【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

BITPoint(ビットポイント) のスプレッドはどれくらい?他の取引所と徹底比較!

BITPoint(ビットポイント)
最近、最強の取引所と話題のBITPoint(ビットポイント)について解説していきます。

ビットポイントはレバレッジを25倍までかけられ、手数料が無料なことで知られていますが、実際はどの取引所にも手数料だけでなく「目に見えない手数料」と言われるスプレッドがあります。

その中でBITPoint(ビットポイント)は本当にお得に取引できる取引所なのでしょうか。

この記事を読むと、

  • ビットポイント(BITPoint)のスプレッドと手数料がわかる。
  • ビットポイント(BITPoint)の他の取引所と比較した時のスプレッドがわかる。
  • ビットポイント(BITPoint)の他の取引所と比較した時の手数料がわかる。

以上の知識が身につきます。ぜひ参考にしてみてください。

BITPoint(ビットポイント)で取引する!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

スプレッドとは

BITPoint(ビットポイント)のスプレッドに解説する前にスプレッドとは何かについて一応説明します。

スプレッドは買値と売値の幅のことです。「買値−売値」で計算することができます。

例えば、1BTCの買値が1000000円の時に売値が990000だと、買うと同時に売っただけで10000円の損失が出ます。

要するにこの場合は10000円の利益を出してから売らないと損をすることになります。

そのためできるだけスプレッドの小さい取引所で通貨を売買する方が得です。

スプレッドは価格変動などで変動もし、気づきにくいものなので余計な損失をしないように気をつけて取引しましょう。

スプレッドは見えない手数料と呼ばれることもあるウホ!

ゴリわかくん

BITPoint(ビットポイント)口座開設

BITPoint(ビットポイント)のスプレッド

結論からいうと、BITPoint(ビットポイント)のスプレッドは他の取引所と比べてやや大きいです。

BITPoint(ビットポイント)はスプレッドは固定ではなく常に変動します。価格を見ている限りビットコインでは約0.3~2%のスプレッドがあるようです。

この数字はどれくらい大きいのでしょうか。ビットコインを対象に、他の取引所と比べてみてみましょう。

BITPoint(ビットポイント)のスプレッド

BITPoint(ビットポイント)のスプレッド比較

BITPoint(ビットポイント)のスプレッドを他の日本のメインの取引所と比較してみました。

他の取引所の買値と売値は販売所がある場合は、販売所の値段で買値と売値を書いています。

こうして比較するとBITPoint(ビットポイント)のスプレッドがやや高いと感じるかもしれません。しかし、実際のところ他のスプレッドの安さを推す取引所とも大差ないでしょう。

取引所名 買値 売値 スプレッド
BITPoint(ビットポイント) 824416 821200 3216
Zaif(販売所) 867,774 781,460 86,314
bitFlyer(販売所) 836,042 816,639 19,403
DMM Bitcoin(販売所) 827,185 826,185 10,000
GMOコイン(販売所) 824,800 816,305 8,495
bitbank(取引所) ほぼなし
bitFlyer(取引所) ほぼなし
Zaif(取引所) ほぼなし

BITPoint(ビットポイント)はユーザー同士で板取引ができる方式の取引所です。そのため直接取引所から通貨を購入する形式の販売所よりも安く通貨を購入することができます。

取引できる通貨の数は少ないですが、主要通貨の取引しか考えていないのなら、手数料がなく、レバレッジ取引もできるのでメインの取引所として使うのもいいのではないでしょうか。

さらに、損益計算も自動で行なってくれ、非常に便利な取引所です。取引量がまだ少ないという問題もありますが、このBITPoint(ビットポイント)ブームですぐに利用者が増えそうな予感がします。

BITPoint(ビットポイント)に登録する

BITPoint(ビットポイント)取引手数料

取引手数料

まず、ビットポイントの手数料について説明していきます。ビットポイントの取引手数料は無料です。しかし、取引手数料無料を鵜呑みにしてはいけません。

BITPoint(ビットポイント)手数料

レバレッジ取引の建玉手数料

取引手数料の名目は無料ですが、レバレッジ取引の場合のみ建玉手数料という取引手数料のようなものがかかります。

建玉手数料は「0.035%」かかります。ただこの金額はほとんど気にならないものでしょう。

大きな金額ではないですがレバレッジ取引の時だけ多少手数料がかかると認識しておくと良いと思います。

BITPoint(ビットポイント)は基本的に手数料安いウホ!

ゴリわかくん

ビットポイントの手数量

BITPoint(ビットポイント)の各種手数料比較

BITPoint(ビットポイント)は入金手数料、出金手数料、取引手数料全てが無料となっています。

現物の取引に関してはかなりお得に売買できる取引所と言えそうです。

取引所名 取引手数料 出金手数料 入金手数料
ビットポイント
(国内)
0% 無料 なし
bitbank
(国内)
0% 540円(3万円未満)/756円(3万円以上) なし
GMOコイン
(国内)
0% 無料 なし
bitFlyer
(国内)
0% 216円(3万円未満)/756円(3万円以上) なし
bitMEX
(海外)
-0.025%~0.25% 日本円の入金不可 なし

レバレッジ手数料(スワップポイント)と最大レバレッジを比較

BITPoint(ビットポイント)は国内取引所の中でもかなり高いレバレッジをかけられることでも有名です。さらに手数料無料の他、レバレッジ手数料(スワップポイント)も安く取引することができます。

スワップポイントとはレバレッジ取引において日を跨いで長期間ポジションを持った時に払わなければならない手数料のことです。そのため仮想通貨FXは基本的に短期の勝負と言って良いでしょう。

特に最大レバレッジ25倍はとても魅力的な数字だと思うので、仮想通貨FXをやりたい方はBITPoint(ビットポイント)に登録しておくのが良いと思います。

取引所名 最大レバレッジ スワップポイント
 BITPoint
(国内)
25倍 0.035%/日
GMOコイン
(国内)
5倍 0.04%/日
DMM Bitcoin
(国内)
5倍 0.04%/日
bitFlyer
(国内)
15倍 0.04%/日
bitMEX
(海外)
100倍 なし/日

ビットポイント公式

BITPoint(ビットポイント)まとめ

BITPoint(ビットポイント)のスプレッドはスプレッドがほとんどない取引所には劣りますが、そこまで大きいスプレッドではないと言えそうです。

最大レバレッジ25倍で手数料無料で取引できるので、メインの取引所として使ってもいいのではないでしょうか。

BITPoint(ビットポイント)公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です