【今からでも間に合う】
ビットコイン投資の始め方

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高いの?|出金/入金/送金手数料をバッチリ解説!

ゴリわかくん

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料が高いのか知りたいウホ!
できれば、他の取引所と比較して欲しいウホ!

ゴリ美ちゃん

bitFlyerは、国内でも1、2を争う人気の高い仮想通貨取引所です。

今回の記事では、ビットフライヤーの手数料について、他の取引所との比較も交えながら解説していきます!

ざっくり言うと…
  • bitFlyerは国内でも人気の取引所!取引手数料は販売所か取引所かでも異なるが、手軽でかんたんに仮想通貨が買える販売所では取引手数料無料となっている!
  • 入金手数料は住信SBIネット銀行からのクイック入金だと無料!他の銀行からのクイック入金は330円の手数料がかかる!
  • 出金手数料は金額に応じて異なる!出金先の銀行が三井住友銀行の場合、通常よりも300円ほどお得に出金できる!
  • 出入金の回数を減らしたり、長期保有(ガチホ)で売買の回数を減らすなど、手数料を安く抑えるコツもある!

→bitFlyerの公式サイトをチェック

bitFlyerで無料口座開設!

bitFlyer(ビットフライヤー)が新規登録を再開!

ビットフライヤー_手数料_新規登録を再開!

bitFlyerの評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.5)
安心度
(4.5)
総合評価
(5.0)
名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
取り扱い通貨 BTC,ETH,BCH,LTC,ETC,MONA,LSK
運営会社 株式会社 bitFlyer
設立 2014年1月9日
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役 平子 惠生
本社所在地 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
公式ページ https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyerは金融庁からの行政処分を受けたことで、一時的に新規の登録受付を停止していました

ビットフライヤー_手数料_再開

そのため、すでにbitFlyerに登録していたユーザーしか取引できない状態が続いていました。

しかし、内部管理体制の見直しや強化が完了したとして、2019年7月3日より新規登録の受付を再開しています

これによって、bitFlyerにふたたび新規登録することが可能となりました

bitFlyer(ビットフライヤー)で必要な手数料一覧

bitFlyerで必要な手数料は大きく分けると、以下の4種類になります。

bitFlyerで必要な手数料一覧
  • 取引手数料:仮想通貨の取引時に発生する手数料
  • 入金手数料:日本円の入金で発生する手数料
  • 出金手数料:日本円の出金で発生する手数料
  • 送金手数料:仮想通貨の送金時に発生する手数料

ゴリわかくん

それぞれがどんな手数料なのか、確認していくウホォ!

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引手数料

ビットフライヤー_手数料_取引所の手数料

ゴリわかくん

まずは、bitFlyerの取引手数料を確認していくウホ!

bitFlyerの取引手数料一覧表

ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料
Lightning FX/Futures 無料
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/JPY) 約定数量 × 0.2%
Lightning 現物(ETH/BTC)
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサリアム販売所 無料
イーサリアムクラシック販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所

上記の表は、bitFlyerの取引手数料一覧表です。

bitFlyerでは、大きく分けて販売所取引所の2種類の販売形式があります。

bitFlyerの2種類の販売形式
  1. 販売所:手軽でかんたんに仮想通貨を購入できる
  2. 取引所:注文内容にこだわって仮想通貨を購入できる

初心者の方は、手軽でかんたんに仮想通貨を購入できる販売所を使うと良いでしょう。

bitFlyerではどの仮想通貨を購入する場合も、販売所では取引手数料無料となっています。

手軽でかんたんなだけでなく、お得に取引できるためおすすめです。

ビットコイン売買手数料の詳細

過去30日の取引量 ビットコイン簡単取引所/Lightning 現物 ビットコイン販売所/Lightning FX/Futures
10 万円未満 0.15% 無料
10 万円 ~ 20 万円未満 0.14%
20 万円 ~ 50 万円未満 0.13%
50 万円 ~ 100 万円未満 0.12%
100 万円 ~ 200 万円未満 0.11%
200 万円 ~ 500 万円未満 0.10%
500 万円 ~ 1,000 万円未満 0.09%
1,000 万円 ~ 2,000 万円未満 0.07%
2,000 万円 ~ 5,000 万円未満 0.05%
5,000 万円 ~ 1 億円未満 0.03%
1 億円 ~ 5 億円未満 0.02%
5 億円以上 0.01%

上記の表は、bitFlyerのビットコインの取引手数料のさらに詳しい一覧表です。

bitFlyerでは、以下の5種類の取引形式でビットコインを提供しています。

bitFlyerのビットコイン取引形式
  • ビットコイン簡単取引所:手軽で簡単にビットコインを購入できる形式
  • Lightning現物:取引所でビットコインを購入できる形式
  • ビットコイン販売所:販売所でビットコインを購入できる形式
  • Lightning FX/Futures:FXや先物形式でビットコインの購入ができる

取引所では、過去30日の取引量に応じて手数料も変わってくることがわかりますね。

取引形式も多くて難しく感じるかもしれませんが、初心者はビットコイン販売所を使えばOKです

上述したように、販売所は手軽でかんたんに仮想通貨を購入することができます。

加えて、表を見ればわかりますが、ビットコイン販売所は取引手数料無料でお得に利用することが可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金手数料

ビットフライヤー_手数料_入金手数料

入金種別 手数料
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行からご入金の場合) 無料
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外からご入金の場合) 330 円

bitFlyerでは、クイック入金を使い日本円を入金することが可能です。

クイック入金とは?

インターネットバンキングを使った入金方法のことです。

24時間365日対応しており、入金がすぐに残高に反映されるため便利です。

bitFlyerでは、住信SBIネット銀行でクイック入金を行う場合、手数料無料となっています。

他の銀行でクイック入金を行う場合には、330円の入金手数料が発生します。

ゴリわかくん

お得に入金するなら、住信SBIネット銀行を使った方が良いウホ!

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金手数料

出金種別 3万円未満の出金 3万円以上の出金
出金先の銀行が三井住友銀行の場合 220 円 440 円
出金先の銀行が三井住友銀行以外の場合 550 円 770 円

上記の表は、bitFlyerの出金手数料一覧表です。

出金先の銀行が三井住友銀行の場合、他の金融機関よりも安く出金することが可能です

また、3万円未満か以上かなど、出金金額に応じて手数料も異なってきます。

お得に出金するなら、三井住友銀行を使った方が良いウホ!

ゴリ美ちゃん

bitFlyer(ビットフライヤー)の送金手数料

ビットコイン 0.0004 BTC
イーサリアム 0.005 ETH
イーサリアム・クラシック 0.005 ETC
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002 BCH
モナコイン 無料
リスク 0.1 LSK

上記の表は、bitFlyerの仮想通貨の送金手数料の一覧です。

全体的に手数料は安めになっている他、モナコインに関しては無料で送金することが可能です。

普段からモナコインの送金をよくしている人は、bitFlyerなら特にお得だウホ!

ゴリ美ちゃん

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を抑えるコツは?

ここからは、bitFlyerで手数料を安く抑えるコツを紹介していくウホ。

ゴリ美ちゃん

コツ① 出入金の回数を減らす

出入金の回数を減らすことで、bitFlyerでは手数料を抑えられます。

上述したように、住信SBIネット銀行からのクイック入金以外では、bitFlyerでは入金・出金ともに手数料が発生します。

そのため、そもそもの日本円の出入金の回数を減らすことで、手数料を抑えることができるのです

コツ② 長期保有(ガチホ)をする

bitFlyerで手数料を抑える2つ目のコツは、長期保有(ガチホ)をすることです。

長期保有(ガチホ)とは?

仮想通貨を購入したあと、売却せずに保有し続けることです。

これによって、仮想通貨の売買の回数を減らすことが可能となります。

結果的に、取引で発生する取引手数料を安く抑えることができるのです

コツ③ 取引所を利用する

取引所を利用することも、手数料を安く抑えるコツの1つです。

初心者には販売所が手軽でかんたんに取引できるためおすすめですが、販売所ではスプレッドが発生してきます。

スプレッドとは?

仮想通貨の購入価格と売却価格の差額のことです。

この差額が大きければ大きいほど、取引で利益を出すことが難しくなります。

取引所では手数料がかかりますが、販売所と比較するとスプレッド開きは小さくなっています。

そのため、取引でも利益を出しやすく、結果的に手数料の負担も抑えることが可能となるのです

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を他の取引所と比較!

手数料種別 bitFlyer coincheck GMOコイン DMM Bitcoin
取引手数料(現物) 取引所:0.01%~0.15%

販売所:無料

取引所:無料

販売所:無料

取引所:-0.01%〜0.05%

販売所:無料

取引所:提供なし

販売所:無料

入金手数料 クイック入金:0円〜330円 770円〜1018円(50万円以上の場合は入金金額×0.11% + 495 円)

銀行振込:金融機関ごとの手数料発生

クイック入金:無料

銀行振込:金融機関ごとの手数料発生

クイック入金:無料

銀行振込:金融機関ごとの手数料発生

出金手数料 220円〜770円 407円 無料 無料
送金手数料(ビットコイン) 0.0004 BTC 0.001 BTC 無料 無料

上記の表は、bitFlyerと国内の主要取引所の手数料をまとめたものです。

各項目を比較してみましょう。

取引手数料

取引手数料の項目をみると、販売所の手数料はbitFlyerだけでなく、他でも同様に無料となっています。

いっぽう、取引所の手数料は0.01%~0.15%となっていますね。

そのため、他と比較してもやや高めになっていることがわかりますね

入金手数料

入金手数料はcoincheckが非常に高く、770円〜1018円となっています。

これに対して、GMOコインとDMM Bitcoinは入金手数料が無料です。

bitFlyerは0円〜330円となっているので、ちょうど中間くらいといえるでしょう

出金手数料

GMOコインとDMM Bitcoinは出金手数料が無料となっています。

coincheckでは407円となっているのに対して、bitFlyerでは220円〜770円までかかります。

そのため、出金手数料の面ではやや高めといえそうです

送金手数料

出金手数料と同様に、GMOコインとDMM Bitcoinは仮想通貨の送金手数料が無料となっています。

coincheckでは0.001 BTCとなっているのに対して、bitFlyerでは0.0004 BTCかかります。

coincheckの方がやや高めのため、送金手数料はちょうど中間くらいといえるでしょう

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料 まとめ

ビットフライヤー_手数料_まとめ

以上、bitFlyerの手数料について解説してきました。

他の取引所との比較も織り交ぜたことで、手数料への理解がさらに高まったかと思います。

また、実際にbitFlyerを利用する際には、出入金の回数を減らしたり、取引所を利用するなどで手数料を抑えていきましょう

この記事を参考に、ぜひみなさんもbitFlyerでお得に取引してみてくださいね。