【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジとリスク・注意点についてわかりやすく解説

今回はBitMEX(ビットメックス)のレバレッジについて説明していきます。

その前にまだBitMEXに登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

登録方法を解説した記事はこちらから。

【日本語対応】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方。手数料、スプレッド、入出金方法も徹底解説 こちらのリンクから登録すると半年間、取引手数料が10%引きになりますよ!

BitMEX(ビットメックス)に登録する!

また、BitMEXは海外取引所なので国内取引所からビットコインなどを送金しなくてはいけませんよね。
BITPoint(ビットポイント)本田圭佑

仮想通貨の送金におすすめなのがBITPoint(ビットポイント)です。

なんと、ビットポイントなら、取引所が送金手数料を負担してくれるので無料で送金することができます!

海外取引所にで取引するならビットポイントを使わない手はないですね。

今なら口座開設&入金するだけで3000円分のビットコインをもらえるキャンペーンをやっています。

ビットポイントの口座開設方法を開設した記事はこちらから。
BITPoint(ビットポイント)の登録方法/本人確認審査を画像で解説!|口座開設にかかる日数や時間は?

BITPoint(ビットポイント)に登録してみる!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

レバレッジをかけると少ない資金で大きな取引ができる

レバレッジ

レバレッジとは
レバレッジとは「てこ」を指す言葉で、レバレッジをかけることで少ない元手でも大きな取引ができるようになります。

仮想通貨FX(レバレッジ取引)では証拠金(元手)の数倍~数十倍での取引が可能です。

BitMEXでは最大レバレッジが100倍なので、例えば証拠金(元手の資金)が1万円あれば、最大で100万円の取引ができるということです。

そして、1%価格が上がると100万円の1%ですから、1万円の利益が出ることになります。

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジの注意点

証拠金ゼロ

BitMEXでは高いレバレッジをかけられる分、リスクも高いと言えます。

たとえば
先ほど説明したように、1万円の証拠金でレバレッジ100倍で取引した時、逆に価格が0.5%下がるだけで5000円の損失が出ます。

また、証拠金維持率が50%を割るとロスカットが発動して強制決済となってしまいます。

なので、このときの例のように証拠金が50%を下回るとロスカットされる場合が多いです。

この制度は証拠金がなくなってしまったり、借金してしまうことがないように定められています。

でも証拠金維持率が50%を切ったら、必ずロスカットが発動する訳ではないんだ

ゴリわかくん

BitMEX(ビットメックス)は追証がない

ロスカットは大きな損益を出さないために大事な制度ですが、急な相場変動が起こるとロスカットが発動しない場合があります。

そして、完全に証拠金がなくなってからロスカットが発動すると、証拠金がマイナスになってしまいます。

証拠金がマイナスになると、マイナス分の金額を取引所に払わなくてはいけません。

これが借金を抱えている状態で、この払わなくてはいけないお金のことを追加証拠金(追証)と言います。

取引所には「追証を払わなくてはならない取引所」「追証を払わなくても良い取引所」があります。

「追証を払わなくても良い取引所」なら証拠金がマイナスになることはなく、借金をする可能性がないのでとてもおすすめです。

ちなみに、国内取引所のほとんどは追証があるので、「元手以上はなくならない」という安全性の面でもBitMEXは優れています。

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジのかけ方、使い方

レバレッジはトレード画面の左側から設定することができます。

BitMEXのトレード画面

レバレッジは以下の画面のスライダーを動かすことで変えられます。

BitMEXでレバレッジを変える

クロスマージン

BitMEXでは「クロスマージン」「分離マージン」という2つのレバレッジをかけるやり方があります。

クロスマージンとは
クロスマージンとは、入れてある全ての残額を証拠金として取引する方法です。

たとえば、5BTCの証拠金があるとして、1BTC(ビットコイン)を証拠金として100BTC分の取引をする時に、証拠金維持率50%、つまり証拠金が5BTCから0.5BTCになるまでロスカットされません。

クロスマージンの特徴
  • ロスカットされるまでの時間が長い
  • 含み損が大きくなる可能性がある

分離マージン

分離マージンとは
分離マージンとは、自分で証拠金の残高を調整できる方法です。

たとえば、5BTCのうち1BTCだけを証拠金として取引すると、急な相場変動で損をしても1BTCがなくなるだけで、4BTCは残ります。

早めにロスカットすることで損失を減らすことができます。

分離マージンの特徴
  • ロスカットされるまでの時間が短い
  • 含み損を最小限にできる

細かくレバレッジを設定する

さらに細かくレバレッジを設定することもできます。

BitMEXのレバレッジ手入力

レバレッジを選択するところのペンの部分をクリックするとレバレッジを手入力することができるようになります。

BitMEX(ビットメックス)はポジションセット後もレバレッジを変えられる

 

BitMEXではポジションを持った後にもレバレッジを変えることができます。

ロング(買い注文)を入れたあとにレバレッジをさらにあげたり、逆にショート(売り注文)の時も同じようにレバレッジを変えられるのです。

状況に応じてレバレッジを途中から変えられるのは、トレードする上で便利ですね。

BitMEX(ビットメックス)のコインごとのレバレッジ

BitMEXのアルトコイン

BitMEXでは各コインごとにかけられるレバレッジが違います。

ビットコインが最大のレバレッジ100倍で、アルトコインは20~50倍と、少し変わります。

通貨名レバレッジ
ビットコイン (XBT)100x
イーサリアム (ETH)50x
ライトコイン (LTC)33.33x
ビットコインキャッシュ (BCH)20x
カルダノ (ADA)20x
トロン(TRX)20x
EOSトークン(EOS)20x
リップル (XRP)20x

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジまとめ

BitMEXのロゴ

BitMEXでは高いレバレッジをかけられるという点で非常に魅力的な取引所です。

さらに、追証がないため高いレバレッジをかけても大きな損をすることなく取引できます。

クロスマージンと分離マージンの2つのレバレッジの掛け方を使い分けて、リスク管理しながらトレードを楽しみましょう!

登録方法を解説した記事はこちらから。

【日本語対応】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方。手数料、スプレッド、入出金方法も徹底解説 こちらのリンクから登録すると半年間、取引手数料が10%引きになりますよ!

BitMEX(ビットメックス)に登録する!

さらに仮想通貨FXについて見てみたい人はこちらの記事で仮想通貨FXについて詳しく説明していきます。

【完全版】仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所5選を紹介!!

こちらの記事でBitMEXの使い方について詳しく説明しました!

ビットメックス(BitMEX)のチャートの見方や、使い方を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です