【今からでも間に合う】
仮想通貨の始め方

ビットコインの使い方をわかりやすく解説|ビックカメラで簡単に決済できる!

持っているビットコインをどこかで使ってみたいけどどうやって使うんだろう?

ビットコインを買ってみたいけど実際にはどこで使えるんだろう?

といった疑問をもつ人も少なくないと思います。

去年からすごい勢いで実店舗でのビットコイン決済の導入店舗も増えているんですよ。

ということで、実際に使える店舗の例も挙げながら今回はビットコインの使い方についてわかりやすく解説していきます!

この記事を読むと
  • ビットコインの使い方がわかる
  • 実際にビットコインを使える場所がわかる
  • ビットコインを使うために必要なウォレットについてわかる
「ゴリわか」で申し込みの多い取引所を紹介するよ!

ゴリわかくん

【最新版】
人気の取引所ランキング
ビットポイントのロゴ
手数料が全て無料!
TVCMで話題を独占!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
GMOコインのロゴ
下落相場もFXで爆益!
安心のGMOが運営!
公式HP
ビットメックスのロゴ
最大レバレッジ100倍!
取引量が世界一!
公式HP

大切な資産を失うリスクがあるので、

必ず複数の取引所に登録を

ビットコインを使う前にウォレットを用意しよう

ウォレットの画像

まず、通貨を取引所においたままにしないというのが非常に大事です。

取引所においたままだと、取引所がハッキングされたり取引所が破綻した時に、自分の預けている通貨もなくなってしまうリスクがあります。

そのようなことがないように「ウォレット」の利用をおすすめします。

ウォレットというのは仮想通貨を保管しておくところです。

現金を入れておく財布や貯金箱のように、自分で自分の通貨を管理しなくてはいけません。

どのウォレットを使うのがいいの?

ウォレットの種類

主要なウォレットについて簡単に解説していきます。

ウォレットにはそれぞれの特徴があるので自分のスタイルに合ったウォレットを選びましょう。

① デスクトップウォレット
デスクトップウォレット

PCのデスクトップ上で管理するタイプのウォレットです。セキュリティが高く、最も長く利用されてきました。非常に重く、複数の通貨に対応できません。さらに、ウイルス感染に気をつけなくてはいけないので管理するのが少し大変です。

実例:Electrum(エレクトラム)

② ウェブウォレット
ウェブウォレット
取引所で使われているタイプのウォレットです。アカウントの管理が簡単というメリットがありますが、逆にいうとセキュリティは運用者任せです。サイトに不具合が生じるなどした時のリスクが大きいのであまり大金は入れておくべきではないでしょう。実例:BlockchainWallet(ブロックチェーンウォレット)
③ モバイルウォレット
モバイルウォレット

スマートフォン用のアプリを使って通貨を管理するタイプのウォレットです。持ち運びに優れており、どこでも気軽に使えるというメリットがあります。

実例:Ginco

④ハードウェアウォレット
ハードウォレット

ハードタイプの外部デバイスのウォレットです。PCに接続していない間は非常にセキュリティが高くなります。価格が高いので大きな資金を運用する方向けとなります。

実例:Ledger Nano S(レジャーナノエス)

⑤ペーパーウォレット
ペーパーウォレット

紙にアドレスと秘密鍵を印刷して通貨を保管するウォレットです。オフラインにあるためハッキングのリスクが限りなく小さいというメリットがあります。長期の保管に向いています。

実例:Wallet Generator.net(ウォレットジェネレーター)

おすすめウォレット

この表だけではなかなか決めきられないと思うので、初心者でも使いやすいおすすめのウォレットを紹介していきます!


gincoのロゴ

Gincoというスマートフォン用のモバイルウォレットが非常におすすめです。

デザインもおしゃれで、初心者でも簡単に使いこなせるようになると思います。

今利用者が増えているので、これからさらにメジャーになっていくのではないでしょうか。

ビットコインの使い方

仮想通貨投資

ビットコインの価格推移

まずは仮想通貨の値段変動で利益をあげるという投機です。

ほとんどの人がこの目的で仮想通貨をもっているのではないでしょうか。

去年一気にビットコインをはじめとする仮想通貨が全体的に上がり、今は少し落ち着いてきている状況です。

特に去年年末の価格の上げはバブルと言われることもありますし、実際にそういった面もあったことも否定できません。

しかし、仮想通貨の発展はまだまだこれからです。技術を進歩させて、仮想通貨の描く未来に希望を持って投資するのもとても面白いですよね。

また同じような高騰がある可能性は低いですが、逆に暴落する可能性も低いこのタイミングで一度買い増すのも良いのではないでしょうか。

仮想通貨のレバレッジ取引

また、仮想通貨のレバレッジ取引(仮想通貨FX)をやる人も多くなってきています。

レバレッジ取引とは
仮想通貨にレバレッジをかけると少ない元手でも大きな資金を動かして取引することができるようになります。

レバレッジを10倍にすると1万円の元手で 10万円分の取引をすることができるようになるのです。

レバレッジ取引の最大の特徴は「通貨の価格が下がっても利益を出すことができる」という点です。

「ショート」と呼ばれる売り注文から入る方法を使うと、先に売って後に買うようなイメージで取引することができるので、価格が下がった時に利益を出せるのです。

レバレッジ取引では、この「ショート」と現物取引でもおなじみの買い注文から入る「ロング」の両方が使えるのです。

上げ相場で「ロング」を使い、下げ相場で「ショート」を使うとチャートがどちらに動いても利益を出すことができます。

レバレッジ取引は価格の上下を繰り返す最近の相場にぴったりです。

レバレッジ取引をすると
  • 価格がどちらに動いても利益を出せる
  • 少ない元手でも十分に利益を狙える

仮想通貨のレバレッジ取引(仮想通貨FX)に興味がある方はこちらの記事を読むと仮想通貨FXができる取引所がわかりますよ!

【取引所ランキング】仮想通貨FXが5分でわかる!|手数料・スプレッドも徹底比較!

買い物の支払いで使う

支払いでビットコインを使う例

投資以外に決済手段としてのビットコインも普及しつつあります。

まだ、ビットコインで決済するのは便利と言える状況ではないですが、技術への理解が深まるにつれ利用者も増えていくのではないでしょうか。

現在、有名なところだとビックカメラやDMMで利用することができます。

寄付をする

ビットコインなどの仮想通貨を使って寄付をすることもできます。

現金とは違って、仮想通貨だと少ない手数料で直接被災地に寄付できるのは魅力的ですね。

先日の豪雨ではバイナンスという取引所が寄付を募り、1億5000万円の義援金を集めたことで話題になりました。

主なビットコインを使えるところ

ビックカメラで支払う

ビックカメラでビットコインを使う

ビックカメラでは2017年7月から全店で決済ができるようになりました。

ビックカメラで決済をするためにはモバイルウォレットを使う必要があります。

それでは、具体的なビットコイン決済の仕方について説明していきます。

決済の手順
  • ①ビットコイン決済をすることをレジで伝える
  • ②アプリでQRコードを読み取る
  • ③ビットコインを送金する

ビットコイン対応のレジで「ビットコイン決済で」というと店員さんが送金用のアドレスを見せてくれます。

そのアドレスをビットフライヤーのウォレットの送金画面で読み取り、読み取ったところに送金します。

特に難しいことなく、本当に簡単に支払いできるので気軽に挑戦できますよ。

現金で払った時と同じだけビックカメラのポイントがたまるのも嬉しいですね。

ビックカメラではビットフライヤーのシステムを使っているので、ビットフライヤー以外のウォレットを使うとうまく決済できないことが多いようなので注意してください。

ビットコインATM

ビットコインATMを知っていますか?

直接ビットコインを決済として使う例ではないですが、ビットコインATMでは、持っているビットコインを簡単に現金にすることができます。

ビットコインATMの設置件数の推移

この画像はビットコインATMの設置件数を表したグラフで、昨年から大きく増えていることがわかります。

街中にビットコインATMが増えると、さらに便利にビットコインを使うことができるようになるでしょう。

ビットコインが使える他の場所は?

ネットショップ

ビットコイン決済できるネットショップ
  • Bitcoinmall
  • Touch mall

ネットショップでも様々なジャンルで仮想通貨できるところが増えてきています。

価格の表示が日本円ではなく、「BTC」や「XEM」などの仮想通貨単位のところもあり、価格変動によっては日本円で買うよりもお得に買うことができます。

これからさらにオンラインショップでの導入も増えていきそうですよね。

実店舗

ビットコイン決済できる実店舗
  • メガネスーパー
  • コジマ
  • ソフマップ
  • うなぎ料理専門店 川昌
  • マレーチャンsatu

コジマなどの大手に加え、個人の飲食店でもビットコイン決済は増えてきています。

「うなぎ料理専門店 川昌」はビットコインをはじめ、主要なアルトコインに対応しています。

池袋にあるマレーチャンではなんと、2018年9月時点で350種類もの通貨で決済できます。

マイナーなコインで決済すれば世界初決済も夢じゃないかも!?

ビットコインの使い方まとめ

ビットコインのロゴ

ビットコインは少しずつ実用的な利用も広まってきています。

投機商品としても魅力的な仮想通貨ですが、ぜひ決済や、寄付などに使ってみてはいかがでしょうか。

送金の手数料の安さや、送金の速さを実際に感じるのも楽しいですよ。

今後の仮想通貨の技術的な発展や利用のされ方にも注目ですね。

[関連記事]

ビットコインの購入を少しでも考えている方はこちらの記事を読むと最適な取引所がわかりますよ!

【2018年最新】国内の仮想通貨取引所ランキング!オススメの10社を徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です