【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

ビットコインは儲かる?その理由から投資の注意点まで徹底解説

数千種類もある仮想通貨の中で、最初に開発されたのがビットコイン。

現在では時価総額1位をほこる、まさに仮想通貨の代表です。

さて、本記事に行き着いたあなたは、以下のような疑問を持っているのではないでしょうか。

  • ビットコインって儲かるの?
  • ビットコイン投資のリスクは?
  • ビットコイン投資のポイントは?

まず結論からいうと、ビットコインは将来的に儲かると考えられます。

そこで、今回はビットコインが儲かる理由と、ビットコイン投資で気をつけたい点について解説していきます!

\ビットコイン買うなら!/

GMOコインにカンタン登録!

そもそもビットコインとは?

ビットコインとは、インターネット上で使用することができる通貨のことです。

ブロックチェーンの技術を用いており、管理者が存在しないというのが大きな特徴。

【ブロックチェーン】

取引データをまとめたブロックを、1つのチェーンのように連ねたもの

また、ビットコインは主に以下2つのメリットがあります。

不正・改ざんができない

ビットコインの特徴に、管理者が存在しないというものがありましたね。

では、誰が管理しているのでしょうか。

実は、ビットコインはP2Pという仕組みを用いて不特定多数の人によって管理されています。

【P2P】

個々の端末が同じデータを共有する分散型ネットワークのこと

分散して管理されているため、仮に取引のデータが不正に書き換えられたとしても、すぐにバレてしまいます。

そのため、ビットコインの取引データを不正に改ざんすることはできません。

安く速く送金できる

普通、海外への送金は複数の銀行を通して行われるので、多額の手数料と膨大な時間がかかります。

しかし、ビットコインを用いると、安い手数料で時間をほとんどかけずに世界中に送金することができます。

まず、手数料に関してはビットコインの価格や送金額にもよりますが、たったの数円〜数百円しかかリません。

また、送金の時間に関しては、ビットコインの仕組み上10分ほどで済みます。

以上を踏まえると、ビットコインは新しい送金手段となる可能性を秘めていると言えます。

\ビットコイン買うなら!/

GMOコインにカンタン登録!

ビットコインの今までの価格推移

ビットコインの今までの価格推移をざっくりと見ていきましょう。

ビットコインは2012年の終わりには1BTC=約1,000円でしたが、2017年12月には最大価格1BTC=220万円を記録しました。

つまり、ビットコインの価格はたったの数年で最大2,000倍にもなったということです。

2017年はバブル状態になってしまったため、その後価格は落ち着きました。

しかし、順調に価格は回復しており、現在は1BTC=約700,000円前後で推移しています。

今後ビットコインがさらに普及したとすれば、価格の上昇も見込めることでしょう。

\ビットコイン買うなら!/

GMOコインにカンタン登録!

ビットコインが儲かる4つの理由

1)価格の変動幅が大きい

ビットコインは登場してから日が浅く、まだ相場が安定しておらず、価格の変動幅が大きくなっています。

例えば、1日で価格が数万円上下することもあるほど。

そのため、短期的にも大きな利益を出すことが可能です。

2)発行枚数が決まっている

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっています。

発行枚数数に上限があるということは、言い換えると供給枚数に限りがあるということですよね。

では、もしそこでビットコインの需要が増えたとしたらどうなるでしょうか?

いうまでもなく、超過需要の状態になり価格の上昇が起こるでしょう。

3)基軸通貨として使われている

現在、仮想通貨が数千種類あるなかで、ビットコインは基軸通貨として使用されています。

【基軸通貨】

取引などにおいて基準となり、中心的な役割を果たす通貨

例えば、国内取引所では日本円建てで通貨を購入できるのが普通ですが、それに加えビットコイン建てで購入できる取引所も数多くあります。

つまり、他の通貨を購入するためにビットコインが必要だということです。

そのため、今後ビットコインの需要はさらに増えていくと想定できます。

4)国の制度が整備されてきている

仮想通貨が出始めた当時は、仮想通貨に関する法律が整備されていませんでした。

実際、詐欺まがいの行為があったり、取引所から仮想通貨が盗まれてしまったりとネガティブな事件が多発。

そのため、仮想通貨に対するイメージは下がる一方でした。

しかし、これを危惧した金融庁は、改正資金決済法を制定し、以下2つの施策を行いました。

  • 法律上の「仮想通貨の定義」を定めた
  • 仮想通貨交換業の登録制・各種規制を導入した

制度が整備されることにより仮想通貨の信頼性が高まれば、価格にも影響が出てくることでしょう。

\ビットコイン買うなら!/

GMOコインにカンタン登録!

ビットコイン投資の3つのリスク

1)価格が大幅に下がる恐れがある

先ほど、ビットコインは価格の変動が大きいと説明しました。

価格変動が大きいということは、裏返すと大きな損失が出てしまう可能性があることを意味します。

ただし、これは短期的な目線で見ればの話です。

もし、長期的にビットコインの将来に投資するとしたら、短期的な価格変動はあまり気にすることではないでしょう。

なぜなら、ビットコインが儲かる理由の部分で述べたように、将来的に価格が上昇する要素が多く存在するからです。

2)取引所から盗まれる可能性がある

ビットコインに限った話ではありませんが、仮想通貨は盗まれてしまう可能性があります。

有名なのが、Coincheck(コインチェック)事件。

大手国内仮想通貨取引所であるコインチェックから、セキュリティの脆弱性をつかれて、約580億円ものNEM(ネム)が盗まれてしまいました。

現在は法整備が進みセキュリティ対策は強固になりましたが、それでも盗まれる可能性がゼロとは限りません。

しかし、ビットコインの購入となると仮想通貨取引所を介するケースがほとんど。

そこで、国内取引所でセキュリティが強いGMOコインがおすすめです!

【期間限定!】

GMOコインのキャンペーン
現在GMOコインは、「20,000 Satoshiがもらえる!ビットコインプレゼントキャンペーン」を開催中。

今なら口座開設するだけで、無料のビットコインが入金されます。

いつキャンペーンが終わるか決まっていないので、おはやめに!

\今すぐ無料登録!/

GMOコインのキャンペーンに参加する!

3)国によって価値が保証されていない

ビットコインは円やドルなどとは異なり、管理者がいないのが特徴です。

そのため、政府や中央銀行によって価値が担保されていません。

もし、ビットコインのシステムに問題が生じ信用を失えば、価値がゼロになってしまう可能性すらあります。

実際、ビットコインは取引の延滞や手数料の高騰などの問題に直面しており、これをどう乗り切るかが明暗を分けるといっても過言ではありません。

そのため、今後の動向からは目を離さないようにしましょう。

ビットコイン投資で注意したい2つのポイント

1)無理のない範囲で投資しよう

何回も申し上げているように、ビットコインは価格の変動が激しいです。

そのため、大きく利益を出せる場合もあれば、大きく損失を出してしまう場合もあります。

 

これは投資やギャンブルの中毒者に多いのですが、ムキになって自分の限度を超えた額を投資してしまう人は要注意。

こうした人は最悪の場合、友達や消費者金融からお金を借りてでも投資に注ぎ込もうと考える可能性があります。

以上のようなケースを回避するためにも、自分の中で「いくらまで投資する」「ここまで損したらやめる」などルールを設けるようにしましょう。

2)複数の取引所を使ってリスク分散しよう

ビットコインを取引所に預けておけば安全!と考えている方もいるとは思いますが、それは間違いです。

先ほど紹介したコインチェック事件からもわかるように、取引所から仮想通貨が盗まれてしまう可能性もあります。

GMOコインのロゴ

そこで、リスクの分散として勧めたいのが複数の取引所を使う方法。

複数の取引所を使うことで、もし1つの取引所がダメになっても被害を少なくすることができます。

とはいえ、盗まれるのは勘弁!というのが本音ですよね。

そこで、セキュリティの高いGMOコインに登録しておくことをオススメします!

\キャンペーン中!/

GMOコインにカンタン登録!

国内取引所の特徴についてはこちらで解説しています。

【厳選!】仮想通貨取引所ランキング|日本国内でのおすすめを比較!【2019年9月版】

まとめ:将来的にビットコインは儲かる!


ビットコインが将来的に儲かる要素はかなりありますが、一方でリスクも存在します。

そこで、ビットコインで儲ける可能性を最大に高めるためにも、リスク対策を徹底しましょう。

1つは、無理のない額での投資で、損失が出てしまったとしても痛手にならないようにすること。

そしてさらに重要なのが、複数の取引所を使ってリスク分散をすること。

現在1つの取引所しか使っていない方やセキュリティの高い取引所を探している方は、サクッとGMOコインに登録しておきましょう!

\キャンペーン中!/

GMOコインにカンタン登録!