【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

ビットコインは怪しい?!そもそもビットコインとは何なの??ビットコインについて徹底解説しました!

ビットコインの画像
今回は仮想通貨の1種であるビットコインが怪しいと言われている理由と、果たして本当に怪しいのかどうか、ビットコインとは何なのか、など解説していきます!

この記事を読むと

  • ビットコインが本当に怪しいのか分かる
  • ビットコインや仮想通貨とは何なのか分かる
  • ビットコインの将来性が分かる

以上のことが見込めます。

少々長いですが、頑張って読んでみてください!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所はこちら!
取引所 特徴 公式
ビットバンクのロゴ 取引手数料
無料!
公式HP
ビットポイントのロゴ 日本最大級
上場企業が運営!
公式HP
GMOコインのロゴ 下落相場も
FXで爆益!
公式HP
大切な資産を失うリスクがあるので、必ず複数の取引所に登録を

ビットコインが怪しいと思われる理由

この記事をご覧になっている方の多くは、ビットコインって怪しいんじゃないの??

ビットコインって犯罪とかに使われているんじゃないの?

というようにビットコインに対して何となくフワッとしているところがあるのではないでしょうか?

これからその辺りを解明していきましょう。

ビットコインの概念

新しい概念なので、何となく怪しい気がする

皆さんがビットコインという言葉を初めて聞いたのはいつでしたか?

それからビットコインについて調べた人はどれくらいの人数でしょうか?

もちろん詳しく調べた方もいらっしゃると思いますが、多くの方はそうではないでしょう。

ビットコインとは新しい概念で、多くの人がビットコインそのものについて様々な観点から不安を抱いています。

新しいものには不安も期待もかかっているということでしょう、ビットコインについては作成者のサトシ・ナカモトという人物の論文(ホワイトペーパー)
があるので、そちらをご覧になってくださいね。

実体がないのでよくわからない

確かにビットコインには実態はありません。

ですが、それで怪しいと言うのは少し的外れなのではないでしょうか??

実態はありませんが、クレジットカードやネットバンキングではお金は数字のように扱われていると思います。

ビットコイン実態

ここでは実態はなくとも問題は起こっていないですよね。

ビットコインも同じでインターネット上の数字で、数字としてお金が動いているようなイメージで問題ないでしょう。

実態の有無についてはあまり気にしなくてもよい。ということですね。

そもそもビットコインとは?

ビットコインとは仮想通貨の一種で、一番初めにできた仮想通貨です。
技術的に詳しいことを知りたいと言う方は先ほどのサトシ・ナカモトの論文をご覧になってくださいね。

ビットコインは海外の送金や、決済に特化した仮想通貨で、国が発行している訳ではありません。

そう言った意味でも全く新しい通貨です。

ではビットコインは誰が管理しているのでしょうか?

それはコンピューターです。

ブロックチェーンと言う「分散型分散型台帳技術」に取引の記録を自動的に行う事によって成り立っています。

技術的な話はさておき、ビットコインは国が発行してる訳ではないので、信用や価値はブロックチェーンの技術によって担保されています。

国が発行している場合はその国に信用が担保されていて、その国の中央銀行が発行しているのでそこに価値は生じていますよね。

1万円の価値は国が1万円の価値があると決めてるので、その紙幣には1万円の価値があります。

これはみんながその通貨を信用していて幻想を抱いているとも言えるので、ビットコインは共同幻想とも言われます。

みんなが価値がると信じているので価値が生じるという事ですね。

ビットコインの将来性は?

さてそんなビットコインには将来性はあるのでしょうか?

将来性というと価格について言及していることが多いのかなと思いますが、今回は別の観点から見ていきましょう。

技術的な側面から見ると、なんともいえないというところですが、1番初めにできた通貨であることは大きいでしょう。

何にしろ先発優位というのはありますので、その点でもその他の通貨と比べるとビットコインに優位性はあるので、将来性もあるのではないでしょうか?

ビットコイン以外にも仮想通貨はあるの?

ビットコイン以外にも勿論仮想通貨は存在します。

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言います。(仮想通貨の中のビットコインとビットコイン以外と言った感じです。)

アルトコインのなかでも有名なコインだとイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)、ライトコイン(LTC)などがあります。

例えばイーサリアムですと、スマートコントラクトという機能もついたビットコインのような感じで、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決しているような通貨であると言われています。

ビットバンク

リップルはビットコインが個人間の通貨取引だったのに対して、銀行間の取引に特化した仮想通貨です。

銀行間なので大きなお金が動くことが予想されているので、日本ではリップルを推している人は多いように感じられます。

リップルの取引量が世界一の仮想通貨取引所が日本の企業で日本語で操作できるのでオススメですよ。

またビットバンクはアカウントの登録までの時間が短く、仮想通貨を購入する際に必要な手数料が無料です!

bitbank(ビットバンク)公式サイトはこちらから

ビットコインなどの仮想通貨は実際に支払いや現実世界で使えるの?

以下のツイートをご覧になってください。

ビックカメラではすでにビットコイン決済ができるようですね。

給与の全てががビットコインで支払われるようになるの時代も来るのでしょうか??

と、このようにビットコインは実際生きている世界でもなんら日本円と差し支えなく決済に用いることが可能です。

こうすることによって資産としての仮想通貨だけではなく、実際に機能するお金になって来ているのですね!

ビットコインはどこで購入できるの?

ビットコインがお金のように使えることはわかって来ましたがそんなビットコインはどこで購入することができるのでしょうか?

それは仮想通貨取引所というところで購入することができます。

仮想通貨取引所には、ビットバンク、DMMビットコインなどがあげられます。

bitbank(ビットバンク)公式サイトはこちら

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイトはこちら

聞いたことのある仮想通貨取引所があるのではないでしょうか??

ビットコインはいくらから購入できるの?

じゃあいくらからビットコインはいくらから購入できるの??

大体ですが、1000円ほどから購入することが可能です。

1BTCは80万円ほどですが、0.001BTCのように少額から購入することができるので、80万円が必要な訳ではありませんよ。

ビットコインを購入するのにオススメの取引所は?

ビットコインやその他の仮想通貨を購入するのにオススメの仮想通貨取引所はDMMビットコインかビットバンクです。


大手の企業DMMが運営しているDMMビットコインは圧倒的な信頼感の元、安全に仮想通貨を購入することができます。

現在DMMビットコインに登録するとビットコインが無料でもらえるキャンペーンをしているので、その点もオススメでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式サイト

ビットバンクはビットコインを購入するときの手数料が、かからないのでオススメです。

bitbank(ビットバンク)公式サイトはこちらから

取引所と販売所の違いは?

ビットコインを購入しようとすると取引所と販売所のどちらともで購入することが可能であると思いますが、ビットコインを安く購入するなら取引所で購入しましょう!

詳しい解説は以下の記事をご覧になってくださいね。

ビットコインは怪しいの?結論

ビットコインはきちんと技術的な話まで理解すると決して怪しいとは言い切れないのではないでしょうか??

投資だけではなく、ブロックチェーンにも注目が集まって欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です