません。購入手順としては、

  1. c-cexにアカウント登録
  2. 国内取引所でビットコインを買う
  3. そのビットコインをc-cexに送る
  4. ビットコインでビットゼニーを買う

という4Stepになります。

国内取引所に登録していないなら、先に登録しておきましょう。自分はbitFlyer(ビットフライヤー)からビットコインを送金したので、その取引所を使う前提で解説していきますね。

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

 

c-cexにアカウント登録する

 

あかしぃ
キャプチャを参考にして手続きを進めよう。あと日本の取引所のような本人確認は必要ないよ

 

まずはc-cexにアカウント登録しましょう。以下のリンクから公式ページにアクセスします。

c-cex公式ページへ

 

ちなみにc-cexは頻繁にメンテナンスモードに入り、下のような画面が表示されますが、少し待てば元に戻ります。

 

アクセスしたら、画面上部に表示されているログインフォームから「Create acount」をクリック。

 

下の画像のような入力フォームが表示されるので、それぞれ入力していきましょう。「Login」はログイン時に必要になるIDです。忘れないように注意してくださいね。

 

入力後、「CREATE ACCOUNT」をクリックすると、入力したメールアドレスにc-cexからメールが届きます。それに記載されているリンクをクリックすれば、アカウント登録は完了です。

 

リンクをクリックするとc-cexのトップページに飛ぶので、画面上部にあるログインフォームに、設定した「Login」と「Password」を入力してログインしましょう。

ログインしたら、まずは二段階認証を済ませておくことをおすすめします。やり方は、左上の「三」から「Profile settings」を選び、続いて上部メニューバーから「2-FACTOR AUTH」を選択(キャプチャは設定後の画面です)。

 

二段階認証はメール、またはGoogle Authenticatorの2通りから選べます。自分はスマホの故障リスクを考えて、メール認証にしました。二段階認証を設定しておかないと、簡単にハッキングされてしまいます。必ず設定しておいてくださいね。

 

c-cexにビットコインを送る

 

あかしぃ
次にビットフライヤーからc-cexにビットコインを送ろう

 

c-cexへビットコインを送るには、c-cex側のビットコインアドレスが必要です。ビットコインアドレスは以下のキャプチャのように操作すれば確認できますよ。

手順としては、サイドバーから「LEDGER」を選択し、「[BTC]Bitcoin」の「Get new address」をクリック。すると、ビットコインアドレスが表示されるので、これをコピーします。

 

次にビットフライヤーで、「入出金」→「BTCご送付」と選択し、先ほどのアドレスを入力します。一度入力したアドレスは自動で保存されます。

「ラベル」を入力しておくと、何のアドレスなのか一目で確認できて便利です。

 

アドレスは絶対に間違えないように注意しましょう。間違えて送ると、送ったビットコインが消滅してしまう可能性があります。

アドレスを入力したら、次に「送付数量」と「暗証番号」を入力します。暗証番号はアカウント作成時に設定した4桁の番号です。「優先度」はそのままで構いません。

 

あとは下のボタンを押せば送金手続きは完了です。二段階認証を設定している場合、再度認証が求められます。

送金したビットコインは状況にもよりますが、10分ほどでc-cexに入金が反映されますよ。c-cex側の残高は、画面上部に表示されています。

 

まず少額送ってみて、無事着金するか確認することをおすすめします。問題なければ、自動保存されたアドレスを利用してまとめて送りましょう。

 

ビットゼニーを購入する

 

次にビットゼニーの取引画面に移動します。c-cexのサイドバーから「TRADE」を選択し、「Switch coin」に「ZNY」と入力しましょう。上のメニューバーに「ZNY」の表示があるならそこからでも移動できます。

 

下にスクロールすると、ビットゼニーのチャートと注文板が表示されています。「Buy ZNY for BTC」と表示されているほうが買い注文を入れるフォームです。売買手数料は取引価格の0.2%。

 

注文方法は「指値注文」です。購入希望価格と数量を入力しておけば、その価格まで下がってきたら自動的に購入してくれますよ。

また、売り板にある価格(Price per ZNY)で買い注文を入れると、すぐに取引を成立させることもできます。その価格で売りたい!という人がすでにいるということなので。

あと、希望価格を入力したあと「You have 〇〇BTC」をクリックすると、現在保有しているビットコインで購入できる最大数量が自動的に入力されます。

 

価格と購入数量を入力し、「BUY ZNY」をクリックすると確認画面が表示されます。内容を確認して、OKなら「CONFIRM」をクリックすれば注文が入ります。

あかしぃ
ビットゼニーの取引はあまり活発ではないから、取引が成立するまで時間がかかるかも。面倒なら売り板にある価格ですぐに買ってしまうのも手だよ

 

また、注文はキャンセルできます。下の「Your active orders」に現在の注文が表示されているので、「CANCEL」をクリックしましょう。

 

これでビットゼニーの購入手続きはおしまいです。

ビットゼニーを出金したいなら、サイドバーの「LEDGER」をクリックし、下にスクロールして「[ZNY]BitZeny」の「WITHDRAW」をクリック。すると送金先のアドレスを入力するフォームが表示されますよ。

 

あと、右側に表示されている「TRASH」ボタンは絶対にクリックしてはいけません。クリックすると、そのコインが消滅します。気をつけましょう。

 

まとめ

 

ビットゼニーはまだまだ無名ですが、モナコインのように化ける可能性はあります。コミュニティがあるコインは強いイメージ。

とりあえず国内取引所に上場すればワンチャン・・・と思っているんですが、どうでしょう。今はすごく安いので、1万円分くらい購入しておけば数年後に100万円とかになっているかもしれません。数少ない国産コインなので応援したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です