【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

仮想通貨(ビットコイン)投資は副業におすすめ?税金や確定申告まで解説!

最近では日本でも「貯蓄から投資」の流れが加速しています。

もしかしすると、あなたも副業として仮想通貨への投資を考えているのではないでしょうか?

結論からいうと、副業としての仮想通貨投資はおすすめです!

しかし、そこで気になるのは以下のような疑問。

疑問点
  • 仮想通貨に投資するのはどうなのか?
  • 副業禁止の会社でもできるのか?
  • 税金はどのくらいかかるのか?
本記事を読めばこれらの疑問が解決できるようになっていますので、副業を始める足がかりとして参考にしてみてください!

「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
GMOコインのロゴ
感動する使いやすさ!
アルトFXも完備!
日本のド定番取引所!
公式HP
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

仮想通貨(ビットコイン)投資が副業におすすめの理由

24時間365日取引をすることが可能

仮想通貨投資が副業におすすめな理由の1つ目は、いつでも取引をすることができるということです。

まずはその他投資の例として、株式投資の場合を考えてみましょう。

株式投資だと、基本的には取引所が開いている午前9時〜午後3時の間に取引をしなければなりません。

(FXは24時間ですが、土日は取引所が閉まっています。)

しかし、会社員や公務員の方は日中に働いていることがほとんどであるため、なかなか取引をする時間の確保が難しいのではないかと思います。

この点において、仮想通貨投資は24時間365日取引をすることができるので、会社員や公務員の方の副業としては最適なのではないでしょうか。

短期的にも長期的にも利益が狙える

仮想通貨投資が副業におすすめな理由の2つ目は、短期でも長期でも利益が狙えるということです。

まず、仮想通貨市場は相場がまだ不確実な部分があるため、価格の変動が大きいケースが多いです。

そのため、短期的な取引でも十分に利益を狙うことが可能となってきます。

また、仮想通貨市場はまだ発展途上であり、ここ数年で急激な成長を見せています。

将来的に、仮想通貨が決済に用いられたり送金に用いられたとしたら、さらに価格の上昇が見込めることは間違いないでしょう。

このように、将来に期待が持てるという点において、長期的にも利益を狙うことが可能であるということができるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)投資は副業にあたるの?

仮想通貨投資は副業というよりは資産運用である

仮想通貨投資は、副業というよりは資産運用としての側面の方が強いです。

まずは、それぞれの定義を確認します。

副業と資産運用
副業→本業以外で収入を得ること

資産運用→資産を運用してリターンを得ること

これを見ると仮想通貨投資はどちらにも当てはまりますね。

ただ、副業と言っても「本業に支障が出るのか」によって意味が大きく異なってきます。

もし、仮想通貨投資によって「本業に支障が出ない」のであれば、資産運用として認められることは間違いないでしょう。

副業が禁止の公務員でもできるの?

公務員でも仮想通貨投資をすることは可能です!

確かに、公務員は”公務員法”によって副業の禁止規定が存在しています。

しかし、ここで禁止されているのはあくまで企業の役員や社員になったり自営業をしたりなどの行為です。

株式投資やFX、ましてや仮想通貨投資に関する規定はありません。

そのため、仮想通貨投資は公務員でも資産運用の一種として認められるんですね。
公務員のビットコイン(仮想通貨)投資が許される理由と職場にバレない3つの裏ワザ

副業が禁止の会社でもできるの?

副業が禁止の会社でも仮想通貨投資をすることは可能です!

会社で禁止している副業というものは、基本的には本業に支障が出るものを指します。

例えば、他の会社の役員になったり自営業をしたりなどがこれに当たるでしょう。

しかし、仮想通貨投資に関しては資産運用の一環であるため、禁止されるということはまずあり得ないと考えられます。

とはいえ、本業がおろそかになるようなFX取引などは控えるように気をつけましょう。

バレずに仮想通貨(ビットコイン)投資を行う方法

年間の利益が20万円以下の場合

年間の利益が20万円以下の場合は、基本的には会社にバレることはありません。

なぜなら、20万円以下の利益では確定申告が不要だからです。

しかし、以下の人は例外として確定申告が必要なので注意しましょう。

確定申告が必要な人
  • 年末調整をしていない人
  • 給料以外に所得がある人
これらに当てはまらない人は、確定申告をしないのでバレる心配はありません。

また、確定申告が必要な場合でもバレない方法があるので、次でご紹介しますね。

年間の利益が20万円以上の場合

年間の利益が20万円以上の場合は、確定申告が必要です。

確定申告をすると、住民税の徴収の際に会社に副業分の収入がバレてしまいますよね。

しかし、これを回避する方法が1つあります。

それは、住民税の徴税方法を「特別徴収」から「普通徴収」に変更することです。

「特別徴収」では、本業と副業を合わせた分の住民税が給与から天引きされるので、会社に副業分の収入がバレてしまいます。

一方で「普通徴収」では、住民税が本業分は給与から天引き、副業分は自分で支払うので会社に副業分の収入が通知されません。

そのため、会社にバレたくない方は住民税の徴収方法を「普通徴収」にしましょう!

仮想通貨(ビットコイン)の確定申告や税金について

年間20万円以上の利益で確定申告が必要

先程も述べたように年間20万円以上の利益が発生すると確定申告が必要です。

また例外として、年間20万円以下の利益でも

・年末調整をしていない人
・給与以外の所得がある人

も確定申告をしなければなりません。

また、確定申告をすると、住民税の徴収の際に会社に副業の収入がバレてしまいます。

しかし、住民税の徴収方法を「普通徴収」に変更することでこれを回避することができます。

仮想通貨と利益とは何を指すの?

仮想通貨の利益とは具体的に何を指すのでしょうか?

結論からいうと、仮想通貨の利益とは売買で生じた差額のことを指します。

例えば、10万円で購入した通貨を13万円で売却したら利益は3万円となります。

また、仮想通貨は価格が上がったとしても、保有しているだけなら利益には参入されません。

あくまで売買した分のみが利益と見なされるので注意しましょう。

仮想通貨にかかる税金は?

仮想通貨で得た利益にはどのくらいの税金がかかるのでしょうか?

まず、仮想通貨で生じた利益は「雑所得」に分類されます。

そして、雑所得は総合課税の対象となります。

つまり、税金は仮想通貨で生じた利益と給与所得の合計で決められるんです。

具体的な税率は以下の表をご覧ください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

<参考>国税庁「No.2260 所得税の税率

合計の所得が高くなるにつれて税金も高くなっていきます。

そこで、自分の所得と照らし合わせてどのくらい税金がかかるのかを確認しておくといいでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)で副業するならGMOコインがおすすめ

GMOコイン
仮想通貨を購入するならGMOコインがおすすめ!

GMOコインの特徴は以下の通り。

GMOコインの特徴
  • 安心のセキュリティ体制
  • 手数料がダントツで安い
  • スマホアプリが使いやすい
一部上場企業の「GMOグループ」が運営しているのでセキュリティ対策は万全です。

また、各種手数料が無料なのでその分利益の減少を防ぐことができます。

さらに、スマホアプリのUIが初心者でも使いやすいと評判です。

通貨は有名な5種類を取り扱っており、全ての通貨においてFX取引が可能です。

取り扱い通貨
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

取引所選びに迷ったら、まずはここから登録すれば間違いありませんよ!

GMOコインの登録方法はこちら

\メインの取引所として最適!/

今すぐGMOコインに登録する!

仮想通貨(ビットコイン)副業まとめ


仮想通貨投資は資産運用なので、会社員でも公務員でも副業として認められます!

また、投資をしていることが会社にバレないのも嬉しいですよね。

仮想通貨市場は、長期的に見るとさらに伸びていくことが予測されます。

価格が上がる前に、資産運用の一環として投資してみてはいかがでしょうか。

\メインの取引所として最適!/

今すぐGMOコインに登録する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です