【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

【5分でわかる】BitMEX(ビットメックス)の取り扱い通貨とそれぞれの特徴を紹介!

BitMEX(ビットメックス)ってどんな通貨で取引できるの?

何種類ぐらいあるの?

と疑問に思う方が多いと思われます。

BitMEX(ビットメックス)は仮想通貨FXをする上で大変人気の取引所であるため、是非開設しておきたい取引所です。

Bitmexのロゴ

今回は海外大手取引所BitMEX(ビットメックス)の取り扱い通貨について紹介していきます!

更に、通貨ごとの簡単な説明もあるので、どのような通貨か知ることで、現物取引をする際にも役立つはずです!

\今すぐ登録!/

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

BitMEX(ビットメックス)とは

BitMEX(ビットメックス)とは、海外の仮想通貨FX専門の取引所です。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおいては世界最大級の取引高を誇っています。

取引量が多いため、アルトコインFXでもスムーズな取引が可能で仮想通貨(ビットコイン)FXをするならばまずオススメする取引所です。

<BitMEX(ビットメックス)について詳しくはこちら!> 【BitMEX(ビットメックス)】評判・口コミ・特徴|メリット・デメリット合わせて徹底解説!

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨一覧

BitMEX(ビットメックス)で取り扱っている仮想通貨は以下の8種類です。

通貨名最大レバレッジ
ビットコイン(BTC)100倍
イーサリアム(ETH)50倍
リップル(XRP)20倍
ビットコインキャッシュ(BCH)20倍
ライトコイン(LTC)33.3倍
エイダコイン(ADA/Cardano)20倍
イオストークン(EOS)20倍
トロン(TRX)20倍

他の取引所ではレバレッジ取引ができない仮想通貨もありますので、様々な仮想通貨でレバレッジ取引ができます。

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨ビットコイン(BTC)

ビットコイン

ビットコイン(BTC)の基本情報
通貨名BTC
開発者Satoshi Nakamoto
発行開始日2009年1月
発行上限枚数2100万枚
コンセンサスアルゴリズム​PoW

仮想通貨といえば、まずビットコイン(BTC)が頭に浮かぶ方が多いと思います。

最初の仮想通貨であり、現在も時価総額第1位と仮想通貨の代名詞とも言える存在です。

インターネット上で正体不明のSatoshi Nakamotoと名乗る人物が発表した論文を元にして誕生しました。

 

仮想通貨の中では比較的安定した値動きをしているため、ローリスクで投資ができます。

初心者の方で投資する通貨を迷っているのであれば、まずはビットコイン(BTC)から購入してみるのがオススメです。

ビットコインは怪しい?!そもそもビットコインとは何なの??ビットコインについて徹底解説しました!

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアム(ETH)の基本情報
通貨名ETH
開発者Vitalik Buterin
発行開始日2014年7月
発行上限枚数なし
コンセンサスアルゴリズム​PoW
PoSへ移行予定

イーサリアムは時価総額第2位の仮想通貨です。

アルトコインの中では、とても有名であまり仮想通貨を知らない人でも聞いたことがある通貨だと思います。

イーサリアムはスマートコントラクトを利用した分散型アプリケーションのプラットフォームを目的として開発されました。

通貨というより、技術的な面で優れているため、技術的な方向での将来性が大変期待される仮想通貨です。

イーサリアム(ethereum)とは?|仕組みや特徴を徹底解説!

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨リップル(XRP)

リップル

リップル(XRP)の基本情報
通貨名XRP
開発者David Schwartzなど
発行開始日2012年9月
発行上限枚数1000億枚
コンセンサスアルゴリズム​PoC

時価総額第3位のリップル(XRP)は、送金に特化した仮想通貨です。

リップルの送金の速さから、銀行間の送金や国際送金を目的とされています。

国際送金のブリッジ通貨として実装される見込みがあり、大変期待されている仮想通貨です。

 

リップル(XRP)はとても人気のある仮想通貨で、リップラーと呼ばれる人々が存在するほどです。

こちらも人気の仮想通貨なため、初心者の方に比較的オススメできる仮想通貨です。

リップル(XRP,ripple)とは?特徴、仕組みをわかりやすく解説!

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報
通貨名BCH
開発者
発行開始日2017年8月
発行上限枚数2100万枚
コンセンサスアルゴリズム​PoS

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、ブロックサイズを拡大し1ブロック32MBの大きさを持っています。

ビットコインの欠点を補った仮想通貨なので、ビットコインより実用性のある仮想通貨として期待され、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸としている取引所も存在しています。

【ビットコインキャッシュ(BCH)とは】チャート、将来性、取引所全てを解説!

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨ライトコイン(LTC)

ライトコイン

ライトコイン(LTC)の基本情報
通貨名LTC
開発者Charlie Lee
発行開始日2011年10月
発行上限枚数8400万枚
コンセンサスアルゴリズム​PoW

ライトコインは、ビットコインより日常的な利用を目的として作られた仮想通貨です。

ビットコインの送金の遅さを解決するために、取引承認時間はビットコインの4分1である2.5分まで短縮されています。

更に、より日常的に使うために発行上限枚数もビットコインの4倍である8400万枚にして1LTCあたりの価値の高騰を防いでいます。

ビットコインが金ならばライトコインは銀であと言われていて、海外ではとても人気のある仮想通貨です。

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨エイダコイン(ADA/Cardano)

エイダコイン

エイダコイン(ADA/Cardano)の基本情報
通貨名ADA
開発者Charles Hoskinsonなど
発行開始日2016年9月
発行上限枚数450億枚
コンセンサスアルゴリズム​PoS

エイダコイン(ADA)は、時価総額第9位の仮想通貨で、イーサリアムの共同創業者であるCharles Hoskinsonらによって開発されました。

エイダコイン(ADA)はカルダノ(Cardano)というオンラインカジノプラットフォームでの利用を目的として開発された仮想通貨です。

現在は方針転換して、法定通貨に変わる仮想通貨を目指し開発と運営が進められています。

多くの企業や政府と提携している上に、急上昇して時価総額Top10入りしたので大変注目された仮想通貨です。

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨イオストークン(EOS)

イオストークン

イオストークン(EOS)の基本情報
通貨名EOS
開発者Dan Larimer
発行開始日2017年6月
発行上限枚数10億枚
コンセンサスアルゴリズム​DPoS

イオストークン(EOS)は、時価総額5位の仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)同様にスマートコントラクトを利用した分散型アプロケーションを作ることに特化した仮想通貨です。

イオストークン(EOS)は1秒間に数百万回のトランザクションが可能な上、取引手数料がかかりません。

ビットコインが1秒間に5~6回でビットコインよりもトランザクションを向上させたイーサリアムでも1秒間に15回程度です。

ですので、1日に多くの情報の取引をする企業などにとってはイーサリアム(ETH)よりイオストークン(EOS)の方がメリットがあると言えます。

 

ホワイトペーパーに「将来的に価値が出ることは証明できない」と書かれていますが、開発チームに有名なメンバーが多く、イオストークン(EOS)の機能性、将来性に期待する人が多いので、これほどの価値がついています。

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨トロン(TRX)

トロン

トロン(TRX)の基本情報
通貨名TRX
開発者Justin Sun
発行開始日2017年8月
発行上限枚数1000億枚
コンセンサスアルゴリズム​PoS

トロンは時価総額11位の仮想通貨です。

トロンは、エンターテイメント業界の発展を目的として作られました。

コンテンツ作成者と利用者を直接つなぎ合わせることによってプラットフォームに利用料を払う必要がなくなり、世界で無料のコンテンツシステムを構築します。

それにより、現在の広告でのマネタイズから脱却し、コンテンツ自体への評価が利益に変わる独自システムの構築をしています。

しかし、ロードマップの計画が2025年と長すぎたりするので、その頃まで生き残っていけるのかが心配されています。

BitMEX(ビットメックス)取り扱い通貨まとめ

Bitmexのロゴ

BitMEX(ビットメックス)は8種類の通貨を扱っています。

どれも時価総額上位で有名な仮想通貨ばかりです。

そのため、比較的取引しやすい仮想通貨でレバレッジ取引ができます 。

様々な仮想通貨でレバレッジ取引ができるので、仮想通貨(ビットコイン)FXを始めるのであれば、BitMEX(ビットメックス)がオススメです!

更に、今ならゴリわかから登録すると、6ヶ月間手数料10%OFFのキャンペーンもやっています!

BitMEX(ビットメックス)の登録方法はこちらから

\手数料割引キャンペーン中!/

BitMEX(ビットメックス)公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です